IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

グラトリ上達のコツ|回転数別/種類別・初心者向けの上達法

初回公開日:2018年01月17日

更新日:2018年01月17日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

スキー場へ行くと、ひと昔前と比べてスキーヤーよりもスノーボーダーが増えた気がします。今回はスノーボードで行うグラトリ上達のコツを特集します。初心者・女性が上達するためのコツ、また回転数別・種類別にグラトリ上達のコツを紹介していきます。

グラトリとは

グラトリとはグラウンド・トリックの略で、スノーボードを使って平らなバーンで行う色々なトリック(技)のことを言います。グラトリ上級者が繰り出すトリックは、ボードがパンにバターを塗るバターナイフに見えることから、グラトリはバタートリックとも呼ばれます。 グラトリの種類はとても多く、スピン(回転系のトリック)、マニュアル(ボードの先端を浮かせるトリック)、プレス(ボードを雪面に押し付けるトリック)、コンボ(複数のトリックを繰り出すこと)などがあり、スノーボーダーのアイデア次第でグラトリの可能性はどんどん広がっていきます。それではグラトリについて詳しく紹介していきます。

グラトリ上達のコツ

初心者

グラトリ初心者は自分のことに気を取られ、後方のスキーヤー・スノーボーダーの滑走を妨げることがあります。ゲレンデを斜めに横切る時は特に注意が必要です。どんなに上手いスキーヤー・スノーボーダーでも、突然進路を変えられると対処しきれないことがあります。初心者のグラトリ上達のコツは、「周り、特に後方の気配を感じる」ことにあります。

女性

女性がグラトリをやる時は、ケガに注意しましょう。ちょっとしたことで打撲や捻挫、骨折をしてしまいます。なぜかと言うと、グラトリは緩斜面で行うからです。角度のある斜面なら転んだ際の衝撃は下に分散できますが、緩斜面ではそれを体でもろに受け止めてしまうのです。女性のグラトリ上達のコツは、「ストレッチをしっかりやって、緩斜面だからといって気を抜かない」ことにあります。

回転数別グラトリ上達のコツ

まず紹介するのは、回転するスピン系のトリックです。スノーボードは下って滑るので、回転数は180度の倍数になります。半回転が180、一回転が360、一回転半が540、二回転が740、二回転半が900、といった具合に180度(半回転)ずつ増えていきます。 進行方向に沿って自分の体の前方へ回転することをフロントサイドスピンと言い、FSと表されます。これに対し、自分の背中方向に回転することをバックサイドスピンと呼び、BSと表します。たとえば、BS360は体の背中方向に360度、つまり一回転することになります。

レギュラーとグーフィー / フェイキー(スイッチ)

左足が前になるスタンスをレギュラー、右足が前になるスタンスをグーフィーと言います。滑走しながらレギュラー、グーフィーを入れ替えることをフェイキー(スイッチ)と呼びます。このフェイキー(スイッチ)に先ほどのFS・BSが加わるので、回転方向は全部で4種類(実際は2方向)になります。

180(ワンエイティー)

180は、まず腰を落としてオーリー(後述=ノーズを浮かせてのジャンプ)の体勢に入ります。この時に腕を振り上げる準備をしておきます。回る方向へ肩を開きオーリーします。上半身が先行しているので、下半身と板は自然についてきます。回転しすぎないように上半身で受け止めるのがコツです。着地した時には逆のスタンスになっています。

360(スリーシックスティー)

180にもう半回転加えます。オーリーまでは同じ動作ですが、進行方向へ腰から飛ぶイメージが必要です。コツは180の時よりも強く蹴り上げることです。270度くらいまでは先行動作で回りますが、それ以降は膝で合わせる感じです。着地後、ノーズを進行方向へ戻します。

540(ファイブフォーティー)

関連タグ

アクセスランキング