IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退の電話のかけ方|時間/期限/言い方・注意点・理由の例文

更新日:2020年07月18日

内定後

内定辞退の電話はどのようにすればいいのか。内定辞退の電話という重い内容なだけに気が重くなっている方も多いのではないでしょうか。この記事では内定辞退の電話について説明していきます。内定辞退の電話の仕方を知りたいという方はぜひ読んでみてください。

内定辞退の理由が給料面での問題の場合は、正直に給料面で納得がいかないので内定辞退をしますとは言わないようにしましょう。すでに募集要項に書いていてそれを見て同意の上応募した前提ですし、給料が満足できないなどというのは相手の気持ちもよくありません。 相手を配慮した言い方で内定辞退の電話をするためには、給料面で納得がいかない以外の理由を述べるかこの際理由を述べずに辞退する旨を伝えます。 もし内定辞退の連絡をした際に給料面での問題かなどと突っ込んで聞かれた場合、もし給料以外は何の問題もない、給料が何とかなるなら内定辞退を考え直してもいいというのであれば相談をしてみてもいいでしょう。しかし自分から内定辞退の連絡の際に開口一番給料が満足ではないと率直な言うのは避けましょう。少なくとも企業側が何か突っ込んできてからです。

給料が理由の例

給料面が満足せず内定辞退する電話をかける場合は、給料が納得できないというのはよくありません。でも理由を述べたいというときはどのように言えばいいのでしょうか。 給料面で納得がいかないということは、給料面で納得がいかないため他の会社に就職したいということになるので、「他社に就職をすることにした」という内容で述べるか「検討の末」とざっくりと答えましょう。 「他の応募した企業からもいい返事を頂きまして、自分のやりたいことや将来などいろいろな観点から考えさせていただきました結果、御社の内定を辞退させていただくことを決断致しました。」 「これまで就職活動をさせていただいた中での、検討の末、御社の内定を辞退させていただくことに致しました。 「検討の末、御社の内定を辞退させていただくことになりました。」 決して給料とは言わないことが無難に内定辞退の電話をするポイントです。

内定辞退の連絡は早めにしよう

今回は内定辞退の電話のかけ方について解説してきました。内定辞退の電話はシンプルに伝えるのが一番です。内定辞退の連絡を後回しにしても何もいいことはありません。 企業側も内定辞退者が出ることで新しい人を採用したり、予定などを変更したりといろいろしなければならないことが出てきます。内定辞退をすることが確定したらできるだけ早く会社に電話をすることが大切です。 内定辞退をする企業は、採用しようと評価して内定をくれた企業です。その企業に対する感謝の気持ちをきちんと伝えます。そして採用するために費やされた時間や労力を無駄にしてしまうことになるので必ず申し訳ないということを言葉で忘れずに伝えます。 そのうえで後悔しない会社選びのためにも、よりよい自分の将来のためにも内定辞退をしたいという旨をはっきりと伝えましょう。 また内定辞退をすることが決まれば後回しにすることなく早めに連絡をしましょう。

初回公開日:2017年12月29日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング