IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

整備用工具セット|ロードバイク/車載/バイクなど

更新日:2020年08月28日

車&バイク

数々の工具が存在している中で、状況にあった工具セットが分からない人も多いのではないでしょうか。ここでは、工具セットを状況別・メーカー別に紹介しています。自分で整備をしたい人は、この記事を参考にしてみてください。

整備用の工具セットは?

普段生活する中でさまざまな機械に囲まれて生活していますが、定期的の手入れを怠ってしまうと、トラブルの原因にもなります。 そのようなことにならないためにも、定期的に整備する必要があり、特に車やバイクなどの乗り物の整備は必要不可欠な作業です。そのため、定期的に車検を受ける義務があり、車検をとおっていないと走行することはできません。 車検は整備業者に依頼することがほとんどですが、車検までの間に不具合が起きることもあります。そのような場合にも、整備会社に頼むことで修理することはできますが、軽度の故障の場合は知識があれば自分で直すことも可能です。 しかし、知識があったとしても整備する工具が無ければ修理することができません。そのため、車やバイクの構造に詳しい方は、自分でも修理できる可能性があるので、家などに工具を用意することで瞬時に修理することができます。

ロードバイクの場合

ロードバイクは、一般の自転車よりもスムーズに速度を上げることができ、快適に走行することができます。目的地への移動手段としても使われますが、仲間たちと目標地点を決めて走りこむ場合が多いです。なかには、通勤の移動手段として使われている場合もあります。 自転車より早いスピードがでるため、早く目的地に着くことはできますが、メンテナンスの仕方にも自転車よりも複雑になため、必要な工具セットも増えます。 初心者のライダーにな工具セットは、ハサミです。用意しなくても家にある場合がありますが、バーテープを交換する際には必要になるので、ロードバイク用のハサミも用意しておきましょう。 次に必要になる工具セットは、タイヤレバーという工具です。この工具があればタイヤがパンクした際のタイヤ交換をすることができるので、用意することをします。

車載にな工具セット

車載の工具セットを常備しておくだけで、万が一のトラブルにも早急に対処することができるので、事故などの二次災害の危険性を下げることができます。 車載に工具セットは、さまざまな工具が存在します。そのため、全て揃えることでどのような故障にも応急措置をすることができます。 まず、必要不可欠な工具がメガネレンチです。メガネレンチは、普通のレンチとは異なり、六角の角全てを固定して回すことができるので、ナットが変形することを避けられるのでです。 他にも、ラチェットセットを常備しておくだけで、作業効率が格段と上がり、速やかに作業を終了することができます。 ラチェットセットがあれば、メガネレンチは必要ない工具セットと感じてしまいますが、ラチェットで固く締めようとするとラチェット本体が壊れてしまう可能性があるので、メガネレンチとラチェットを用意することをします。

バイクの場合

ライダーの楽しみはバイクで走行することはもちろんですが、バイクを自分でメンテナンスしたり改造することも楽しみの一つです。 そのためには、必要最低限の工具セットが必要になりますが、必要そうな工具セットを一とおり買っても実際に使えない場合もあります。そのような無駄な出費をしないためにも、工具セットを紹介します。 まず、バイクの整備にはスパナが必要不可欠です。メガネレンチでも対応できると感じてしまいますが、バイクは細かい空間で作業を強いられる可能性が高いので、メガネレンチよりも小型のスパナの方がです。 その他にも六角レンチの工具セットもあるのとないのとでは、作業の効率が違います。六角レンチにもさまざまな種類が発売されていますが、L字に曲がっている六角レンチの工具セットがです。 六角レンチで締めるネジは、レンチでは対応することができないので、必ず用意しておきましょう。

車の場合

車を整備やメンテナンスをする場合は、車載の工具セットを除けば、バイクの工具セットも車でも使用できます。そのため、バイクと車の両方を所持している場合は、どちらかの工具セットを所持していればほとんどのメンテナンスをすることは可能です。 しかし、一般のドライバーでも自分でする交換の一つである、オイル交換やタイヤ交換は上記で説明した工具セットでは対応することができません。 オイル交換やタイヤ交換をする場合は車体を持ちあげる必要があり、それにはジャッキが必要になります。ほとんどの場合は、スペアタイヤが保管されている場所と一緒に置かれている場合がありますが、一つのジャッキしか用意されていないので、オイル交換をすることはできません。 タイヤ交換の場合は、一か所だけ持ちあげれは交換することができますが、オイル交換は最低でも2個のジャッキーが必要なため、用意しておくことをします。

クロスバイクの場合

クロスバイクの工具セットは、上記で説明したロードバイクの工具セットも用意しておくことで同じように対応することができます。 クロスバイクの場合は、出かけ先などでトラブルが起きやすく、その場で修理しなければ走行できない状況に陥る可能性も高いです。そのため、常備工具セットを持ち運ぶことがですが、車とは違って、本格的な工具セットを持ち運ぶことはできません。 その理由は、本格的な工具セットでは、効率よく作業することはできますが、持ち運ぶだけで場所をとってしまい快適に走行することができないからです。そのため、クロスバイクの場合は、いかに小型で高性能な工具セットを用意することが大切です。 小さい工具だからといって素材などが粗末なものでは、工具自体が損傷してしまうのでできません。できる工具セットは、折りたたみナイフのような形の携帯用工具セットです。

オートバイの場合

オートバイを整備する際に必要な工具セットは、バイクのな工具セットを揃えている場合では特に買いそろえる工具セットはありません。 オートバイのメンテナンスにも必要ですが、その他の整備にも必要になる可能性が高い工具セットは、ドライバーです。上記でさまざまな特殊な工具セットを紹介してきましたが、誰でも知っている基本的なドライバーも必要な工具の一つです。 ドライバーは、どの家庭でも持っている可能性が高いですが、車などの機械を触る機械がない家庭にあるドライバーは作りが雑なため、オートバイなどの機械に使う事は適していません。 家庭にあるドライバーは、本棚など簡単に締めることができる場合用に作られているので、そこまで頑丈な作りではありません。そのため、強く締めようとするとネジがナメてしまう可能性があるので、作りがしっかりしているドライバーの工具セットを用意することがです。

自転車の場合

自転車を整備するための工具は、今まで紹介したどの場合よりも必要になる工具は少ないです。そのため、車などの工具セットがあれば、自転車もメンテナンスすることは可能です。 しかし、自転車で一番多いトラブルのパンクの修理には、工具以外にもパンクを修理するアイテムも必要になります。 タイヤのパンクは、知識さえあれば誰でも簡単に修理することができますが、穴が空いた場所を塞ぐアイテムが必要になります。そのため、工具セットとは別に、パンクした時用の修理道具を用意しておくことがです。 自転車屋に持っていけば安い値段で修理することはできますが、最近では自転車屋も減ってきてしまい、パンクした状態の自転車でそこまで移動することは非常に苦労します。その点、パンクの修理キットは、ホームセンターなどで手軽に購入でき、自宅やその場で修理することができるので、用意しておくことをします。

次のページ:家庭用の工具セットは?
初回公開日:2018年04月30日

記載されている内容は2018年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング