IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Vapeアトマイザーおすすめ|アトマイザーを選ぶコツ

趣味

禁煙グッズとして、ニコチンやタールの入っていない蒸気を吸う電子煙草のアトマイザーは健康志向からおすすめです。人気の出てきているアトマイザーですが、初心者におすすめのものや中級者以上の方向けのものがあります。アトマイザーを選ぶ際に記事を参考にしてください。

更新日時:

アトマイザーとは

アトマイザーとは

アトマイザーとはもともとの意味は「香水噴霧器」のことで、香水類を入れるスプレー付き容器がアトマイザーということになります。噴霧器の意味から電子タバコのミストを発生して吸うための装置のことにも使われています。

VAPEとは

VAPEとは

VAPEとは電子タバコのことですが、健康志向の高まりから禁煙用として人気が高まってきています。電子タバコにはアイコスというものもあって、こちらはタバコの葉を加熱して吸うので加熱式タバコと呼ばれていて、アイコス以外にプルーム・テック、グローが加熱式タバコです。加熱式タバコの吸入に当たりニコチンとタールが吸入されます。 VAPEは健康志向の高まりからニコチンの入っていない電子タバコとして注目を集めています。VAPEは各種のフレーバーのリキッドを電気で気化させてできた蒸気を吸います。蒸気の中にはニコチンとタールは含まれませんから、タバコの代用として禁煙される方にもおすすめです。

VAPEとアイコスの違い

加熱式タバコと電子タバコの違いとニコチンとタールが含まれるかどうかが大きな違いです。アイコスは加熱式タバコで、タバコの葉を使用して加熱することで発生した蒸気を吸いますから、ニコチンとタールはタバコと同じで含まれます。 VAPEはフレーバーリキッドを電気で蒸気にして吸うもので、日本ではニコチンとタールの含まれたリキッドが販売されていません。したがって、ニコチンとタールを含まない蒸気が吸入されます。そのために日本では健康志向に乗って禁煙グッズとして人気が高まっています。また、各種のフレーバーが楽しめるのもVAPEの特徴で、コーラフレーバーさえあります。

禁煙におすすめのフレーバーは

VAPEはタバコの煙のような蒸気を楽しめますし、その中でもメンソールフレーバーはタバコのような刺激があるので、ニコチンやタールの含まれていないVAPEのフレーバーの中でもタバコに近い感じがあって、禁煙されている方におすすめです。 VAPEは禁煙する際の口のさみしさを軽減してくれる上に、タバコのような煙を吸い込むことができるので禁煙グッズとして最適と言えるでしょう。VAPEの蒸気は外部に対してタバコと違って臭いがわずかしかないので、タバコの臭いが嫌な方にも向いていておすすめです。

電子タバコVAPEを始めるには

VAPEを始めるには、VAPE本体と中に入れるリキッドが必要です。VAPE本体には2種類の購入方法があって、本体一式がセットになったスターターキットを購入する方法と、パーツごとに購入して組み立てる方法があります。パーツごとに購入して組み立てる方法では、自分好みのVAPEを作ることができますが、VAPEを作るための知識が必要です。 VAPEを始めるのならばスターターキットがおすすめです。今では各種メーカーからスターターキットが発売されていますので、スターターキットを購入すればすぐにVAPEを楽しむことができてしまいます。 カートリッジタイプとは、リキッドがなくなったら専用カートリッジを交換するもので、使い捨てタイプとはリキッドがなくなったら本体ごと交換するタイプです。どちらも、リキッドの補充やリキッドを入れておくタンクの洗浄が不要なメンテナンスフリーで初心者におすすめです。

リキッドとは

リキッドに使われている成分はどのメーカーでも同じですので、どのブランドのリキッドでもVAPEアトマイザーで使用することが可能です。 自分の好きな味や香りのリキッドが選べます。リキッドの主なフレーバーは、フルーツ系でしたらオレンジ、レモン、メロンがあり、デザート系でしたらチョコ、バニラ、クリーム味、飲み物系ならばコーヒー、コーラがあります。 禁煙される方におすすめで紹介したメンソール、ミント、ハーブ味もあります。さらに、タバコ味まであります。VAPE専門店によってはリキッドの試し吸いができますので、買う前に試すことが可能です。

VAPEアトマイザーとは

VAPEアトマイザーとは

VAPEアトマイザーとは、内部にあるコイルを加熱して専用リキッドを気化させる蒸気発生装置のことです。アトマイザーとは総称で、各種パーツが組み合わさってできています。主にリキッドを溜めるタンクとコイルが格納されている部分が主なパーツです。 リキッドを蒸気にして楽しむVAPEの中心がアトマイザーで、アトマイザーの構造で種類が分かれます。初心者には一体型のアトマイザーを使用することをおすすめしましたが、中級者以上では専用のアトマイザーがおすすめです。VAPEアトマイザーを構成するパーツは、コイルとリキッドタンクとアトマイザーベースになります。

アトマイザーの役割

アトマイザーの役割

アトマイザーの役割はリキッドを蒸気に変えることです。そのために、リキッドを加熱するコイルとバッテリーがあり、リキッドをためるタンクを持っているものもあります。

リキッドの供給

加熱するためのコイルに、直接またはタンクから自分の選んだリキッドを供給します。

リキッドの加熱

供給されたリキッドは、コイルによって加熱されますが、この時のエネルギーはバッテリーから供給されます。

リキッドを水蒸気化

加熱されたコイルに触れたリキッドは蒸発して水蒸気化されて吸い込むための煙です。

エアーフローの調節

アトマイザーについている空気を吸い込む穴を変えてエアーフローを調整すると、煙の量や味わいなどが変わってきます。

アトマイザーの仕組み

アトマイザーの仕組み

VAPEは、電源部分とアトマイザーと吸口でできています。電源部分はバッテリーユニットと制御基板で構成されていて、電圧や温度を調整して蒸気の量を調整します。 吸口はドリップチップと呼ばれ、蒸気を吸う際に口にする部分で、金属製のものが多くなっていますが、樹脂製のものもあります。穴の大きさや長さの違いがあって蒸気の吸いやすさほかの違いがでてきます。 そしてVAPEの核となるパーツがアトマイザーで、蒸気を発生させる部分です。蒸気の質はここで決まってきますので重要な部分と言えます。アトマイザーはタンクにあるリキッドを、コイルの加熱によって蒸気にしますので、アトマイザーはタンクとコイルによって構成されています。

VAPEの仕組み

VAPEの仕組みを知るうえで、どのように使うかを知っておきましょう。まず、ボタンを押すとバッテリーから電流が流れてコイルが加熱されます。 加熱したコイルによってリキッドが気化して蒸気になって、その蒸気がアトマイザーの中の穴を通って吸口のドリップチップにいき、ドリップチップの穴から口に入ります。アトマイザー(タンクやコイル)の部分は、蒸気の発生源になっていますのでお手入れが必要不可欠な部分です。

コイルユニット

アトマイザーのコイルに電流がとおり加熱され、コイルの一部であるウイックと言われるリキッドが染み込んだ部分から蒸気が発生します。 アトマイザーのコイルには電流の抵抗値があって、抵抗値の違いが蒸気の発生量の違いになります。抵抗値が低いほど電流がとおりやすくなり、気化がしっかり行われます。そしてウイック量が多いほどリキッドが染み込んでいますので、蒸気の量は増えます。

タンク部分

アトマイザーのリキッドを溜めておく部分がタンクで、溜めておいたリキッドをコイルによって気化させて蒸気が続いて出ます。タンクは残量がわかるような透明なプラスチック製のものや劣化が少ないパイレックスガラス製のものがあります。

ボトム

アトマイザーのボトムとは底のことになります。この底からリキッドを補充してしまい、いちいちタンクへリキッドを補充する手間を省いてくれるのがボトムフィーダーと言われるパーツです。ボトムフィーダーを使うと、アトマイザーのボトムからリキッドをフィード(供給)することができます。

吸口

吸口はドリップチップと言われ、長い場合や逆に短い場合というのはコイルと口の距離のことです。蒸気が熱くて吸い込めないという方やリキッドがはね飛んでくるのが嫌な方は長めのドリップチップを使用する方がおすすめです。 また、長いほうが蒸気のとおり道が長くなり熱を冷ましてくれます。吸口はロングタイプ・セミロングタイプ・ショートタイプのおおまかに3種類の中から選ぶことができます。 口径の大きさもあり、大口径のドリップチップは一気に多くのミストを吸い込めますので、爆煙好きにおすすめのドリップチップです。逆に内径が小さいと凝縮された蒸気が口の中に入ってから広がるので味わいが良く感じられますので、フレーバー好みの方におすすめです。

アトマイザーの種類

アトマイザーの種類

電子タバコのアトマイザーには、大きく4つの種類に分かれます。それはクリアロマイザーとRTAとRDAそしてRDTAの4種類です。 クリアロマイザーは、初心者の方からも使えて、タンクにパイレックスガラスが使われていてそれが透明でクリアであるところに由来があります。クリアロマイザーはリキッドをタンクに充填させるだけで使える手軽さが利点ですから、初心者の方にはおすすめです。 次のRTAは、クリアロマイザーにビルドデッキが追加されたもので、上にリキッドを入れるタンクと下にビルドができるビルドデッキが搭載されています。コイルを自作するビルドが必要な分、中級者から上級者向けで、初心者にはおすすめではありません。

ほかの2種類のアトマイザー

3番目のRDAは、リキッドを入れるタンクを搭載しておらず、ビルドデッキのみのアトマイザーです。上級者に多く好まれていますが、自分好みにコイルをビルドして、リキッドを自分で使う分だけ蒸気化するので、味の良さが引き立ちます。 4番目のRDTAはクリアロマイザー・RTA・RDAの良さだけを引き出したアトマイザーで、上段にビルドデッキがあり下段にタンクが付いています。上段のビルドデッキからウイックをタンクの方に移動して、リキッドをウイックからコイルの方へ供給して蒸気にします。

「直ドリ」とは

「直ドリ」とは、リキッドを気化させる方式の違いで、アトマイザーのコイルに直にリキッドを垂らして蒸気を発生させます。一般的なアトマイザーはタンク内部のリキッドをウイッグ経由でコイルに供給しています。「直ドリ」は直接リキッドを蒸気化するので、濃厚な煙と豊かな味を得ることが可能です。 しかし、吸う度にリキッドを入れなければならないし、頻繁に洗浄をしなければならない手間があります。 「直ドリ」を楽しむためには専用のアトマイザーが必要です。自分で自作するか専用のアトマイザーを購入します。「直ドリ」はコイルにリキッドが直接触れるので、熱くなったリキッドが飛んで口に入る場合があるため、専用の長いドリップチップを使うのがおすすめです。

ドリッパー

ドリッパーとはアトマイザーの一種で、RDA(リビルダブル・ドリッピング・アトマイザー)のことです。使われている言葉のドリッピングからドリッパーと呼ばれています。RDAであるドリッパー以外のアトマイザーは、タンクのリキッドを無くなるまで補充する必要が無いです。ドリッパーの場合はタンクが無いので、使う分をウイックにドリップして補充する必要があります。

プラスチックタンク

タンク付きのアトマイザーでおすすめのリキッドを楽しむときに、リキッドによってはプラスチックを傷める種類のものがあることに注意が必要です。酸度のある柑橘系のリキッドやメンソール系のリキッドはプラスチックを傷めます。 最悪の場合、プラスチックタンクにヒビが入って使えなくなってしまいます。リキッドをタンクに充填した状態で数日間使わずに放置しないようにすることがおすすめです。

グラスタンク

プラスチックタンクを痛めてしまう酸性のリキッド他を使う場合には、パイレックスガラスや耐熱ガラス製のグラスタンクがおすすめです。しかも、さまざまな種類のリキッドに対して耐性がありますので、各種のリキッドを楽しみたい方にはグラスタンクがおすすめです。

アトマイザーの手入れ

アトマイザーの手入れ

アトマイザーのお手入れで気を付けることは、バッテリーが入っていますので水に注意することと、分解清掃後の締め付けを強く締めすぎて、ねじ部分を傷めないようにすることが必要です。また、煮沸消毒してから熱い状態で組み立てると、金属の変形から壊れる場合がありますので、冷めてから組み立てることをおすすめします。 なお、アトマイザーはこまめに手入れをすれば長く使用できます。アトマイザーはコイルでリキッドを気化させますので、リキッドの汚れが残りやすいですから、アトマイザーの寿命を縮めてしまいます。できる限りこまめに洗浄することがおすすめです。 電子タバコはこまめに手入れをして、大事に使用することによって長く使用することができます。特にアトマイザーは、リキッドを電圧によって気化し、煙を発生させる部分になるので、長く使用しているとリキッドによる汚れが付いてしまいます。

ぬるま湯

水洗いや煮沸による洗浄、手軽におこなうことができるので時間がある時にこまめに行うことがおすすめです。おすすめの洗浄の目安は一週間に一度になります。アトマイザーを水で洗うときは、バッテリーを外してから、アトマイザー本体の部品を外していきます。 バッテリー以外の部品を、容器に入れて水で洗いますが、このときにぬるま湯の方が汚れも落ちやすいのでおすすめです。綺麗になったら、煮沸消毒して完全に乾かしたのちに組み立てます。特にコイルユニットは錆びやすいので完全に乾かします。

エタノール

アルコール(エタノール)での洗浄は、2、3週間に一度行うことがおすすめです。アルコール洗浄は汚れがよく落ちますから汚れが酷い時には必ず行います。アルコールでの消毒も水の洗浄方法と同じく難しくはありません。水でのお手入れと同じでバッテリー以外の部品を、容器に入れてアルコールに漬けて洗っていき、あとは完全に乾かします。

しっかり乾燥

アトマイザーのお手入れで大事なのは、バッテリーを水に濡らさないことです。水にぬれるとバッテリーがショートして危険です。水に濡れたらアトマイザーを完全に乾かすことが安全に使うためにおすすめです。

コイルユニット交換

VAPEのコイルの交換は、電子タバコの味がまずく感じたときや煙の量が減ったときに行います。コイルにより加熱されウイックにしみこんだリキッドが蒸気になりますが、熱によりウイックやコイルは劣化していきます。その結果劣化したコイルユニットを交換する必要が出てしまいます。 煙を多く出す使い方の場合は1週間でコイルユニット交換の必要が出ます。逆に使用回数が少ない場合は1か月ほど交換の必要が無いこともあります。味が美味しくなくなった時や煙が少なくなった時が、コイルユニット交換のおすすめの時期です。ウイックが焦げてしまった時や、別の種類のリキッドに替える時も、コイルユニット交換のおすすめの時期です。

アトマイザーのおすすめのポイント

アトマイザーのおすすめのポイント

アトマイザーのおすすめを初心者向けに紹介します。まずバッテリーは一体型がおすすめです。バッテリーにはリチウムイオンバッテリーが使われていますが、取り扱いに慎重でないと危険です。一体型であるほうが安全性は高くおすすめです。その他のおすすめポイントについても紹介します。

コイル交換式

リキッドを加熱して蒸気に変えるコイルには、自分で手巻きするコイルとできあいの市販コイルの2種類があります。自分で手巻きするアトマイザーをビルド式、市販のコイルを使うアトマイザーを交換式と言います。初心者にはもちろん市販のコイルをそのまま使える交換式のアトマイザーがおすすめです。

グラスタンク

リキッドのタンクはプラスチック製のものとガラス製のものがあります。プラスチック製のタンクはリキッドの種類によっては劣化が早くなりますので、リキッドへの耐性が強く、熱の変形の少ないガラス製のグラスタンクが初心者だけでなくおすすめです。

トップフィル

リキッドを注入する方法として、アトマイザーの下部から行うボトムフィル方式と、上部から行うトップフィル方式の二種類の方式のアトマイザーがあります。ボトムフィル方式のアトマイザーでは基本的にリキッドを注入する際にバッテリーを取り外す必要があります。トップフィル方式のアトマイザーの方が、そのままリキッドを注入できるので初心者の方におすすめです。

おすすめのタンクの容量

携帯性を考えると、自宅以外でVAPEを楽しむためには外出先で長く楽しめるだけのリキッドの量が入るタンク容量が必要です。その場合はタンク容量が2.0ml以上のものを選ぶことがおすすめです。もちろん、バッテリーも一日持ってもらわないといけませんので、電池容量は1,500mAh程度のものを選ぶことがおすすめです。

「510口金」がおすすめ

510口金とはドリップチップの規格になります。アトマイザーに対応した大きさの口金のものでないと使えない場合があります。810口金という規格のものもありますが、一般的には510口金が多く普及していますので、510口金を選ぶことがおすすめです。

おすすめは直径22mm

直径22mmとはバッテリーとの接続の際に気を付けるアトマイザーの大きさです。直径22mmのアトマイザーであれば多くのバッテリーと接続可能になっていますので、直径22mmのアトマイザーを選ぶ方がおすすめです。

爆煙にする注意点

爆煙にする注意点

爆煙とはアトマイザーの使い方の一つで、煙で前が見えなくなるほどの煙を発生させて楽しむことです。もちろん爆煙を楽しむためにはコイルユニットも大型で熱量の大きなものが必要になります。ウイックも大型でリキッド供給量も多いアトマイザーが必要です。

サブオーム対応

サブオーム対応とはアトマイザーに使われているコイルの電気抵抗値が1.0Ω以下のアトマイザーのことです。電気抵抗値とは電気の流れにくさの単位で、この単位が異なると発熱量が変わってきます。 一般的に抵抗値の高いコイルは発熱が少なく、リキッドがゆっくりと加熱されますから味わいやすいです。一方サブオームのコイルは抵抗値が低いので加熱するには高い電力が必要ですが、発熱が大きくなりますから爆煙を楽しめる多くの蒸気量を発生させられます。

バッテリーの容量

爆煙を発生させるためにサブオームコイルを使うと、使用電力が大きいために大容量のバッテリーが必要になります。サブオームコイルに対応していないアトマイザーにサブオームコイルを取り付けて使用すると、バッテリーに負担がかかって最悪の場合に破裂してしまうことがあります。バッテリー容量の大きなサブオーム対応アトマイザーであるか確認が必要です。

エアーフロー調節

空気を取り入れるエアホールの大きさを変えられるアトマイザーがあります。エアホールの大きさを変えることで、空気の流れであるエアーフローを変えることが可能です。 エアホールを小さくすると空気の量が減り、エアーフローが少なくなり蒸気の量は減り、味は濃くなり吸い心地が重くなります。エアホールを大きくすると逆に、空気の量が増えますので、味は薄くなり吸い心地は軽くなります。

自分好みのVAPEアトマイザーを選ぶには

自分好みのVAPEアトマイザーを選ぶには

VAPEアトマイザーは健康志向の高まりから人気が出ています。リキッドを蒸発させて得られた蒸気を煙草の代わりに吸いますが、ニコチンやタールが含まれないので禁煙をされる方におすすめです。VAPEアトマイザーには初心者向けの一体型のものから、上級者向けの自分でコイルを巻いて組み立てるものまで各種のものがあります。 楽しみ方もフレーバーを変えて楽しむことも、空気の量を変えて味の濃さを変えることもできます。さらに、直接コイルにリキッドを落とす「直ドリ」で強いフレーバーにできますし、爆煙という多量の蒸気を発生させて遊ぶこともできます。自分の楽しみ方にあったアトマイザーを見つけて、健康に禁煙を楽しんでください。

アクセスランキング