IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書をPCで作成するときのポイント/入力/写真の貼り方

書類選考・ES

履歴書をPCで作成したことはありますか?履歴書は手書きが主流でしたが、現在ではPC作成したもので提出を求める企業も多く、PCでの履歴書の作成方法を知っておくことが大切です。PCで作成する際には注意点がいくつもあります。今回は履歴書のPC作成方法をご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書をPCで作成するときのポイントは?

履歴書をPCで作成するときのポイントは?

履歴書は手書きで郵送が主流ではありましたが、現在ではPC作成で印刷したものを郵送、あるいはメールなどでデータを送付などの企業も増えています。履歴書をPC作成することで、間違えてもすぐに修正することができますし、手書きするよりも短時間で簡単に履歴書を作成することができます。 履歴書のPC作成は就活生にとっても嬉しいことは多いですし、企業としても読みやすい、管理がしやすいなどのメリットがあります。双方にメリットがありますので、履歴書のPC作成は優れたものではありますが、作成時にはいくつかポイントがあります。 ポイントが正しく守れていないとマイナスの印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。ポイントを正しく理解して、PCで履歴書を作成していきましょう。

スキル

履歴書をPCで作成する場合にまず気をつけたい点ですが、PC作成するためにはある程度のPCスキルが必要になります。パソコンを全く触ったことがない、動かし方が全くわからない状態であれば、作成にも時間がかかってしまいますし、上手に作成できませんので注意が必要です。 また履歴書を一からPC作成する場合はかなりのPCスキルが必要になりますので、これも覚えておきましょう。一から作成することでPCスキルの高さやより自由度の高いアピールを進めることができますが、簡単にできることではありません。 PCスキルに自信がない場合は、テンプレートなどを利用しましょう。テンプレートを使っているからといってマイナスの評価にはなりませんので、無理をして失敗するよりはテンプレートの使用がおすすめです。

フォーマット

履歴書を一からPC作成するメリットは、PCスキルの高さのアピールだけではなく、履歴書のフォーマットを自身で決められるということです。紙媒体の履歴書にも実は複数のフォーマットがあり、出版している企業によって中身は異なっています。 市販の履歴書でもフォーマットは異なっていますので、自身でPC作成する場合は自由に項目を選んでアピールを進めることができます。より有利になるようアピールができますが、どんな項目でも付け足していいわけではありませんし、絶対に必須の項目もあります。 氏名や住所、学歴などは絶対に必須の項目ですし、志望動機なども必須の項目です。それらがなければ履歴書として評価されませんので、自由なフォーマットでも必須項目だけは忘れないように入れておきましょう。

PCで履歴書を入力するときのポイントは?

PCで履歴書を入力するときのポイントは?

履歴書のPC作成はテンプレートを使えば文字を入力していくだけで作成できますので、手書きよりも時間を短縮して書き進めることができます。タイピングの早い人であれば5分程度で作成が終わる場合もありますし、素早く完成させれば後で充分に見直しの時間を設けることもできます。 また誤字脱字があった場合でもすぐに修正することができますし、さまざまな無駄を省いて履歴書を作成できるのがPC作成の大きなメリットでもあります。テンプレートを使って履歴書をPC作成する場合は打ち込んでいくだけですが、文字の入力にもさまざまな注意点があります。 入力時にミスがあると履歴書全体を修正しなければならない可能性もありますので、事前に正しい入力の方法を知っておきましょう。

書き方

書き方

履歴書をPC作成する場合の書き方ですが、基本的なルールやマナーは手書きの場合と同じです。必要な項目に必要な情報を正しく記載し、各項目を埋めていきます。注意が必要なのは志望動機や自己PRなど文章を作成する場合の入力方法です。 手書きの場合は文字を並べて書き進めていきますが、PC作成の場合は文字をびっしりと並べてしまうと見づらくなってしまいます。見やすくするためには適度に改行が必要であり、この改行に注意が必要です。 一文ごとに区切って改行するのはNGですし、かといって改行せずに長すぎるのも読みづらくなってしまいます。箇条書きにならないようにこまめに改行が必要ではありますが、二~三文程度で、意味のかたまりで改行しましょう。

フォント

履歴書をPCで入力する場合には文字のフォントにも注意が必要です。フォントとは文字の種類であり、フォントが違えば文字の見え方も変わってきます。履歴書で使用できるフォントは明朝体やゴシック体などの基本的なものであり、それ以外のフォントを使用するのはNGです。 ポップな印象のフォントは就活には合いませんし、逆に筆で書いたようなフォントも演出が過剰に見えますし、何より読みづらくなってしまいます。フォントを選ぶときには読みやすさ、フォーマルさを意識することが大切であり、基本的には初期設定のまま書き進めて問題ないケースも多いです。 またフォントは履歴書内では統一させなければなりません。項目ごとに別のフォントを使うのではなく、すべて同じフォントを使いましょう。

PCで履歴書を作成するときの写真の貼り方は?

PCで履歴書を作成するときの写真の貼り方は?

履歴書は各項目を正しく記入していくだけではなく、提出時には証明写真も必要になります。履歴書には証明写真を貼り付ける部分があり、PC作成の場合であってもこれは同じです。手書きの場合と同じく、PC作成の場合であっても履歴書には証明写真の貼り付けが必要になります。 PC作成の履歴書に証明写真を貼り付ける方法はさまざまありますし、履歴書をどのように提出するかによっても、貼り付けの方法は違ってきます。証明写真は絶対に必要なものですし、これを飛ばしてしまうと履歴書として成立しません。 また貼り付けに失敗して見づらいのもNGですし、証明写真にミスがあれば履歴書自体が無効とされる可能性もありますので注意しましょう。

写真取り込み

履歴書をPC作成して写真を貼り付ける場合には、まずは写真をPCの中に取り込まなければなりません。紙媒体の証明写真をそのままPC内の履歴書に貼ることはできませんし、PC内の履歴書に証明写真を貼るためには、PC内に証明写真のデータが必要になります。 証明写真のデータをPC内に取り込む方法はさまざまあり、一つではありません。人によってやりやすい、やりにくいなどの感じ方は違いますし、やり方によっては写真の取り込むや貼り付けにPCスキルが必要な場合もあります。 難しいやり方で上手に写真を貼り付けることができれば、これもPCスキルのアピールになりますが、難しい場合は簡単な方法を試すことが大切です。写真をPCに取り込む方法を知って、証明写真の貼り付けを行いましょう。

スキャン

写真取り込み

証明写真をPC内にデータとして取り込む方法としては、スキャンが挙げられます。自宅にスキャン機能付きのコピー機などがあればそれで取り込むことができますし、ない場合でもコンビニのコピー機を使えばスキャンをすることは可能です。 スキャンしたデータを呼び出して、PC内の履歴書に証明写真を貼り付けますが、ここで注意が必要なのがサイズと画素数などです。履歴書の貼付枠は決まっていますので、サイズが大きいのであればそれに合わせてトリミングをしなければなりません。 反対に小さい場合はズームをする必要がありますが、ズームをすれば画質が粗くなり、見えづらくなってしまう可能性があります。サイズ合わせが非常に難しいので、スキャンの場合にはPCスキルが必要です。

画像データ

紙媒体の証明写真をスキャンして、PC内の履歴書に貼り付けるのが難しいのであれば、そもそも証明写真を画像データとして手に入れる方法がおすすめです。最近では証明写真機であっても画像データがもらえる機種も数多くありますし、写真館などでも焼き増し用にデータがもらえる場合もあります。 画像データで手に入れてしまえばサイズや画素数などの心配をする必要はありませんし、簡単にPC内の履歴書に証明写真を貼り付けることができます。また手書きで郵送の履歴書の場合では紙媒体の証明写真が必要ですが、データがあればそれを使って簡単に焼き増しもできますので、手書きの場合でもメリットは大きいです。 証明写真の画像データがあれば非常に便利ですので、こちらの方法もおすすめです。

印刷貼り付け

印刷貼り付け

履歴書をPCで作成し、メールなどでデータとして企業に提出しなければならない場合は、データで写真の貼り付けを行う必要があります。しかしPCで作成したものを印刷して、企業に郵送の場合はデータの時点では証明写真を貼り付ける必要はありません。 完成した履歴書のデータを印刷し、それに証明写真の貼り付けを行いますので、手順としては手書きの場合と変わりません。データの時点で証明写真の貼り付けを行い、そのまま印刷したとしても、その写真では企業に提出することはできません。 別途紙媒体の証明写真の貼り直しが必要になります。データで送る場合はPC内ですべての作業を終えなければなりませんが、郵送の場合は写真の貼り付けは印刷後ですので、それも覚えておきましょう。

PCで履歴書を作成するときの印刷方法は?

PCで履歴書を作成するときの印刷方法は?

履歴書をPCで作成し、データで送らず郵送する場合は履歴書の印刷が必要になります。PCで作成したものを印刷する場合にはいくつか注意点がありますので、それを覚えておくことが大切です。履歴書はただ印刷すればいいものではなく、その印刷方法にも注意が必要です。 せっかく履歴書の中身が良くても印刷方法次第ではマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、注意しなければなりません。履歴書がよく書けているのに、印刷でマイナスの評価となってしまうのは非常に勿体ないですし、印刷方法は防げるミスですので、正しい方法を知っておくことが大切です。 履歴書を印刷する場合の正しい方法を知り、マイナスの評価なく履歴書を提出しましょう。

用紙

PC作成の履歴書を印刷するときの用紙ですが、必ず白色で無地のものを選びましょう。白以外の色付きのものを使うのはNGですし、なにより読みづらくなってしまいます。履歴書は読みやすさも大切な評価ポイントですので、それも意識しておくことが大切です。 また読みやすくするためには無地であることは必須であり、線が入っているもの、ワンポイントでもデザインが入っているものはNGです。市販の履歴書を用紙として使用し、それに印刷する方法もありますが、大抵の場合でずれるなど失敗してしまいますし、無地のものを選びましょう。 履歴書で綺麗に印刷できたからといって、プラスの評価にはなりませんし、余計な労力ですので白色の無地の用紙を選びましょう。

サイズ

サイズ

履歴書のサイズは一般的には2種類であり、A4かB5です。市販されている履歴書もこの2つのサイズのどちらかであり、基本的にはどちらのサイズを使用しても問題ありません。問題はありませんが、おすすめなのはA4サイズです。 A4であれば印刷後折らずに封筒に入れることができますし、より綺麗な状態で企業に履歴書を提出することができます。折り目がついてしまうと読みづらいだけではなく、保管もしづらくなりますので、余計な手間をかけさせないためにもA4での印刷がおすすめです。 また家庭用のコピー機などで印刷しやすく、用紙が揃えやすいのもA4サイズです。B5の用紙は一般家庭になかなか常備しているものではありませんし、便利の良いA4で印刷しましょう。

紙質

履歴書を印刷するときには、紙質にも注意が必要です。白色の無地であればどんな紙でもいいわけではなく、ペラペラのコピー用紙などはあまりいい印象を与えません。紙質によって面接に落とされることは基本的にはありませんが、少しでも高い評価を獲得したいのであれば、手触りのしっかりとした上質紙の使用がおすすめです。 上質紙を使うことで、企業への志望度の高さも伝わりますし、紙質にまでこだわっていることがわかれば好印象を与えやすくあります。少しでも選考を有利に進めるためにも、履歴書を印刷する場合は上質紙を選びましょう。

履歴書作成おすすめソフトとテンプレートは?

履歴書作成おすすめソフトとテンプレートは?

履歴書の作成におすすめのソフトとしては、ワードやエクセルが挙げられます。これらはパソコンには基本的に搭載されていることが多いですし、就職後も使用する可能性の高いソフトです。これらで作成していることでPCスキルのレベルもわかりますし、評価もされやすいです。 また企業にデータで送る場合には他のソフトを使うと、企業のPCではデータが開けない場合もあります。ワードやエクセルは一般的なソフトですので、これらを使うことでデータが開けないというトラブルを防ぐことができます。履歴書のおすすめのテンプレートは下記の「履歴書DO」からダウンロードできます。さまざまなテンプレートがありますので、自身に合ったものを選びましょう。

PC作成は誰でもできる

PC作成は誰でもできる

履歴書のPC作成の方法などをご紹介しましたが、履歴書のPC作成はテンプレートを使えば特別なスキルは必要ありませんし、誰でも簡単に作成することができます。テンプレートの種類もさまざまですので、自身に合ったものを選んで、効率的に就活を進めていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング