IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接のときに絶対に必要な持ち物(履歴書)・必要なもの確認方法

更新日:2020年08月14日

就活の面接

面接では必要な持ち物がありますので、それらを忘れずに持っていくことが大切です。持ち物は面接によってさまざまですが、忘れてしまうとマイナスの印象を与えたり、場合によっては面接がス有数してしまう可能性もあります。今回は面接の持ち物についてご紹介します。

転職の面接で必要な持ち物は職務経歴書です。職務経歴書とはこれまでの自身の職歴をより詳細に記載し、さまざまなアピールポイントを記載した書類です。転職の面接では履歴書のほかに職務経歴書が必要であり、これがなければ面接を進めることはできません。 新卒の就活であれば履歴書が重要視されますが、転職の場合は履歴書よりも職務経歴書が重要視されるケースが多いです。まずは職務経歴書を確認し、興味が持てれば履歴書も確認してみるというパターンが多く、これがなければ転職の面接は始まりません。転職において職務経歴書は最も大切なものですので、絶対に忘れることのないように細心の注意を払っておきましょう。

バイトの面接で必要な持ち物は?

転職でも必要な持ち物があるように、アルバイトの場合でも必要な持ち物があります。アルバイトの場合は職種などによっても必要な持ち物が違う場合もありますので、注意が必要です。以前のアルバイトの面接では必要なかったのに新たに受けたアルバイト先では必要になったという場合もありますので、応募する職種によって持ち物も考えておかなければなりません。 アルバイトの面接で必要な持ち物としてはどんなものが挙げられるでしょうか。

コンビニ

コンビニのアルバイトで必要な持ち物としては履歴書などの必須のものの他に身分証明書が挙げられます。保険証などでも代用できる場合もありますが、できれば写真の付きのものが望ましく、免許証などを持っていれば提示を求められる場合もあります。 これはコンビニの営業時間に関係しており、コンビニは24時間営業であり、アルバイトでも夜勤のシフトに入る可能性があります。夜勤ができるようになるには年齢制限がありますし、履歴書の年齢を偽っていないかを確認するためにも身分証明書が必要になるケースが多いです。 住民票などまで求められるケースは少ないですが、基本的には免許証の提示などが必要ですので、面接では忘れずに持っていくようにしましょう。

先輩に聞く面接で持っていって良かった物は?

面接では絶対に必要な持ち物のほかに、必須ではないけれどあれば便利で役に立つものもあります。それらを持っておくことで面接をよりスムーズに進めることができますし、場合によっては準備がいいと高評価を受けられる可能性もあります。 持ち物一つで面接が有利に進むかどうかが決まりますので、念には念を入れて持っていくようにするのがです。実際に面接をした先輩に聞いた持っていって良かった物とはどんなものが挙げられるでしょうか。

はさみやノリ

面接で持っていった方が良い物としては、はやみやノリなどが挙げられます。面接では筆記用具が必須ですので、筆箱などの中に一緒に入れておくといいでしょう。面接ではワーク形式進められる場合もあり、模造紙などを使って作業をすることもあります。 そのときにはやみやノリを持っていると役立つことが多いです。またはさみを持っていればスーツなどにほつれがあったときに切ることができますし、身だしなみも好印象に保つことができます。あって邪魔になるものではありませんし、さまざまな場所で使えて便利ですので、はさみとノリも念のため持ち物の一つに加えておきましょう。

メモ帳

面接に持っていって良かった物としてはメモ帳も挙げられます。面接が終われば面接結果の発表はいつ頃なのか、どうやって連絡するのかが発表されることも多いですし、メモ長があればそれらの情報を忘れることがありません。 また面接によってはその場で合格が決まり、口頭で次回の面接日などについて通知されるケースもあります。その場合にもメモ帳があれば忘れてしまう心配はありませんし、便利です。メモ帳もさまざまなシーンで役に立ちますし、筆記用具も持ち合わせていますので、セットで持っておくようにしましょう。

正しい持ち物で面接を進めよう

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング