IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アクションカメラの3|安い/ロードバイク用/バイク用

更新日:2020年08月28日

ガジェット

皆さんはアクションカメラの購入を考えたことはありませんか?おそらく、購入しようとしたことはあるけれども、友人やお店でされた商品の中からどれを選べば良いかわからないと言いう方も多いと思います。今回はAmazonでアクションカメラをご紹介します。

アクションカメラ3は?

皆さんはアクションカメラという物をご存知ですか。アクションカメラとは主にスポーツ中(自転車・スノーボード・サーフィン・ダイビングなど)の風景や様子を撮るために、自身の体や道具、乗り物自体に装着し記録する、小型デジタルカメラの事をいいます。 自分の体などに装着し撮影する事で、臨場感あふれる映像をおさえる事ができるという物です。アウトドアでの使用が主になるので、小型で軽量、防水という機能を持っています。近年ではエクストリームスポーツなどを自身で撮影し、YouTubeにアップするなどが流行しており、このアクションカメラはなくてはならないものとなりつつあります。 その機能にも目ざましい発展があり、新しい機能のアクションカメラがどんどん発売されています。本記事では今話題のアクションカメラについて検証してみました。スポーツを趣味としている方にはツールといえるでしょう。

3位はHERO5・Session

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Session CHDHS-502-AP
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Session CHDHS-502-AP

このアクションカメラは豊富な機能でありながら、コストパフォーマンスの良さがの秘密といえるでしょう。ハウジングなしで水深10Mまでの耐水性、4Kビデオ、Wi-Fi連携もでき、ワンボタンの操作もとても手軽です。夜間撮影ができるのもです。

電源入/切を意識せずに、いつでも本体のボタンを押すだけで撮影開始できるのは便利です。 またスマホアプリとは一度ペアリングをすれば、カメラに触れることなくいつでも遠隔操作可能です。

2位はSONY

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)
ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

2位はSONYウエアラブルカメラアクションカム空間光学ブレ補正搭載モデルです。このブレ補正が付いている事によりほとんどブレません。なので激しいスポースにたいへん商品といえるでしょう。 多少の水しぶきがかかっても大丈夫な防滴ボディで、ハウジングの使用で60Mまでの水中撮影も可能です。もちろん耐衝撃・耐低温性・防塵も確保されている点もです。

ヘルメットのサイドにマウントして撮影。手振れ補正すごいです!ヘルメットの横に固定されているのに横に映るヘルメットが動いて見えます。被写体(前方)のブレを補正している関係でまるでカメラが宙に浮いているような見え方です。

1位はGoPro

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW
【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

1位はGoPro・HERO6BLACK・CHDHX-601-FWです。アクションカメラでは圧倒的なシェアを誇るGoProです。4Kはもちろん、手ぶれ補正にも優れており、手に持って撮影しても、ギアにマウントしても滑らかで綺麗な映像を撮影する事ができる点がです。 本体自体に防水機能があり、ハウジングなしで10Mの水深まで潜る事ができます。別売りのハウジングを装着すれば、60Mまでの水中使用も可能です。

特徴別アクションカメラは?

ここまで売れ筋を見てきましたが、それでは何を重視してそのアクションカメラを選んだら良いのでしょう。大まかに重視したいポイントを見ていきましょう。アクションカメラをこれから購入しようと考えている方は参考になさってください。

機能で選ぶアクションカメラとは?

アクションカメラに付属する機能で選ぶという方法もあります。いろいろと機能は備えていた方が良いに越したことはありませんが、その用途によって、必要・不必要な機能もあるでしょう。では、何を参考にすれば良いでしょうか、を次でご紹介します。

解像度・画質

アクションカメラの解像度というのは、大きく分けて3種類、HD、フルHD、4Kとあります。詳しい方はご存知かとおもわれますが、フルHDが標準的画質の基準です。動画編集などで高度な編集をされる方は、より劣化の少ない4Kがとなるでしょう。

初回公開日:2018年04月11日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング