IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「浅学菲才」の意味と読み方・同義語と対義語・使い方と例文

社会人常識

「浅学菲才」という四字熟語を知っていますか?文字通り「学が浅く・才能がない」ことを意味しますが、多くは自分をへりくだる表現で使用します。ビジネスシーンでも用いられる「浅学菲才」の意味や使い片、類語や対義語などについてお伝えしています。

更新日時:

「浅学菲才」の意味とは?どう使う?

トピック1025803/要素2628664

意味

「浅学菲才」は「せんがくひさい」と読む四字熟語で、意味は「知識または学問に未熟で才能に欠ける」です。この意味は他者に対して使用するより、「自分の見識をへりくだる」=「自分に対しての意味」で用いられることが多いとされます。「知識を得ようとする思いに欠けており、才能が乏しい」あるいは「学問に勤しむ思いが欠けており、才能が乏しい」ことを言います。 その意味をへりくだる時には「自分が持つ知識はまだ不十分な程度だ」ということになり、学問に関してで言えば「自分はまだ勉強不足だ」ということを表しています。へりくだる場合の意味合いでは、実際には足りている場合も含みます。 実際に足りていないから自分を「浅学菲才」と表すこともあれば、他者から見ると足りているが、本人的に足りていない時に使うこともあります。

構成

「浅学菲才」の「浅学」とは、「知識・学問が浅くて未熟」なことを言います。「菲才」の「菲」は「かぶら」という野菜のことを表していましたが、その野菜の特徴が転じて「薄い・粗末・劣る」の意味で「菲」が用いられるようになりました。そこに「才能」を意味する「才」が付くことで、「菲才」=「才能が薄い(無い)」という意味になります。

使い方

意味で触れましたが、「浅学菲才」は「自分の知識や才能をへりくだる」時に使うことが一般的です。「自分の知識はまだ足りていない」あるいは「自分はまだまだ勉強すべきだ」などの意味を込めて、自分の知識・学・技術・能力・才能などをへりくだった表現をしたい時に用います。 自分外の人に対して「浅学菲才」を使うこともできますが、そういった使い方はあまりされません。

「浅学菲才」と「浅学非才」どっちが正しい?

結論から述べますと「浅学菲才」が正しい漢字とされますが、「浅学非才」でも間違いではありません。本来は「浅学菲才」ですが、辞書には「浅学非才」とも書かれるとあります。そのため、厳密に考えなければ「浅学菲才」でも「浅学非才」でもどちらでも良いということになります。 要は、厳密には「浅学菲才」ですが、「非才」でも咎めるほどの間違いではないということです。

「浅学菲才」の同義語になるのは?

「浅学菲才」の同義語には、「未熟者」「初心者」「力不足」「勉強不足」などがあります。各類語の意味を、「浅学菲才」の意味と比較しながら見ていきましょう。

未熟者

「未熟者」は「不慣れで技能が身についていない人」のことです。「未熟」=「学問や技術などに関する修練が不足しているために不十分である」の意味ですので、「修練すれば熟す」ということになります。「浅学菲才」は「浅学」ゆえに「菲才」であるため、「学ぶことをしっかり行い続ければ才を成す」という意味合いも含まれます。そのため、類語になります。

初心者

「初心者」は「それをすることが初めての人」の意味で使用されることが多いのですが、「そのことの経験が浅い人」という意味もあります。「浅学菲才」は「学が浅い」ために「才が薄い」ことですので、「経験が浅い」の意味を持つ「初心者」と「浅学菲才」は類語とされています。

力不足

「力不足」は、「それをするのに能力や実力が足りない」ことです。「能力や実力が足りない」=「学ぶことが不足している」ということと考えられるため、「力不足」は「浅学菲才」と類語の扱いになります。 「役不足」といった言葉もありますが、この言葉の意味は「能力や実力に対して、すること(役)の程度が低い」ことですので、「力不足」と同じ感覚で使用しないように気を付けましょう。

勉強不足

「勉強不足」は「勉強(学ぶこと)」が不足していることでので、「浅学」=「学が浅い」と同義になります。「勉強不足」の言葉には「菲才」の意味は含まれていませんが、「勉強が不足している」=「知識・技能に欠ける」と考えられるため、ニュアンス的には「浅学菲才」と同じになります。

「浅学菲才」の対義語は何だろう?

「浅学菲才」の対義語は、「博学多才」です。読み方は「はくがくたさい」で、意味は「豊かな知識を持ち、いろんな分野の才能に恵まれていること」です。「博学」には「多方面の学問に通じている」=「いろんなことを知っている」という意味があり、そこに「多くの才能に恵まれる」意味を持つ「多才」が組み合わさっているので、上記のような意味になります。 「博学」な人は「学」をたくさん積んでいるため、それなりの「才能」があるということを表しています。「浅学菲才」は「学」が不足しているために、「才能」も乏しいということです。 「学んだことはためになる」と言った考え方が古くから存在するため、「勉強」は大事と言われています。「学」にはいろんな分野があるため、自分が関心を持つ分野を極めてみると良いでしょう。

「浅学菲才」を実際に使ってみよう!

四字熟語を会話の中で使用するのは、学に優れる人、あるいは御老体(おじいちゃん・おばあちゃん世代)というイメージを持たれることもあります。しかしながら、四字熟語も単語と同じで、ただの日本語です。会話の中で使用する時には、意味が分からないために良く思わない人もいますが、それこそが「浅学菲才」です。 自分の教養のために、会話の中で四字熟語を使用してみてはいかがでしょう。「浅学菲才」は、へりくだる表現で使用することをおすすめします。たとえば、「わたしは浅学菲才なので、まだまだです。」といった使い方をします。場合によっては「わたしは浅学菲才だ」といったように、短文な表現で用いることも可能です。

「浅学菲才」の例文をご紹介!

「浅学菲才」を実用する際、例文はとても参考になります。どういった使い方をされるのかは、例文を見てみると分かりやすいでしょう。「浅学菲才」が実際に用いられる時によくされる使い方は「浅学菲才の身」です。「浅学菲才の身」を例文としてご紹介しますので、参考にしてください。

浅学菲才の身

「浅学菲才の身」は「学が浅く、才が乏しい存在」という意味です。「身」の言葉は「身体」の意味があり、一般的にはその意味で用いられていますが、「身分」の意味もあります。「身分」は「立場」のことですので、「身体」の意味も含めて考えると、「浅学菲才の身」=「身体に染みついた技術がなく、頭に埋め込まれた知識もない存在」という意味合いになります。 多く「自分のことをへりくだる」表現で用いられるため、その場合は「浅学菲才の身」=「浅学菲才な私」の意味にもなり得ます。「浅学菲才の身ですので~。」や「浅学菲才の身ですが~。といった使い方が多く、開業などの挨拶をする際の冒頭で用いられることもあります。 「浅学菲才だから断る」「浅学菲才だけど頑張る」「浅学菲才なのに与えてくれてありがとう」などを伝える時に「浅学菲才」あるいは「浅学菲才の身」が用いられます。

「浅学菲才」を正しく使おう!

「浅学菲才」の使い方は難しいとも言われますが、ポイントを捕らえることで使い時を間違えることはなくなります。まず、「浅学菲才」は「自分をへりくだる」意味で用いることが基本です。「浅学菲才な私ですが、今後ともよろしくお願いいたします。」や「浅学菲才な身ですが、このような機会をいただき、心から感謝しております。」などの使い方をします。 自分の「学が浅い(勉強不足)」または「才が乏しい(才能に欠ける)」あるいはその両方の意味を伝えたい時に「浅学菲才」を使用することで、おごりたかぶった印象を与えず、謙虚な姿勢になります。 また、「浅学菲才」の言葉と共に意欲を表現することで、向上心を示すことができます。謙虚で意欲ある人は好感を持たれるため、「浅学菲才」を使用して意欲を表明してみるのも良いでしょう。

アクセスランキング