IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

整備用おすすめの工具セット|ロードバイク/車載/バイクなど

車&バイク

数々の工具が存在している中で、状況にあったおすすめの工具セットが分からない人も多いのではないでしょうか。ここでは、おすすめ工具セットを状況別・メーカー別に紹介しています。自分で整備をしたい人は、この記事を参考にしてみてください。

更新日時:

整備用のおすすめの工具セットは?

普段生活する中でさまざまな機械に囲まれて生活していますが、定期的の手入れを怠ってしまうと、トラブルの原因にもなります。 そのようなことにならないためにも、定期的に整備する必要があり、特に車やバイクなどの乗り物の整備は必要不可欠な作業です。そのため、定期的に車検を受ける義務があり、車検をとおっていないと走行することはできません。 車検は整備業者に依頼することがほとんどですが、車検までの間に不具合が起きることもあります。そのような場合にも、整備会社に頼むことで修理することはできますが、軽度の故障の場合は知識があれば自分で直すことも可能です。 しかし、知識があったとしても整備する工具が無ければ修理することができません。そのため、車やバイクの構造に詳しい方は、自分でも修理できる可能性があるので、家などに工具を用意することで瞬時に修理することができます。

ロードバイクの場合

ロードバイクは、一般の自転車よりもスムーズに速度を上げることができ、快適に走行することができます。目的地への移動手段としても使われますが、仲間たちと目標地点を決めて走りこむ場合が多いです。なかには、通勤の移動手段として使われている場合もあります。 自転車より早いスピードがでるため、早く目的地に着くことはできますが、メンテナンスの仕方にも自転車よりも複雑になため、必要な工具セットも増えます。 初心者のライダーにおすすめな工具セットは、ハサミです。用意しなくても家にある場合がありますが、バーテープを交換する際には必要になるので、ロードバイク用のハサミも用意しておきましょう。 次に必要になる工具セットは、タイヤレバーという工具です。この工具があればタイヤがパンクした際のタイヤ交換をすることができるので、用意することをおすすめします。

車載におすすめな工具セット

車載のおすすめの工具セットを常備しておくだけで、万が一のトラブルにも早急に対処することができるので、事故などの二次災害の危険性を下げることができます。 車載におすすめの工具セットは、さまざまな工具が存在します。そのため、全て揃えることでどのような故障にも応急措置をすることができます。 まず、必要不可欠な工具がメガネレンチです。メガネレンチは、普通のレンチとは異なり、六角の角全てを固定して回すことができるので、ナットが変形することを避けられるのでおすすめです。 他にも、ラチェットセットを常備しておくだけで、作業効率が格段と上がり、速やかに作業を終了することができます。 ラチェットセットがあれば、メガネレンチは必要ない工具セットと感じてしまいますが、ラチェットで固く締めようとするとラチェット本体が壊れてしまう可能性があるので、メガネレンチとラチェットを用意することをおすすめします。

バイクの場合

ライダーの楽しみはバイクで走行することはもちろんですが、バイクを自分でメンテナンスしたり改造することも楽しみの一つです。 そのためには、必要最低限の工具セットが必要になりますが、必要そうな工具セットを一とおり買っても実際に使えない場合もあります。そのような無駄な出費をしないためにも、おすすめの工具セットを紹介します。 まず、バイクの整備にはスパナが必要不可欠です。メガネレンチでも対応できると感じてしまいますが、バイクは細かい空間で作業を強いられる可能性が高いので、メガネレンチよりも小型のスパナの方がおすすめです。 その他にも六角レンチの工具セットもあるのとないのとでは、作業の効率が違います。六角レンチにもさまざまな種類が発売されていますが、L字に曲がっている六角レンチの工具セットがおすすめです。 六角レンチで締めるネジは、レンチでは対応することができないので、必ず用意しておきましょう。

車の場合

車の場合

車を整備やメンテナンスをする場合は、車載の工具セットを除けば、バイクのおすすめ工具セットも車でも使用できます。そのため、バイクと車の両方を所持している場合は、どちらかの工具セットを所持していればほとんどのメンテナンスをすることは可能です。 しかし、一般のドライバーでも自分でする交換の一つである、オイル交換やタイヤ交換は上記で説明した工具セットでは対応することができません。 オイル交換やタイヤ交換をする場合は車体を持ちあげる必要があり、それにはジャッキが必要になります。ほとんどの場合は、スペアタイヤが保管されている場所と一緒に置かれている場合がありますが、一つのジャッキしか用意されていないので、オイル交換をすることはできません。 タイヤ交換の場合は、一か所だけ持ちあげれは交換することができますが、オイル交換は最低でも2個のジャッキーが必要なため、用意しておくことをおすすめします。

クロスバイクの場合

クロスバイクのおすすめの工具セットは、上記で説明したロードバイクの工具セットも用意しておくことで同じように対応することができます。 クロスバイクの場合は、出かけ先などでトラブルが起きやすく、その場で修理しなければ走行できない状況に陥る可能性も高いです。そのため、常備工具セットを持ち運ぶことがおすすめですが、車とは違って、本格的な工具セットを持ち運ぶことはおすすめできません。 その理由は、本格的な工具セットでは、効率よく作業することはできますが、持ち運ぶだけで場所をとってしまい快適に走行することができないからです。そのため、クロスバイクの場合は、いかに小型で高性能な工具セットを用意することが大切です。 小さい工具だからといって素材などが粗末なものでは、工具自体が損傷してしまうのでおすすめできません。おすすめできる工具セットは、折りたたみナイフのような形の携帯用工具セットです。

オートバイの場合

オートバイを整備する際に必要な工具セットは、バイクのおすすめな工具セットを揃えている場合では特に買いそろえる工具セットはありません。 オートバイのメンテナンスにも必要ですが、その他の整備にも必要になる可能性が高い工具セットは、ドライバーです。上記でさまざまな特殊な工具セットを紹介してきましたが、誰でも知っている基本的なドライバーも必要な工具の一つです。 ドライバーは、どの家庭でも持っている可能性が高いですが、車などの機械を触る機械がない家庭にあるドライバーは作りが雑なため、オートバイなどの機械に使う事は適していません。 家庭にあるドライバーは、本棚など簡単に締めることができる場合用に作られているので、そこまで頑丈な作りではありません。そのため、強く締めようとするとネジがナメてしまう可能性があるので、作りがしっかりしているドライバーの工具セットを用意することがおすすめです。

自転車の場合

自転車を整備するための工具は、今まで紹介したどの場合よりも必要になる工具は少ないです。そのため、車などの工具セットがあれば、自転車もメンテナンスすることは可能です。 しかし、自転車で一番多いトラブルのパンクの修理には、工具以外にもパンクを修理するアイテムも必要になります。 タイヤのパンクは、知識さえあれば誰でも簡単に修理することができますが、穴が空いた場所を塞ぐアイテムが必要になります。そのため、工具セットとは別に、パンクした時用の修理道具を用意しておくことがおすすめです。 自転車屋に持っていけば安い値段で修理することはできますが、最近では自転車屋も減ってきてしまい、パンクした状態の自転車でそこまで移動することは非常に苦労します。その点、パンクの修理キットは、ホームセンターなどで手軽に購入でき、自宅やその場で修理することができるので、用意しておくことをおすすめします。

家庭用のおすすめ工具セットは?

家庭用のおすすめの工具セットは、上記で説明したような本格的な工具は必要性が低く、家庭で使われる可能性が少ないです。そのため、家庭用は別におすすめな工具セットを用意しておくことで、さまざまな状況に対応することができます。 家庭では大がかりな修理やメンテナンスをする機会が少ないため、必要な工具セットも必要最小限で対応することができます。そのため、本当に使う工具だけを用意しておくことをおすすめします。家庭用の工具セットでおすすめな工具は、ドライバーやペンチ、万能ハサミです。 ドライバーは、さまざまなネジを締めたり緩めたりすることができるので、活躍する場面が多いです。ペンチも針金などを加工する際には、必要不可欠な工具なので一つ常備しておくことをおすすめします。 万能ハサミは、さまざまな物を細かく切ることができます。樹木の枝以外に、分厚い布を切ることもできるのでおすすめです。

レザークラフトに必要な工具セットは?

レザークラフトとは、革を加工して財布などの革製品を作る作業のことです。そのため、上記で説明したおすすめの工具セットでは作業することができないので、レザークラフトのおすすめ工具セットを紹介します。 まず、革を加工するためにカッターナイフが必要です。ホームセンターなどで売られている物でも革を切ることができますが、革を切る専用のカッターナイフの方が切り味が良いのでおすすめです。 次に必要なものが、ヒシ目打ちという工具です。ヒシ目打ちとは、フォークの先が短い形をしており、ヒシ目打ちをハンマーで叩くことで穴をあけることができます。その穴が縫い目になるため、レザークラフトをする際には、必要不可欠な工具です。 レザークラフトは、切ったり穴をあけたりする作業が多いので、ゴム板やカッターナイフの下敷きを引くことをおすすめします。

日曜大工におすすめな工具セット

日曜大工は最近流行っており、DYIと呼ばれている場合が多いです。日曜大工は、主に男性がするイメージがありましたが、最近では女性の方も日曜大工をすることも珍しくありません。そのため、日曜大工用の便利な工具も揃っており、女性でも簡単に取り扱う事が可能です。 日曜大工といえば、のこぎりや金づちのイメージが強いですが、最近では電動ですることがメインなため、簡単に作業することができます。 のこぎりの代わりの電動工具は、丸ノコです。円刑の刃が電動で回転するため、工具を軽く押すだけで簡単に木材を切ることが可能です。直線に切る場合には、正確に切ることができるのでおすすめです。 日曜大工で活躍する場面が多いのが、電動ドライバーです。先にプラスのネジ山を付けることで、簡単にネジを締めたり、ビスを打つことができます。先端に付ける物を変えるだけで、さまざまな状況に対応することができるのでおすすめです。

おすすめな電子工具

電子作業をするためのおすすめの工具は、ハンダとドライバーです。 ハンダは、基板などに部品を固定するために必要不可欠な工具です。ハンダの先端が高温になることで、鉛を溶かしパーツを基板上に付けることができます。先端が尖っていて熱も帯びていることから火傷する恐れがあるため、軍手などを着用して怪我に注意することが大切です。 ドライバーの種類は、プラスとマイナスの二つあれば十分ですが、一般家庭にあるようなドライバーでは作業しづらい傾向があります。その理由は、電子を扱う場合は細かい作業を強いられる割合が高いため、普通の大きさのドライバーでは内部に入り込めなかったり、上手くネジ山に入れることができないからです。 そのため、電子作業する場合はグリップが小さく、グリップから先端までの軸も細い物を選ぶことが重要です。

メーカー別おすすめの工具セット

工具にもさまざまな種類がありますが、メーカーによってデザインや性能にも違いが表れています。 そのため、メンテナンスを自分でする方で機械いじりが好きな人は、自分にあったメーカーがあり、そのメーカーの工具を買いそろえることもあります。工具のメーカーをバラバラで購入しても問題ありませんが、メーカーを揃えることで、作業場にも統一感を出すことが可能です。

シグネット

シグネットは、工具を販売しているメーカーの中でも有名です。そのため、愛用している方も多くいるのではないでしょうか。 シグネットが多くのユーザーに選ばれている理由は、値段が安いからです。工具は一度購入していれば長く使用することができますが、一つ一つの値段が高い場合が多いです。そのため、セットで買うと大きな出費になり、中々手が出せない状況です。 しかし、シグネットは安値で工具セットを購入することができるので、手軽に入手することができます。また、安値でも工具自体の精度にも問題ないため、多くの整備会社でも使われている割合が高いです。

ハーレー

ハーレーといえばバイクのイメージが強いですが、会社の名前でもあります。もちろんバイクを販売している会社のため、工具一式も販売しています。 ハーレー乗りの方にお勧めの工具セットは、ハーレー用の工具セットです。ハーレーの販売元がそのバイク用の工具を揃えているため、この工具セットを購入するだけでハーレーのメンテナンスを全て行う事ができます。 そのため、どの工具セットを買えばいいか悩む必要がないのでおすすめです。

ktc

ktcとは、日本の会社であり、国内でシェアが1位の実績があります。そのため、多くのユーザーに愛用され、なかでも自動車業界には無くてはならない存在でもあります。また、自動車業界で使われているのは、日本に限らず海外でも使用されています。 ktcには「ネプロス」というブランドがあり、高性能に加えてさまざまな形の工具が揃っています。特殊の条件下で使うための工具も開発されているので、業界では大きな人気があります。

状況にあったおすすめの工具セットを購入しよう

工具といっても、さまざまな種類が存在していて、数えきれないほど販売されています。また、工具にも使い場所が決まっている場合が多いので、特定の条件下で使う事が大切です。 そのため、整備したい物に対して取り扱う事ができる工具セットを選び、購入することが大切です。

関連タグ

アクセスランキング