IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で服装自由な場合の選び方|私服/スーツ/カーディガン

服装・髪型

面接時の身だしなみは、面接官に良い印象を持ってもらうために、大変重要なポイントです。もし「服装自由」とあった場合、どんな服装を選びますか?この記事では、面接時の服装マナーについて、シチュエーション別に紹介します。面接に臨まれる方は、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

女性の面接時の服装マナー

就職活動の服装といえば、多くの人が「リクルートスーツ」をイメージします。確かに、学生が就職活動をする際は必須ですし「リクルートスーツなら失敗はない」と考えがちです。 ですが、もしも面接を受けようとする会社で「服装自由」と言われたらどうでしょう。また、パートやアルバイトの面接の際も、スーツを着ていけばいいのでしょうか。 ここでは、面接官に好印象を与えるための面接時の服装マナーの基本とポイントについて、シチュエーション別に紹介していきます。

清潔感

面接官はその人の第一印象で、まず清潔感があるかどうかをチェックします。接客業や営業など、人と接する仕事の場合は、当然、顧客に与える印象につながりますし、それ以外の仕事でも、会社に属して共に働くうえでの最低限のマナーです。

汚れやシワ

身に着ける服にほつれや破れ、汚れ、シワやヨレないかチェックしましょう。ダークなスーツやジャケットは汚れが目立ちがちですので、特に面接直前にはチェックを怠らないようにしましょう。 シャツやブラウスの襟元が黄ばんでいないか、襟がピンと張っているかも確認しましょう。靴やかばんも同様です。決して新しいもの、高価なものでなくていいので、クリームなどで事前にお手入れをしておきましょう。

サイズ

着ている服がきちんと体に合っているかどうかも、相手に清潔な印象を与えるポイントです。大きすぎたり小さすぎたりして体のサイズに合っていないと不格好なだけでなく、シワやヨレができやすくなり、くたびれただらしない印象になってしまいます。 久しぶりに昔のスーツを着るような場合は早めに試着して、体に合わないようなら無理に着ないよう気をつけましょう。

髪と爪

身だしなみにおいては、髪の手入れ、そして爪の汚れも見られています。特に髪は顔周りの第一印象を決めるので、乱れていたり、鬱陶しく顔に掛かっていると、マイナスな印象を与えてしまいます。自分ではおしゃれを意識していたとしても、明るすぎる髪色や、奇抜な髪形は、相手に不真面目な印象を与えてしまうこともあるので、注意しましょう。

ニオイ

目には見えない部分のエチケットとして、においにも気を配りましょう。口臭、体臭、喫煙者ならタバコのにおいにも注意です。いい匂いにしようと香水をぷんぷんさせるのはNGです。香りのきつくない消臭スプレーを活用したり、夏場なら、汗が乾きやすく通気性のあるシャツや下着を身に着けましょう。

ビジネスマナー

ビジネスマナー

就職活動の際、面接時の服装といえばスーツが原則です。応募先から「面接には私服でお越しください」「服装は自由です」などの指定がない限り、面接官もスーツの可能性がありますので、面接を受けるほうが平服では失礼に当たります。 アイテムごとにポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スーツ

スーツはシンプルな形で、ボタンの数は一つボタン・二つボタン・三つボタンのいずれもOKです。色はベーシックな黒、グレー、紺が基本ですが、女性なら明るめのスーツでも大丈夫です。ライトグレーやベージュも爽やかな明るい印象を与えられるでしょう。 ただし、柄については無地が無難です。あっても、ピンストライプ程度の派手にならないものにしておきましょう。

パンツ・スカートスタイルはどちらでもOK

スカートかパンツスーツかはどちらでも問題ありません。自分が応募する職種に適している方か、迷ったら、自分に似合う方を身に着けて自信を持って臨めるようにしましょう。 スカートの丈は、短すぎず長すぎない膝丈で、座ったときに膝から5センチ以内になるようにします。生地や、ウエストのサイズによって座ったときの丈が変わってくるので、購入の際には必ず試着をして、座った状態を確認してください。

インナー

インナーはシャツでもカットソーでもOKです。女性らしさを演出するため、多少の装飾はかまいませんが、過度なレースやフリルがついたものは避けましょう。インナーの色は清潔感がある白がベストです。 ただし、転職の場合などは黒や紺のスーツに白のシャツを合わせるとリクルートスーツのように見えてしまい、キャリアがあることを服装ではアピールできないので注意してください。 ピンク、黄色などの淡い色合いのものも問題ありませんが、柄の入ったものは避けましょう。下着が透けないよう、インナーの下にはキャミソールを着用しましょう。

靴とストッキング

靴は黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5センチ程度の太目のものを選びましょう。安定感があり綺麗に見えますし、履いていても疲れにくいので安心です。 また、ピンヒールやオープントゥ、ミュール、サンダル、ブーツは避けましょう。低いヒールのものでも、カツカツと音が響くものはNGです。かかとがすり減ると、ヒールの中の芯が出てきてこうした音が鳴る場合があるので、事前に確認をしておきましょう。 ストッキングは服装の色を問わず自然な肌色に近い無地のベージュを選び、柄や装飾入りのものは避けましょう。自分の肌よりも少し濃い目を選ぶと足が綺麗に見えます。 黒のストッキングは喪服のイメージがあり暗くなるので避けましょう。

カバン

カバンは、履歴書を折らずに持ち歩けるようにA4サイズの書類が入るビジネスバックを用意します。パンフレットなどの資料をもらう事もあるので、大きめのバックだと安心です。 面接中には足元に立てておくのがマナーですので、手を離しても自立するしっかりしたタイプのものを選びましょう。リュックやトートバックといったカジュアルなものや、高級ブランドのカバンは避けましょう。

時計

普段は携帯電話を時計代わりにする人もいますが、ビジネスの場では腕時計を着用するのがマナーです。面接時にもシンプルなデザインの腕時計を選んで身に着けましょう。文字盤はデジタル、アナログ、どちらでも構いません。スポーツウォッチやキャラクターものは避けましょう。

面接は清潔感とビジネスマナーをしっかり抑えよう

面接は自分をアピールする場です。ですが、服装に関しては自分らしさを演出するよりも、この「清潔感」「ビジネスマナー」をしっかりと押さえることが重要です。きちんとした服装で第一印象を与えることで、一般常識があり協調性がある人間だということが伝わります。そこをクリアしてこそ、面接で話す自己アピールが活きてきます。

女性ならではの身だしなみ

メイク、ネイル、アクセサリーといった女性ならではの身だしなみについて、面接時はどうするのがベストか。職種によって多少違いはありますが、基本的なポイントをご紹介します。

メイク

メイクは、ビジネスの場では身だしなみの一環であり、社会人としてのマナーです。メイクをするのとしないのとでは顔の明るさが大きく違ってきますので、適切なメイクアップで、面接官に清潔感と健やかさをアピールしましょう。

①目元メイク

目元のメイクは特に重要です。目は口程に物を言うという言葉があります。面接官は相手の目を見て話しをしながら、その目からやる気や情熱、誠実さを感じ取ります。 眉は顔のバランスを整えるポイントになります。髪の色に合わせたアイブロウを選びましょう。真っ黒よりもダークブラウンの方が優しい印象を与えられるのでおすすめです。形については、少し太めくらいでアーチ形を描くと、柔らかく温厚な印象を与えることができます。 アイライン、アイカラーの基本はナチュラルカラーで、あくまでも自然に仕上げましょう。ブラウン系のナチュラルな色合いでグラデーションを作るのがおすすめです。メイクが苦手な人は無理にカラーを使わず、ダークブラウンのペンシルで自然なアイラインを引き、マスカラでぱっちりとさせるだけでも十分です。不自然なつけまつげはNGです。

②肌、ベースメイク

肌の色つやも、明るさや健やかさをアピールするためには重要なポイントです。くすみやクマは面接官に疲れた印象を与えてしまうので、コンシーラーでしっかりカバーしましょう。全体にファンデーションを厚塗りするのはNGです。 年よりも老けた印象になってしまいます。フェイスパウダーなどであくまでナチュラルに見えるよう仕上げましょう。また、血色の良い健康な印象を与えるために、頬にチークを塗りましょう。ナチュラルに仕上げるにはオレンジ系がおすすめです。 チークを入れる部分は頬骨の部分で、濃くならないようにさっと仕上げましょう。女性らしく優しい印象にするには、笑顔をつくったとき一番高くなる部分に丸く入れるのがポイントです。丸を強調しすぎると子供っぽくなってしまうので、ふんわりと入れましょう。

③口紅

口紅もナチュラルなものを選びます。よほど血色が悪くなければ、面接時にはリップクリームでもいいでしょう。口紅を使う場合、青系の不健康そうな色や、赤みの強い派手な色は控えて、薄いピンクやオレンジ、ベージュ系のものを選びましょう。 もしも発色が悪いときは、一度コンシーラーで唇の色を抑えてから色をのせると綺麗になります。面接時のメイクに関しては、あくまでもナチュラルにが原則ですが、自分の肌色に合った色を使うことも大切です。 自分の表情が明るく活き活きとみえるのはどんな色か、店頭でプロの販売員に相談してみるのもいいでしょう。

ネイル

面接時のネイルは基本的にNGと考えておきましょう。身だしなみの一環として面接官は手元も見ていますので、好印象を与えるために爪を切っておく、汚れがないようにするのは当然です。 健康そうに見せるため、爪の色に近い自然なピンクやベージュのネイル程度ならOKですが、トップコートなどであまりツヤを出しすぎるのはやめましょう。 とくに食品や医療関係の衛生管理に厳しい業界では、仕事中ネイルは絶対NGですので、面接時にも常識として気を付けましょう。

アクセサリー

アクセサリーは絶対につけなければいけないものではありません。もしもつける場合、面接の場にふさわしいかを考えたうえで、シンプルなものを身に着けましょう。ネックレスであれば、細いチェーンにワンポイントで小さなダイヤか派手でない色の宝石がついているものが、控えめで女性らしく好感がもてます。 イヤリングやピアスも小ぶりで目立たないタイプのものを選ぶとキレイで落ち着いた印象を与えます。輪っかのタイプ、チェーンなどの長さがあるものや揺れるタイプのものは避けましょう。 指輪やブレスレットの手に着けるアクセサリーについては、手元は面接官の目がいきやすい場所ですので外しておきましょう。結婚指輪は着けていても大丈夫です。

年代別面接時の服装選び

30代服装

30代女性の面接時の服装選びでは、新卒のようなリクルートスーツはNGです。20代とは違い、キャリアをつんできた自信もアピールできる年代ですので、年齢相応のビジネススーツを選びましょう。基本的には、上記に述べてきたポイントを押さえれば問題ありません。清潔感があり、かつ若々しさと女性らしい華がある服装選びを意識するといいでしょう。

40代服装

40代の女性が面接に臨む場合、年を重ねてきたからこその落ち着きと女性らしさが伝わる服装選びを心掛けましょう。清潔感と健やかさ伝われば、無理な若作りは必要ありません。基本はビジネススーツ、もしくはジャケット着用のセットアップを用意しましょう。30代同様ここまでのポイントを押さえたうえで、以下も参考にしてみてください。

①スーツ

30代同様リクルートスーツは避けましょう。面接官に違和感を与えてしまい、第一印象で年相応のキャリアが伝わりにくくなります。久しぶりにスーツを着る場合はサイズに注意です。昔着ていたものは体に合わないことがあります。 ベーシックなものでも、時代によって流行の違いもあり着てみるとしっくりこない場合もあるでしょう。高いものでなくていいので、現在の体にぴったりと合ったものを新調するのがおすすめです。 色は、ベーシックな黒、紺、グレー選ぶと良いでしょう。ただ、真っ黒なスーツは人によっては喪服のようになり、印象が暗くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

②インナー

インナーで無難なのは襟付きのシャツですが、ワイシャツのような真っ白の襟付きシャツだとやぼったく見えてしまう場合があります。 ダークカラーのスーツやジャケットのインナーならば、カットソーで顔周りをすっきりさせると明るくみえます。派手な色、装飾のついたものは避け、爽やかさを印象付けられる淡い色合いのものを選びましょう。

③靴、カバン、アクセサリー類

靴はシンプルな黒の革靴で、ヒールは5センチ程度で安定感のあるタイプを選びましょう。カバンはA4サイズの書類が余裕をもって入るビジネスバックで、派手でない色のものを持ちましょう。 ただし、真っ黒のいわゆるリクルートバックは、服装によっては新卒のようなちぐはぐな印書を与えてしまうので注意しましょう。時計はビジネスマナーとして、シンプルなものを身に着けましょう。アクセサリーに関しては結婚指輪以外はつけないほうが無難です。 もしもつける場合、細いチェーンで小さな石のトップのネックレスなら、上品な女性らしさがプラスされ面接官に好印象を与えることができるでしょう。

④髪型

髪はその人の印象を大きく左右します。服装同様、清潔で明るく見えるスタイルを心がけましょう。真っ黒よりもダークブラウンくらいの方が、柔らかく明るい印象に映ります。当然ですが茶髪や明るすぎる髪色は避けましょう。 髪の根元に白髪が目立つ場合は、疲れてみえたり年齢よりも老けて見られてしまうので、しっかりカラーリングしておきましょう。すでにカラーリングしている人は、伸びた部分と染めた部分の色の差が大きくなっていないかチェックして、必要あらば落ち着いた髪色になるようにカラーリングするといいでしょう。 肩より長い髪の場合は1つにします。面接時に顔周りに髪の毛が落ちてこないようにセットしましょう。髪のボリュームダウンが気になる方は、ブローしてふんわりさせることで明るく健康そうに見せましょう。

⑤メイク

メイクは年齢的にも入念にしなければと考えがちですが、あくまでもナチュラルメイクで臨んでください。気になるくすみ、シワはカバーしたいところですが、厚塗りは年齢よりも老けて見える場合があるので注意が必要です。コンシーラーをうまく使って、自然で健康的な肌色を目指しましょう。 ポイントメイクはナチュラルなカラーで目元を整えましょう。目元の皮膚は薄くヨレやすいので、塗りすぎないのがポイントです。 オレンジかベージュのチーク、リップをプラスして血色をよくみせましょう。ピンクは年齢にそぐわない幼い印象を与えるので避けたほうが無難です。明るい色味のはっきりとしたメークを選ぶと逆に年齢よりも老けて見られる場合があります。 面接時にメイクをすることはマナーですが、清潔感を与えるためだということを忘れないでください。

面接で服装自由な場合の選び方は?

面接で「服装自由」と案内があった場合、どんな服装を選ぶのがベストでしょうか。たとえ「服装自由」とあったとしても、あくまでも面接という特別な場です。面接官は、その人が一般常識があるかどうか、ビジネスの場に適した服装ができるかどうかを見ています。 会社によっては自由な社風をアピールしているためであったり、緊張せずリラックスした雰囲気で面接に臨んでほしいという意図があって「服装自由」を案内する場合もあります。よほど確実でない限り、相手に失礼のないビジネスマナーを守った服装を選びましょう。「服装自由」とあった場合でも、ほとんどの場合ビジネススーツを選ぶのが無難です。

服装自由の指定の仕方

「服装自由」にもいろんな指定の仕方があるので、以下を参考に服装選びをしてください。 「私服で」→私服で 「あなたらしい服装で」→私服で 「カジュアルな服装で」→私服で 「私服も可」→ビジネススーツ可なので迷ったときはスーツで 「服装自由」→ビジネススーツ可なので迷ったときはスーツで 細かいところはその会社の社風によりますので、面接に臨む前に、そこで働いている社員がどんな服装で働いているかをチェックしておきましょう。例えば社員がビジネススーツで働いている場合は「服装自由」と案内があってもスーツを選ぶようにしましょう。

私服

面接時の服装に「私服で」「あなたらしい服装で」と指定された場合、私服=普段着ではありません。私服であってもある程度のマナーを守り、面接官に失礼にならない服装を選びましょう。清潔感があり、かつビジネスの場にふさわしい服装で臨むのが大前提です。いわゆる「ビジネスカジュアル」を意識しましょう。 パンツでもスカートでも、自分に合うほうを選べばOKです。スカート丈はスーツのときと同様、膝が隠れる長さにしましょう。また、肌色のストッキングは必須です。ジャケットは必須ではありませんが、きちんと見せるためにはテーラードジャケットを合わせるのが良いでしょう。 また、ビジネススーツのように黒、グレー、紺といったベーシックなカラーにこだわらなくても大丈夫です。インナーに派手すぎないパステルカラーを合わせたり、ワンポイントの装飾デザインを取り入れてみたりして、さりげなく個性を演出してみましょう。

スーツ

「服装自由」とあった場合はビジネススーツを選ぶほうが無難です。ここまでに紹介したポイントを押さえて、面接官に好印象を与えましょう。ストライプが入ったデザインもおしゃれですが、無難にいきたいのであれば、シンプルな無地のスーツがおすすめです。

カーディガン

私服で面接に臨む場合、女性ならジャケットの代わりにカーディガンを着用しても良いでしょう。きちんと見えながらも、女性らしい柔らかな印象を与えることができます。色は黒、紺、グレー、ベージュ、白といったベーシックカラーを選び、派手な赤色やピンクといった原色は避けましょう。 淡いパステルカラーでも大丈夫ですが幼い印象になる場合があるので、合わせるボトムを落ち着いた色にしたり、スカートならヒラヒラしないかっちりしたタイプを選ぶと良いでしょう。 装飾はワンポイント程度の控えめなものならOKです。ジャケットに比べて女性っぽさが強調されますので、全体のバランスをみてビジネスシーンから外れないように気を付けてください。

アクセサリーや小物類

私服であっても足元は肌色のストッキングにビジネス用のパンプスを選びましょう。私服の場合、パンプスの色は黒以外のベーシックカラーでもOKです。ヒールの高さは高くても7センチまでで、夏場であってもオープントゥやサンダルタイプのものは避けましょう。冬場のブーツもNGです。 私服のカバンはスーツの時と同様、肩掛けのビジネスバックが好ましいです。あくまでもビジネスシーンに合ったシンプルで落ち着いた色味のものを選びましょう。 また、アクセサリーをつける場合、つけすぎはNGです。小ぶりなピアス、ネックレスをさりげなく身に着けるのが好印象です。時計は必須ですので、これもビジネスの場で恥ずかしくないシンプルなものを選びましょう。

シチュエーション別面接時の服装ポイントは?

新卒ならば面接時の服装はリクルートスーツが定番です。では他のシチュエーションでの面接の場合はどうか、ポイントを紹介します。

転職の面接

リクルートスーツはNG

転職の際の面接時の服装はリクルートスーツはNGです。ビジネススーツが必須です。ここまでに述べた基本的なビジネスマナーを押さえたうえで、面接に臨む会社の仕事内容と社風を考慮して服装を選びましょう。 例えば、受付や事務職、秘書などの場合は女性らしく柔らかい雰囲気を与えることが好印象につながりますので、スカートを選びます。パンツスタイルよりも華やかになります。 営業職などアクティブな仕事内容で、バリバリのキャリアウーマンのイメージを印象付けたい場合はパンツスタイルを選ぶのが良いでしょう。シャープで行動力のある活動的な雰囲気を与えることができます。

社風をチェック

若い社員が多く、比較的新しく自由な雰囲気の会社の場合は、ビジネススーツでもインナーを明るめのパステルカラーにしたり、ワンポイントの目立たないアクセサリーでさりげなく自分らしさを演出しても良いでしょう。 昔ながらのかっちりした社風の会社の場合は、ダークカラーのビジネススーツに白いシャツを選びましょう。また、年配の人の中には、ビジネスシーンの服装では襟付きのシャツが必須という考えの人もいます。個性よりも、基本に忠実にかっちりとした服装を心がけましょう。

パートの面接

パートの面接

パートの面接の場合、ビジネススーツが必須というわけではありません。面接に臨む会社の仕事内容、社風に合わせて服装を選びましょう。もしも迷ったら、より清潔感がありかっちりとしたものを選べば間違いはないでしょう。 面接官は、服装でその人の一般常識や協調性を見ている場合がありますので、見られていることを意識して服装選びをしましょう。

事務系

事務系のオフィスワークのパート面接の場合はビジネススーツを選びます。職場で働いている人がビジネスカジュアルといった私服であっても、スーツ着用が無難です。スーツはちょっと堅苦しいなと感じる場合でも、テーラードジャケットか清楚なカーディガンを着用していきましょう。

飲食店

飲食店では、その職場に合った私服を選びましょう。飲食店は衛生管理に厳しく従業員にも清潔さを求めますので、清潔感のあるキレイめの服装が好印象です。例えば白か薄い色のシャツやブラウスやアンサンブルニットがおすすめです。 パンツやスカートはカジュアルすぎないようにきちんとしたものを選び、デニムは避けたほうが良いでしょう。足元はスニーカーは避けて、パンプスか革靴にします。飲食店の場合は清潔感をアピールするために髪をすっきりと1本にしていきましょう。食品を扱うためネイル、アクセサリーはNGです。

スーパー・コンビニ

スーパーやコンビニも食品を扱う仕事なので、清潔感と衛生面を意識したキレイめな私服を選びましょう。髪型も1本で結ぶのがおすすめです。

アパレル

アパレル関係の場合、そのお店の雰囲気に合った服装を選びます。面接に行くお店のブランドの服を着用すれば間違いありませんが必須ではありませんので、無理に全身買いそろえる必要はありません。手持ちのもので、そのお店のコンセプトに合った服装を選びましょう。

季節別面接時の服装ポイントは?

面接を受ける季節によって、用いるアイテムが変わってきます。春、秋は基本を守れば問題ありませんが、夏、冬の服装選びで気を付けるポイントを紹介します。

暑さ対策

夏場の面接時の服装選びでは暑さ対策が必要です。スーツは清涼感のある素材、色を選ぶと、面接官に爽やかな印象を与え好印象です。インナーは速乾性があるものを選び、汗が気になる場合は脇に汗取りパッドをつけておくと安心です。汗をぬぐうためのハンカチはアイロンをあて、清潔なものを持ち歩きましょう。

露出に注意

暑いからといって露出度が高くならないように注意しましょう。胸元がみえたり、肩や足を過度に出さないように気を付けてください。インナーも薄手のものを選ぶと下着が透けることがあるので、同色のキャミソールなどで対策をしましょう。 暑いですが、パンツ、スカートどちらの場合でも肌色のストッキングは必須です。当然ミュールやサンダルはNGですので、足の蒸れが気になる場合、中敷きやデオドラントスプレーを用意して対策しましょう。

寒さ対策

冬場の面接時の服装には、コートやマフラーなど身に着けるものが増えます。ひどく寒い日にはスーツの中にセーターやベストを着たくなりますが、シャツやブラウスで臨むのが基本です。 冬用のウールやポリエステル素材を使った熱を逃さないタイプのスーツを選んだり、インナーに保温性の高いものを選んで、寒さ対策をしましょう。

コート

コートは、黒、濃紺、ベージュ、グレーの落ち着いた色合いのトレンチコートが定番です。インナーつきのものなら、気温に合わせて取り外して調整できるのでおすすめです。面接会場ではコートを折りたたむ必要があるため、シワになりくい素材を選びましょう。 ナイロン素材なら撥水加工が施されたものがあり、突然の雨や雪、汚れにも強く安心です。ウールコートは温かいですが、かさばり場所を取るので注意しましょう。

防寒小物

マフラーは面接の会場に入る前に外して、脱いだコートと一緒に手で持つか、カバンに入れておきます。面接官の目につくものではないので、派手でない落ち着いた色合いのものであれば、どんなものでも大丈夫です。 面接前に外すことを考えれば、かさばらないものを選ぶのがベストです。手袋も事前に外してカバンに入れておけばいいので、色や形にそこまでこだわる必要はないでしょう。ただし、万が一見られたときを考えて落ち着いたシンプルなものを選ぶのが無難でしょう。

面接では会社の雰囲気にあった服装選びを

面接時の服装は自分らしさをアピールするものではなく、自分をその会社のイメージに合わせるものだと考えましょう。まず第一に「相手に失礼のない服装かどうか」を念頭において、面接官に一緒に働いているイメージを持ってもらえるような服装を選びましょう。 企業目線、相手目線に立った服装選びができる人は、会社の社風を理解し協調性のある人物に映ります。もちろん面接時に話す内容も重要ですが、服装によって第一印象で好印象を与えることができたなら、その後の面接も良い雰囲気で進めていけます。 自信を持って面接に臨むためにも、しっかりと服装準備をしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング