IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接のときに絶対に必要な持ち物(履歴書)・必要なもの確認方法

初回公開日:2017年12月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

面接では必要な持ち物がありますので、それらを忘れずに持っていくことが大切です。持ち物は面接によってさまざまですが、忘れてしまうとマイナスの印象を与えたり、場合によっては面接がス有数してしまう可能性もあります。今回は面接の持ち物についてご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接のときに絶対に必要な持ち物は?

履歴書

筆記用具

印鑑

時計

現金

面接に必要な持ち物の確認方法は?

面接では絶対に必要な持ち物が数多くあり、事前にしっかりと確認して当日の荷物を作っておかなければなりません。しかしどれだけ念入りに準備を進めていても人間誰しもミスはしてしまいますし、場合によっては必要な持ち物を忘れてしまうこともあります。 何が起こるかわかりませんので、どれだけ気をつけていても絶対に持ち物を忘れないことはできませんが、忘れ物をしてしまう可能性を限りなくゼロに近づけることならできます。面接で必要な持ち物を忘れないためには、とにかく事前に確認をするしかありませんが、忘れる確率を下げるための上手な確認方法があります。 ただ漠然と確認作業を行うのではなく、上手な確認方法を知って持ち物の最終確認を行いましょう。

メール

面接の持ち物の確認方法としてはメールで確認する方法があります。企業からの面接の案内はメールでくることがほとんどであり、案内メールには面接の実施時間、会場、持ち物の記載があります。 それを見ながら持ち物を確認しておくことで、最低限絶対に必要な持ち物だけは忘れずに準備することができます。このときにメールを見て、持ち物を確認し、頭の中で思い出しながら準備を進めるのはできません。 せっかくメールで確認しても思い出しながらであれば持ち物の抜け漏れができてしまう可能性もありますので、必ずメールを見ながら準備を進めていきましょう。企業からの面接の案内メールを見ながら必要な持ち物を揃え、メール画面と照らし合わせながら持ち物をカバンに詰めていくのがです。

チェックリスト

面接の持ち物を忘れないようにするためには、自身でチェックリストを作っておくのがです。企業からの面接の案内メールを見れば必要な持ち物を確認することはできますが、場合によっては電話や口頭で面接の日時や会場、持ち物などが知らされる場合もあります。 口頭で伝えられる場合は事前にメモを取っておくことが大切ですが、走り書きを見ながらでは忘れ物をしてしまう可能性も高いです。いちいちチェックリストを作るのは面倒ではありますが、あえて手間のかかる作業をすることで忘れ物を減らすことができます。 チェックリストで確認しながらでも当日に慌てて準備すると忘れ物ができてしまう可能性がありますので、必要な持ち物は前日には準備を済ませておきましょう。

転職の面接で必要な持ち物は?

職務経歴書

関連タグ

アクセスランキング