IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「平素」の意味と使い方・ビジネスメールにおける挨拶例文

更新日:2022年06月21日

メール

「平素は」という言葉について、意味や使い方、頻繁に使用される挨拶文を紹介します。また、「平素は」の言い換え表現として使用できる、類語表現も合わせて紹介します。この記事を読んで、適切な挨拶文を使用できるようになりましょう。

書き言葉に使用し口語での使用は避ける

ビジネスメールやビジネス文書において、挨拶文に使用できる「平素は」という表現ですが、書き言葉のみの使用にとどめ、口語文においては「いつも」や「日ごろ」などの類語表現に言い換えるようにしましょう。 「平素は」は非常に丁寧な表現ですが、口語文で使用すると相手に違和感を与えてしまいます。 ・平素よりお世話になっております。 ・いつもお世話になっております。 ・日頃よりお世話になっております。 に言い換えるようにしましょう。口語文と書き言葉の表現の違いを上手く使い分けできるのも、社会人として必要なスキルの一つです。

「平素は」の多用は避ける

「平素は」は非常に便利な言葉ですが、同じメールにおいて多用することは避けましょう。 ・平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。また、平素は当社の○○サービスをご利用いただきありがとうございます。 いかがでしょうか。「平素は」が重ねて使用されていることに違和感を覚えてしまいます。「平素」という言葉は、ありがたいことに類語表現が豊富な言葉ですので、一つのメールにいくつも「平素は」という言葉が並ぶ事がないよう、適切に類語表現を用いてみてください。

適切な挨拶文で感謝の気持ちを伝えましょう

さて、今回は「平素は」という言葉について意味や使い方、類語表現などを紹介してきましたが、いかがでしたか。今後は「平素は」を用いて上手く日ごろの感謝を伝えられそうでしょうか。 ビジネスメールにおいても、ビジネス文書においても、基本となるのは挨拶文のマナーです。社会人として、適切な挨拶文の使用は必要最低限の身につけておかなければならないスキルですので、ぜひこれを機会にしっかりと覚えておきましょう。相手に合わせた挨拶文を上手に使用できるようになってください。

初回公開日:2017年12月14日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング