IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

分波器|テレビ/ps3/4k/メーカー・ナスネとの接続

初回公開日:2018年03月01日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

普段何気なく見ているテレビ。最近は地上波デジタルと衛星放送の二つのチューナーが搭載されているものが一般的です。地上デジタルのUHFとBS/CS電波を分けるための器具が分波器です。今回はその分波器の選び方と分波器を紹介します。

分波器の選び方

一言で分波器と言っても現在では色々なものが市販されています。UHFとBS/CS出力側に50cmほどのアンテナケーブルが一体型になっているもの、また、分波器単体でケーブルが付いていないもの、4K8K放送に対応したものなど、利用するシーンに応じて選ぶ必要があります。 その中で分波器を選ぶにはどのようなものを選べば良いのか。同じような分波器があってどれがものか分からない。そんな疑問を解消するためにも今日は分波器の選び方を紹介します。

テレビに分波器

最も有名とも言えるマスプロ電工のアンテナは日本でシェアを誇ります。 オーソドックスな以下の分波器は別途アンテナケーブルを用意して部屋の壁のアンテナコネクタに接続します。分波された電波は出力側ケーブルが分波器に付いているのでケーブルをすぐにテレビに取り付けられます。

マスプロ電工 VU/BS(CS)分波器 SR2-P

マスプロ電工 VU/BS(CS)分波器 SR2-P
マスプロ電工 VU/BS(CS)分波器 SR2-P

とりあえず安定した品質を確保したい、そんな人に確実にできる分波器です。出力側ケーブルのBS/CS側にはBS/CSであることがすぐわかるようにケーブルにタグ表示がされています。 実際にコネクタを差し込んだ感覚はネジ式ではないものの抜けにくく、安定した接続品質を確保できます。また、これらのケーブルやコネクタには金メッキが採用されているのでさびにくく、長期的に運用できることも重要です。一旦接続したらなかなかメンテナンスの機会は少ないので耐久性のあるものを選びたいところです。その点、金メッキプラグは現在のコネクタではもはや必須と言えます。

随分長く使っていますが、全く問題ありません。いつも完璧です。

PS3に分波器

PS3に分波器は、分波器から出力された地上デジタル電波をトルネに渡し、一方でBS/CS電波をテレビにも接続するため、もともと入出力ケーブルが分波器に取り付けられていないもののほうがです。トルネとテレビの設置距離が離れる可能性が高いためです。 壁のアンテナ端子からケーブルで電波を分波器に入力し、そこからさらにケーブルを使用して地上デジタル電波をトルネを経由してからPS3に接続します。BS/CSはトルネが対応していないため、分波器からBS/CS電波をテレビに接続します。トルネとテレビを設置した場所それぞれにケーブルが別途必要になりますので分波器単体のものがです。

コアウェーブ アンテナ2分配器 BS/CS/UHF/VHF/FM/地デジ対応 全端子通電型 CW-147TV

コアウェーブ アンテナ2分配器 BS/CS/UHF/VHF/FM/地デジ対応 全端子通電型 CW-147TV
コアウェーブ アンテナ2分配器 BS/CS/UHF/VHF/FM/地デジ対応 全端子通電型 CW-147TV

この分波器はコネクタ部分が金メッキではありませんが、値段も手ごろで、ケーブル付きでないものをすぐに求めたい、という方にです。

テレビとDVDレコーダーに分配していますが、まったく問題なしです。 感激しました。

4kに対応可能な分波器のは

4kに対応可能な分波器のは
※画像はイメージです
出典: Tv - Free pictures on Pixabay

関連タグ

アクセスランキング