IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「全然大丈夫は間違い」は迷信か?・「全然」と肯定形、否定形

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

全然+肯定形の文に違和感を感じる人は少なくありません。全然は否定文に多用される言葉なので、全然大丈夫・全然いいよと言った言葉はあまり適さないと辞書にも書かれています。しかし本当に「全然大丈夫」は日本語には適さないのでしょうか。今回はその真偽について紹介します。

「全然大丈夫」は間違った言葉?

全然と聞くと、多くの人はその後に否定的な言葉が続くだろうと予想します。しかし「全然大丈夫」「全然余裕」など、肯定的な言葉を使う際にも全然が使われる事もあります。果たして本当はどちらの方が正しいのか、この真偽を理解している方は少ないでしょう。 広辞苑などの辞書によれば、全然のあとには否定的な言葉を述べるようにすると言った指示が書かれているところが多くなっています。辞書が言うのであれば正しいと思われがちですが、言語文化は人間がその時代によって生み出すもののため辞書に従う必要性はないという意見が言語学会の中でも意見されています。 全然+肯定形の文章は20世紀より伝わる言葉です。使用するにあたって問題ないと言う意見がだんだんと湧き上がりつつあります。だから「全然大丈夫」のような全然+肯定形の文章が間違っていると言い切ることはできません。

全然+肯定系は誤用と言うのは迷信だった

「全然大丈夫」と言った言葉が誤用であると言う迷信はなぜ広まったのでしょうか。原因は、辞書の書き方や研究学会の発表などが挙げられます。本来肯定にも否定にも使用していいはずの全然と言う言葉を、否定だけに使用しなければならないと促したのがこの2つだからです。 全然と言う言葉は古くから肯定形にも使用して良いという考え方がありました。しかし辞書が否定形での使用について記載していることと、全然の使い方に注目した研究発表で肯定形での使い方は間違っていると世に広めたために、このような迷信が広まってしまいました。

全然を用いた例文

「全然大丈夫」「全然使ってない」「全然平気」など、全然は肯定・否定に対して使うことができる上に動詞・名詞にも付属できる大変柔軟で珍しい単語です。そんなフレキシブルな言葉「全然」を用いた言葉を例文とともに確認していきましょう。

肯定文

「友人が事故を起こして入院したと聞いたが、全然元気そうな素ぶりだった」と言う例文は、肯定形を利用したセンテンスです。全然大丈夫と言う言葉が正しい言葉であるように、元気という言葉の前に繋げても問題ありません。 「...一カ月前の無知なる公平は、全然破れてしまった訳になる。」この言葉は夏目漱石の著書「学者と名誉」に登場する言葉です。全然+肯定形の中では現代人にとって違和感を感じさせるような文となっていますが、これも正しい使用例の一つとなっています。

否定文

「彼女らは一卵性の双子だが、なぜだか性格や好みは全然違う」と言う言葉は、全然を用いた言葉の1例の一つです。否定形が後続する言葉なので、違和感はあまり感じないでしょう。 「偶然の現象であるのかも知れないが、考え方によっては全然関係がないとも言われまい。」これは永井荷風の葛飾土産と言う著書の抜粋です。全然+否定形はかつての文学者の間でも多く使われていますが、その反面全然+肯定形も積極的に使用していることもあります。明治・昭和期の文豪たちの書物から全然の使い方を学ぶ機会は少なくありません。

全然大丈夫を言い換えるなら

全然大丈夫と言う言葉は使用しても問題ありません。しかし職場や格式高い場で使用するにはあまりそぐわない言葉です。それ以外にも、全然は否定形とともに使用されるべきと考えている方々も多く存在するので、「全然大丈夫」を使用するときには注意が必要です。 違和感や問題なく「全然大丈夫」を伝えるにはどうすれば良いのか、どう言い直せば良いのかを考えている方のために、全然大丈夫を言い換えた言葉を紹介します。正しく使用して問題や違和感を回避しましょう。

全く問題ありません

全然と言う言葉を「全く」と言う言葉に差し替えることで、職場などの堅い場でも使用しやすい言葉を後に続けることができるようになります。「全然」と言う言葉は「全然大丈夫」や「全然いいよ」などのように少し幼稚で話し言葉チックなものが続きやすくなるため、格式高い場では使用しにくい言葉となっています。 「全く」と言う言葉を用いることによって、後続に「問題ありません」などの言葉を繋げやすくなります。目上の人にも問題なく使用できる言葉に変わりました。「全然」を「全く」に変えるだけで、どの場においても通用する言葉にすることが可能です。

全く差し支えありません

初回公開日:2017年12月05日

記載されている内容は2017年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング