IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退の電話のかけ方|時間/期限/言い方・注意点・理由の例文

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年07月18日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

内定後

内定辞退の電話はどのようにすればいいのか。内定辞退の電話という重い内容なだけに気が重くなっている方も多いのではないでしょうか。この記事では内定辞退の電話について説明していきます。内定辞退の電話の仕方を知りたいという方はぜひ読んでみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定辞退の電話のかけ方

就職活動をがんばって、欲しかった内定をようやく手に入れた喜びは大きいです。そしていくつか内定を取ることができると会社を選択する幅が広がってうれしい限りです。 しかし、実際に入社する企業はそのうちの1社に絞らなければいけません。そうなると必然的に出てきてしまうのが、せっかくもらった内定を辞退しなければいけない企業です。 内定をもらえたのは、採用するために書類審査から面接、内定に至るまで貴重な時間を割いて行ってくださった企業のおかげです。だからこそ、断りの電話を入れるとなると気も重く、ついつい後回しにしたくなってしまうものですが、必ず最後まで誠意をもって対応しましょう。

内定辞退の電話をする際の言い方

内定辞退の電話をする場合の言い方やセリフですが、基本的な流れはまずその会社の面接を受けて内定をもらった者であることを伝え、自分の名前を名乗ります。そして人事担当者に取り次いでもらいます。担当者が電話に出たら再度同じように名乗り、必ず本題に入る前に今電話が大丈夫かどうか相手の都合を聞きます。 相手からOKが出たら早速本題です。相手の時間を長く取らせてしまうのはよくないのでためらわず、早速本題の内定辞退をしたいという旨を明確に伝えます。 内定を辞退させていただきたいとはっきりと伝えることが重要ではありますが内定辞退をしたいとだけ言ってしまうと角が立って聞こえるので必ず内定を頂きありがたいという旨、内定辞退を申し訳ないという旨も合わせて伝えましょう。 そして理由を尋ねられた場合は他の会社に内定が決まったなどだいたいの理由は会社側も想定の範囲内なので正直に答えましょう。

電話の話し出し方例

「お世話になっております。私、先日御社より内定を頂きました○○大学の○○と申します。人事部の○○様(名前が分からなければ人事担当者様)はいらっしゃいますでしょうか。」 担当者が出たら再度名乗る「私、先日御社より内定を頂きました○○大学の○○と申します。先日は内定を頂きましてありがとうございました。」 電話が長くなってしまうとよくないのですぐに要件に入ります。「御社から内定を頂き大変感謝しております。ただせっかく内定を頂いたにもかかわらず申し訳ございませんが、内定を辞退させていただきたいと思いまして、お電話いたしました。」 このあと何か聞かれた場合は応えますが自分から話し出さなくて大丈夫です。

電話の終わり方例

内定辞退の意思を伝えたあと相手から何か聞かれた場合は応え、何か提出書類などの指示があった場合はしっかりメモを取りましょう。 相手の話が終わり電話を切る前にはもう一度、内定辞退を了承してくれたことへの感謝や内定辞退の電話となってしまったことへの申し訳ないという気持ちをしっかり伝えましょう。 最後は「大変勝手なお願いとなってしまいがご了承いただきましてありがとうございました。このたびはせっかく内定を頂いたにもかかわらず辞退させていただくことになり大変申し訳ございませんでした。失礼いたします。」 そして電話が終わってホッとしても、電話はすぐに切らずに相手が切るのを待ってから切る、しばらく間をあけてから切るなどすぐには電話を切らないようにしましょう。

電話をする期限

会社側の都合もあるので内定辞退を決めたらなるべく早めに電話をしましょう。 内定辞退の期限としては入社2週間前までと法的にはなっています。法的には2週間前までならば内定辞退が可能です。 ただ入社の前に入社承諾書や内定承諾書の提出を求める企業が多いです。これはこの会社に入社しますよと約束するような書類です。内定が出てから一定期間の間に提出することが求められます。承諾書を出した後だと内定辞退ができないというものではないですが、内定辞退の電話をする場合は内定承諾書や入社承諾書を提出する前までにした方が無難です。 内定辞退の電話は企業が新しい採用者を探さなければいけない都合上もちろん早い方がいいので内定辞退を決めたら先延ばしにせずすぐに電話をしましょう。

電話をする時間

電話はメールや手紙と違いあとで手が空いたときに対応できるわけではないので、相手の都合のよい時間を考えなければいけません。忙しい時間帯は会社や業種によって変わってきますが内定辞退の電話をかける際時間帯はいつがよいのでしょうか。 基本的には始業間際、お昼休み、終業時間間際の一般的に忙しいと思われる時間帯は避けるべきです。(始業時間から1時間以内、お昼の時間帯、終業までの1時間。)その会社の就業時間にもよりますが、忙しいと思われる時間帯に電話をかけるのは避けましょう。

関連タグ

アクセスランキング