IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「拝見しました」の意味と使い方・具体的な例文と英語表現

初回公開日:2018年01月19日

更新日:2020年06月30日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

就活やビジネスなど多くの場面で見かける「拝見しました」という言葉。みなさん、正しく意味を理解して使っていますか?敬語は現代社会を生き抜くための必要なスキルです。ここでは、フォーマルシーンでよく使われる「拝見しました」の意味と正しい使い方をご紹介します。

「拝見しました」の意味

ビジネスなどのフォーマルシーンにおいて、「見ました」という意図を丁寧に伝えるときには「拝見しました」という表現を使用します。 この場合の「拝見しました」とは、先方の手紙やメール、資料などを「見せていただきました」や「読ませていただきました」という意味になります。 通常は、「内容や趣旨を理解しました」というニュアンスを含む言葉ですが、必ずしも一見しただけで内容を把握できるとは限りません。必要であれば、「拝見しました」の後に質問などを加えてもいいでしょう。

「拝見する」の正しい使い方

「拝見する」という言葉は一見丁寧な表現ではありますが、使い方を間違えると相手に失礼な印象を与えることにもなりかねません。 だからこそ「拝見」の意味や正しい使い方を理解し、丁寧かつ礼儀正しく「見る」という行為を伝えることが重要となるでしょう。ここでは「拝見する」の正しい使い方をご紹介します。

拝見します

「拝見」は謙譲語と呼ばれる種類の敬語です。謙譲語とは、目上の人に対して自分をへりくだって使用する言葉で、「自分を下げることで相手を立てる」という意味合いを持ちます。 よって、「拝見する」は、自分の「見る」という行為について用いる言葉で、相手が「見る」という行為を行う場合には使用しません。相手が「見る」場合は「ご覧になる」という別の表現が存在しますので、主語が誰なのかに注意して「拝見」を使いましょう。 「見る」の主語が自分自身である場合のみ、「拝見します」という表現を使うことができます。

拝見しました

通常、目上の人に「見ました」と伝える場合には謙譲語を使いますが、「見せていただきました」と言うのは少し回りくどい気がしてしまいます。そんな時に使うのが、「拝見しました」という表現です。 動詞に「いただきます」や「いただいてもよろしいでしょうか」という言葉を付ければ簡単に敬語にすることができますが、これらの表現は少し長い印象を与えます。 「見る」を「拝見する」という謙譲語に変換することで、フォーマルかつスマートな言い回しで表現することができます。「拝見しました」や「拝見してもよろしいでしょうか」は、ぜひ覚えておきたい言葉です。

「拝見する」の間違った使い方

多くの人が知っている「拝見する」という表現ですが、使い方を間違えている人もかなりいるのではないでしょうか。よく目にする「拝見する」の間違った使い方をご紹介します。

拝見いたしました

「拝見」の間違った使い方としてよく見かけるのが、「拝見いたしました」という表現です。「拝見しました」は良いのに、なぜこの使い方は間違いなのかご存知でしょうか。 この間違いの理由は、「拝見いたしました」という表現は二重敬語にあたるからです。「拝見」という言葉自体が謙譲語ですので、同じ謙譲語の「いたしました」を付けると二重敬語になってしまいます。 二重敬語は、どうしても回りくどい表現になったり、相手に丁寧すぎる印象を与えることから、あまり好ましい表現とは言えません。二重敬語は誤った敬語の使い方とされていますので、「拝見いたしました」ではなく「拝見しました」を選ぶようにしましょう。

拝見させていただきました

「拝見させていただきました」もよく見かける表現ですが、これも間違った使い方です。理由は先ほどの「拝見いたしました」と同じ、二重敬語になってしまうからです。 一般的に、二重敬語は文法的に正しくないとされています。しかし、言葉遣いというのはすべて規則や理屈で正解を決められるものではありません。言葉も時代とともに変化します。 現代社会における実際の会話や文章では、「拝見いたしました」や「拝見させていただきました」という表現が日常的に使われています。二重敬語を用いるのが妥当と思われる場合には、状況に応じてあえて使用する柔軟性も必要でしょう。

「拝見しました」を使った例文

「拝見しました」は日常会話だけでなく、ビジネスシーンにおいて多く使われている言葉です。だからこそ二重敬語などならないよう注意する必要がありますし、社会人として、きちんとした使い分けができるようになりましょう。ここでは「拝見しました」を含めて、「拝見」という言葉を使った例文をご紹介します。

「拝見しました」「拝見」を使った例文

関連タグ

アクセスランキング