IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケルト音楽|歌/楽曲/アーティスト・日本人アーティスト

初回公開日:2017年12月16日

更新日:2020年11月14日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

ケルト音楽と聞いて、雄大な自然や繊細な歌声を思い浮かべる人もいるでしょう。するケルト音楽の魅力はそれだけではなく、フィドルの軽快な音色、ホイッスルの小鳥のさえずりのような旋律など、どれも魅力的です。未体験の人に聴いて欲しい、ケルト音楽です。

一番お手頃にケルト音楽を楽しむ方法が、ラジオだと言えそうです。日本に居ながらにして視聴可能なラジオ局は、想像以上にあります。ラジオ局のリンクを貼っておきます。ぜひ、聴いてみてください。

音楽に癒しを求めるならケルト音楽が

ケルト音楽というジャンルはないにも関わらず、世界中で愛されているケルト音楽の魅力は何でしょう。始めて聴いてもなぜか懐かしく、ホッとする雰囲気は、誰の心も魅了します。フィドルの軽やかな旋律と弾むようなリズムは、わくわく感もあるでしょう。 さまざまな民族、文化、音楽と混じり合ってきたケルトの血を引く人たちは今もいます。民族音楽に懐かしさを感じるのは、人類共通の感覚かも知れません。人類の魂を癒やすケルト音楽、です。未体験の人はぜひ聴いてみてください。

関連タグ

アクセスランキング