IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で服装自由な場合の選び方|私服/スーツ/カーディガン

初回公開日:2018年01月29日

更新日:2020年12月10日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

服装・髪型

面接時の身だしなみは、面接官に良い印象を持ってもらうために、大変重要なポイントです。もし「服装自由」とあった場合、どんな服装を選びますか?この記事では、面接時の服装マナーについて、シチュエーション別に紹介します。面接に臨まれる方は、ぜひ参考にしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

女性の面接時の服装マナー

就職活動の服装といえば、多くの人が「リクルートスーツ」をイメージします。確かに、学生が就職活動をする際は必須ですし「リクルートスーツなら失敗はない」と考えがちです。 ですが、もしも面接を受けようとする会社で「服装自由」と言われたらどうでしょう。また、パートやアルバイトの面接の際も、スーツを着ていけばいいのでしょうか。 ここでは、面接官に好印象を与えるための面接時の服装マナーの基本とポイントについて、シチュエーション別に紹介していきます。

清潔感

面接官はその人の第一印象で、まず清潔感があるかどうかをチェックします。接客業や営業など、人と接する仕事の場合は、当然、顧客に与える印象につながりますし、それ以外の仕事でも、会社に属して共に働くうえでの最低限のマナーです。

汚れやシワ

身に着ける服にほつれや破れ、汚れ、シワやヨレないかチェックしましょう。ダークなスーツやジャケットは汚れが目立ちがちですので、特に面接直前にはチェックを怠らないようにしましょう。 シャツやブラウスの襟元が黄ばんでいないか、襟がピンと張っているかも確認しましょう。靴やかばんも同様です。決して新しいもの、高価なものでなくていいので、クリームなどで事前にお手入れをしておきましょう。

サイズ

着ている服がきちんと体に合っているかどうかも、相手に清潔な印象を与えるポイントです。大きすぎたり小さすぎたりして体のサイズに合っていないと不格好なだけでなく、シワやヨレができやすくなり、くたびれただらしない印象になってしまいます。 久しぶりに昔のスーツを着るような場合は早めに試着して、体に合わないようなら無理に着ないよう気をつけましょう。

髪と爪

身だしなみにおいては、髪の手入れ、そして爪の汚れも見られています。特に髪は顔周りの第一印象を決めるので、乱れていたり、鬱陶しく顔に掛かっていると、マイナスな印象を与えてしまいます。自分ではおしゃれを意識していたとしても、明るすぎる髪色や、奇抜な髪形は、相手に不真面目な印象を与えてしまうこともあるので、注意しましょう。

ニオイ

目には見えない部分のエチケットとして、においにも気を配りましょう。口臭、体臭、喫煙者ならタバコのにおいにも注意です。いい匂いにしようと香水をぷんぷんさせるのはNGです。香りのきつくない消臭スプレーを活用したり、夏場なら、汗が乾きやすく通気性のあるシャツや下着を身に着けましょう。

関連タグ

アクセスランキング