IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

暑中見舞いの文例|友人/お客様/上司/両親・書き方のコツ・返事

書き方・例文

暑中見舞いの正しい書き方を知っていますか。暑中見舞いは、はがきで気軽に送ることができる季節の挨拶状です。暑中見舞いの書き方のコツを、送りたい相手別の文例とともにご紹介します。ぜひ、文例を参考に暑中見舞いを書いてみてはいかがでしょうか。

更新日時:

暑中見舞いの文例

暑中見舞いの文例

暑中見舞いは、暑さが最も厳しい時期に、日頃なかなか会えない人の安否を気遣って送る挨拶状です。自分の近況を報告する意味もあります。暑中見舞いはがきが一般的になったのは、大正時代からで、現在では様々なデザインの暑中見舞い用ポストカードが販売されていたり、郵便局ではくじ付きのものが売られています。 暑中見舞いは、夏ならいつでも出せるわけではなく、梅雨明けから立秋前(8月6日頃)までと決まっています。立秋を過ぎると残暑見舞いになりますので注意しましょう。 親しい友人やお世話になった恩師、会社の上司などに、どのような暑中見舞いの文を書いたらよいでしょうか。それぞれに宛てた暑中見舞いの文例を見ていきます。

友人

暑中お見舞い申し上げます 暑い日が続いていますが、お元気ですか。 私は新しい生活にもすっかり慣れ、仕事に励んでいます。 ぜひ、こちらにも遊びに来てください。再会を楽しみにしています。 ○○さんもお忙しい毎日でしょうが、どうかご無理をなさいませんように。 友人へ暑中見舞いを送る際の文例です。書き出しは「暑中お見舞い申し上げます」から始めます。暑中見舞いの言葉、自分の近況報告、相手を気遣う言葉、日付という流れです。日付は「平成〇年 7月」もしくは「平成〇年 盛夏」などと最後に書きます。 親しい間柄なら文例のようにあまり形式ばらなくても構いません。はがきも相手の好みに合わせて、かわいいものやユニークなものなどを選んでもいいでしょう。

お客様

暑中お見舞い申し上げます 平素は、格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 誠に勝手ながら当店では以下の期間を夏期休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げますとともに、今後とも、一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 お客様宛の暑中見舞いの文例です。暑中見舞いの言葉に続き、時候の挨拶、営業の連絡などに続き、相手を気遣う結びの言葉と日付を入れます。休業のお知らせを入れる場合は、文末に「〇月〇日~〇月〇日」と加えます。日付はその後です。お客様用には、しっかりとマナーを守って、あらたまった暑中見舞いを書くようにしましょう。

上司

暑中お見舞い申し上げます 猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。 日頃は何かとお世話になり、ありがとうございます。 おかげさまで夏期休暇で家族を連れて海水浴へ行ってまいりました。子供たちにとっては初めての海で、大変喜んでくれました。 休暇後は、より一層の努力を重ねていく所存ですので、今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 暑さ厳しい折、お体にお気をつけてお過ごしください。 上司に宛てた暑中見舞いの文例です。構成は同じですが、日頃お世話になっている感謝を時候の挨拶の次に伝えます。近況報告、相手の健康を気遣う一文、最後に日付です。

両親

暑中お見舞い申し上げます 厳しい暑さが続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか。 ご無沙汰してしまい申し訳ありません。 お盆休みには帰省できる予定です。 子供たちと共に、お会いできることを楽しみにしております。 暑さはまだまだこれからです。お体に気をつけてお過ごしください。 離れて暮らす両親への暑中見舞いの文例です。普段なかなか帰省できないことを詫びたり、お盆休みに帰省予定があればそのことも加えるといいでしょう。実の両親であれば、文例のようにあまり形式ばらずカジュアルに書いてもいいですが、義理の両親宛ての暑中見舞いには気を遣いましょう。

恩師

暑中お見舞い申し上げます 日毎暑さが増しますが、先生はお変わりありませんか。 私は東京の生活にも慣れ、元気に大学生活を楽しんでします。 まだまだ暑い日が続きますので、くれぐれもお体にお気をつけください。 高校時代の恩師に宛てた暑中見舞いの文例です。自分の近況を知らせ、相手の健康を気遣う一文で終わります。在学中で、新学期には先生と会える場合は「2学期も頑張りますのでよろしくお願いします」などと加えるといいでしょう。

お中元のお礼

暑中お見舞い申し上げます 梅雨明けとともに本格的な夏となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 このたびは結構なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございます。いつもながらのご厚志に恐縮するばかりです。 今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。 暑い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください。 お中元をいただいた時のお礼を兼ねた暑中見舞いの文例です。暑中見舞いとお中元のお礼を兼ねるのは、問題ありません。時期的にもちょうどよい頃です。

はがきでの暑中見舞いの文例

暑中見舞いははがきで出すのが一般的です。様々なイラストや写真が印刷されたはがきも豊富に出ていますので、相手によって使い分けるといいでしょう。 「暑中お見舞い申し上げます」や、簡単な挨拶と相手を気遣う言葉が始めから印刷されているものもありますので、暑中見舞いの文が書けないという人にはおすすめです。その場合も自分の近況を添えるようにしましょう。文例は、こんな感じです。 おかげさまで、私は仕事にも慣れ、元気に暮らしています。 お盆休みには帰省する予定ですので、お会いできれば嬉しいです。 再会を楽しみにしています。 はがきに挨拶文があらかじめ印刷されている場合の文例です。はがきは、縦書き、横書きでも構いませんが、目上の人に出すなら、縦書きで、デザインも落ち着いたものを選びましょう。全体を見て、文字のバランスを考えるようにします。

手紙での暑中見舞いの文例

暑中見舞いというとはがきが一般的ですが、手紙で暑中見舞いを送っても問題はありません。はがきのように暑中見舞い用という便箋はあまりないでしょうから、夏らしいデザインや涼し気なワンポイントの便箋を選ぶと暑中見舞いらしくなります。 暑中お見舞い申し上げます 暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。 おかげさまで私は、新しい生活にも慣れ、毎日充実して過ごしています。 お盆休みには帰省しますので、お会いできることを楽しみにしています。 くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。 手紙で暑中見舞いを送る時の文例ですが、手紙ははがきよりもスペースがありますので、近況や、相手との共通の話題などを書いてもいいでしょう。手紙の場合も、縦書きの便箋、横書きの便箋どちらを使っても構いません。

メールでの暑中見舞いの文例

暑中見舞いをメールで済ませてしまえば簡単ですが、メールで暑中見舞いを送るのは、親しい間柄の人だけにしましょう。メールであっても、暑中見舞いは梅雨明けから立秋の前までに送るようにします。 メールのタイトルは、簡潔に書きます。「○○(自分の名前)より暑中お見舞い」などと書けば、一目でわかりやすいです。ビジネスメールの場合は、会社名も入れるようにします。 ビジネスメールの場合、本文の冒頭には相手の会社名と名前を書いてから、一行空けて暑中見舞いを書きます。本文の文例は次のようになります。 暑中お見舞い申し上げます 平素はひとかたならぬご厚誼を賜り、厚く御礼申し上げます。 今後とも、変わらぬご愛顧、お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。 厳しい暑さの日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください。

暑中見舞いの書き方のコツと文例

暑中見舞いをきちんと書きたいけど、文を作るのが難しそうと思っていませんか。暑中見舞いは、コツを覚えてしまえば簡単に丁寧な文面が作れます。暑中見舞いのコツを文例でご紹介します。

書き出し

暑中見舞いの書き出しの文例を見ていきます。まず、暑中見舞いですので「暑中お見舞い申し上げます」と始めに書きましょう。この文字は、本文よりやや大きめにします。 続いて、季節の挨拶ですが、最も暑さが厳しい時期の相手を気遣う言葉ですから、「暑い中ですが、元気ですか」という意味の文を続けます。続いて自分の近況報告という流れです。挨拶文の文例は次のようになります。 「厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。」 「猛暑の日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。」 「梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。」

結び

結びですが、近況報告を短く書いたら、相手を気遣う言葉で締めくくります。結びの文例は次の通りです。 「時節柄、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。」 「夏風邪などひかれませんよう、お体にお気をつけてお過ごしください。」 「厳しい暑さが続きますので、お体を大切になさってください。」 最後に日付を入れましょう。日付は「平成〇年 7月」や「平成〇年 盛夏」と書きます。

暑中見舞いの返事の文例

暑中見舞いを受け取ったら、返事を出しましょう。返事も暑中見舞いとして出しますが、暑中見舞いとして出せるのは立秋の前(8月6日頃)になります。その後は残暑見舞いになりますので気をつけましょう。 暑中見舞いの返事も「暑中お見舞い申し上げます」という言葉から始めます。それから、暑中見舞いを受け取ったお礼を伝えます。文例は次のようになります。 暑中お見舞い申し上げます ご丁寧な暑中のお見舞いをいただき、大変ありがとうございました。皆様にはお変わりなくお過ごしのご様子、何よりと存じます。 暑中見舞いをいただいた時の返事の書き出しの文例です。この後、自分の近況を報告し、相手を気遣う一文で締めます。暑中見舞いをいただいたお礼と、受け取った暑中見舞いに書かれていたことへの返事を書いたら、後は通常の暑中見舞いと同じ構成です。

暑中見舞いを書こう

暑中見舞いを書こう

暑中見舞いは、年賀状ほど出す人が多くありませんが、受け取ると嬉しいものです。日頃なかなか会えない人に、近況を報告する意味でも暑中見舞いを出してみてはいかがでしょうか。メールでの挨拶なら簡単にできますが、涼し気なデザインのはがきを見ると、受け取る側の心も癒されるでしょう。 暑中見舞いは、ポイントをおさえてしまえば、難しいものではありません。親しい間柄なら、形式にとらわれることもありません。はがきで手軽に出せますから、ぜひ文例を参考に書いてみてください。

関連タグ

アクセスランキング