IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の添え状の書き方|書くべき内容と文例・封筒の書き方

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

入社の意思を確認するための重要な書類である内定承諾書に添付する書類に添え状というものがあります。この記事では、内定承諾書の添え状の書き方や例文、テンプレートなどをご紹介しています。ビジネス文書に必要な知識もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

内定承諾書とは

内定承諾書とは、企業から内定をもらった場合に渡される書類のことを指します。企業側が内定を出したとしても、学生側が内定を辞退するケースがあります。そのため、企業側は内定を出した学生に対して、入社する意思を確認する必要があります。その書類が内定承諾書になります。 内定承諾書は、内定を出した証明になるのと同時に、入社を約束するための書類になります。内定承諾書には法的拘束力はありませんが、入社の意思がある場合は必ず提出する必要のある書類になります。また、企業によっては「内定承諾書」ではなく「内定誓約書」、「入社承諾書」と呼ぶこともあります。

添え状とは

添え状とは、書類を送付する際に書類とは別に簡単な挨拶と「どんな書類を送ったのか」を書いて添付する書類のことを指します。添え状は、書類を送る際にその概要を分かりやすく示すとともに、枚数や個数などの漏れを防ぐことを目的としています。 そのため、特に企業間においては、ミスを防ぐための添え状を付けるのはビジネスマナーの基本であるといわれています。添え状は、「送付状」とも呼ばれており、企業によって呼称が異なります。

内定承諾書の添え状の基本的な書き方と注意点

内定承諾書を企業側に提出する際には、添え状をつけるのがマナーになっています。基本的な内定承諾書の添え状の書き方を以下でご紹介していきます。

パソコンを用いる場合

パソコンを使って内定承諾書の添え状を作成する場合は、横書きで作成するようにしましょう。用紙のサイズは、内定承諾書の大きさと合わせるようにすると良いでしょう。誤字脱字には十分注意して、見やすいレイアウトを心がけましょう。近年では、パソコンで作成する添え状が一般的になっています。

手書きの場合

内定承諾書の添え状を手書きで作成するメリットとしては、より気持ちが伝わるという点が挙げられます。ただし、パソコンとは異なり、書き損じてしまった場合は初めから書き直す必要があります。誤字脱字には十分注意しましょう。 添え状を手書きで作成する場合は、白無地で罫線が入った便箋に黒いペンで書くようにしましょう。色付きや柄付きは、添え状作成などのビジネス文書にはふさわしくありません。

内定承諾書の添え状に書く内容

内定承諾書の添え状には、以下の項目を入れる必要があります。 ・日付 ・会社名 ・担当部署 ・担当者氏名 ・会社住所 ・差出人の情報 ・拝啓 ・挨拶 ・感謝の言葉 ・本文 ・敬具 ・自分の名前 以下では、内定承諾書の添え状に必要な各項目の具体的な書き方をご紹介していきます。

日付

次のページ:内定承諾書を提出する会社名
初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング