IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

相対的の意味・使い方の例|貧困/対義語/剥奪/評価/幸福/価値

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ニュースや新聞などで目にする言葉は、どうしても固く難しくなりがちで、「何となくわかるけど、しっかりした意味まではわからない」というものが多いですよね。今回は、そんな中でも目にする機会の多い「相対的」という言葉について掘り下げ、意味や使い方を解説します。

「相対的」とは

そもそも「相対的」ってどういう意味?

まずは、「相対的」という言葉の意味を見ていきましょう。辞書には、下記のよう記載されています。

相対的 [形動]他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に成り立つさま。 出典:デジタル大辞泉(小学館)

「相対的」と「絶対的」の違いは?

「相対的」について解説したところで、逆の意味である「絶対的」にも触れていきます。辞書には、以下のように記載されています。

絶対的 [形動]他の何物ともくらべようもない状態・存在であるさま。 出典:デジタル大辞泉(小学館)

類語

「相対的」の使い方例

ここまで、「相対的」という言葉の意味を中心に触れて来ました。ここからは、どのような場面で使われるのかを、実際に使用されるケースの多い言葉とともに解説していきましょう。

貧困・貧困率

剥奪

幸福

評価

行為

価値

初回公開日:2017年12月14日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング