IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パートの雇用契約書の作成方法や記入例|エクセル/記載事項/昇給

事務

雇用契約書は、会社とパートさんが雇用条件について記載された書類です。労使トラブルを回避させる重要な役割がありますので、双方が一部ずつ保管することが望ましいです。雇用契約書をパートさんに交付されていない場合は、会社へ交付請求して下さい。

更新日時:

パートの雇用契約書の作成方法や記入例

パートの雇用契約書の作成方法や記入例を紹介します。

エクセルで雇用契約書を作成する方法

エクセルで雇用契約書を作成する方法

パートの雇用契約書はエクセルで作成することができます。雇用契約書の書式は、インターネットで検索することで、色んな書式を閲覧することができます。どの書式が良いか分からないときは、厚生労働省に雇用契約書の書式がありますので、厚生労働省の雇用契約書を使用することも良いです。 インターネットで、「雇用契約書・パート・エクセル」と検索すると、雇用契約書の書式を閲覧することができます。サイトによっては、書式をダウンロードすることもできますので、書式の作成で参考にしたい方は、インターネットで検索することをおすすめします。

雇用契約書の記載事項について

パートの雇用契約書を作成する上で、記載事項を決めておく必要があります。雇用する上で必要な項目を列挙して記載していきます。記載しなければならない項目は、雇用契約期間の有無、就業場所及び就業内容、始業時間・就業時間・休憩時間、残業時間の有無、休日、賃金・給与の支払い方法及び支払日、退職に関する事項、解雇事由は明示することが決められています。 パートでも雇用条件を決める場合は、一つ一つの項目を確認しながら決めていくことで、労使トラブルを回避することにも繋がります。雇用契約書を交わす前に記載事項の条件を確認してから、雇用契約書を締結し、交付流れになります。

昇給

パートの雇用契約書の昇給に関して、昇給条件を明示しなければなりません。勤続年数に応じての昇給、職務能力に応じての昇給など、パートさんが理解できるゆおに、昇給条件を雇用契約書に明示することで、パートさんのモチベーションアップにも繋がります。 昇給は、昇給する前に口頭で伝える場合が多く、パートでも正社員並みの働きをする人には、時給アップといった昇給を行う会社はあります。会社としても戦力として考えている場合、昇給させてでも働いてもらう方がメリットがあるため、昇給のタイミングは会社によって異なりますが、職務の習熟度で昇給するケースが昇給する要因として多いです。

パートの勤務時間は?

パートの勤務時間は、社会保険料の加入対象とならない週20時間以内が、パートの勤務時間と認識している会社が多いです。家庭事情によりパート勤務を希望される方で、世帯主の扶養範囲内での収入や勤務期間を希望される方が多いです。 勤務時間の範囲を午前中のみ、午後のみ、何時から何時までなど、会社によって勤務時間の範囲は異なりますが、一日4時間以内の週5日勤務で、週20時間以内の勤務時間となりますので、パートさんは、週20時間以内の勤務時間で勤務される傾向が高いです。

パートの契約期間は?

パートの契約期間は?

パートの契約期間は、期間の定めのある有期と期間の定めのない無期があります。有期雇用の場合、いつからいつまでの間の雇用となりますので、期間限定の契約期間となります。無期の場合、契約期間の定めがないため、パートさんの都合で退職するまでは、雇用され続けることになります。 雇用契約書を交わす前に雇用条件を確認することがありますので、契約期間のありなしが、はっきりとしていないと、労使トラブルに発展する可能性がありますので、雇用される前に、契約期間について分からない場合は、会社へ問い合わせすることをおすすめします。

雇用契約書はコピーできるか?

雇用契約書はコピーでもらうことは可能です。コピーよりも原本を会社側と雇用者の双方で保管することが一番望ましいですが、万が一、雇用契約書を紛失した場合、会社で保管している雇用契約書をコピーで交付請求することはできます。 法的にも、雇用契約書の交付請求は可能です。会社は雇用契約書を交付請求されたら、雇用契約書を交付しなければなりませんので、会社が交付請求に応じない場合は、労働基準監督署に相談することをおすすめします。

パートの雇用契約書での注意点

パートの雇用契約書での注意点

退職

パートの退職については、雇用契約書に記載することが義務付けされています。また、就業規則に記載することも義務付けされています。雇用契約書は雇用条件などを明示する書類ですので、雇用する会社と雇用される従業員が双方合意の上でサインする書類です。 退職に関することは、雇用契約書に、退職に関する事項や解雇事由について、雇用契約書を締結もしくは交付する際に、雇用契約書を双方確認することをおすすめします。基本的に雇用契約書に明示しなければなりませんが、就業規則でも確認したい場合は、会社へ就業規則を見せてもらえるように、お願いして下さい。 退職に関しては、就業規則に記載しており、正社員・パート別に就業規則を分けている会社もあります。就業規則については、雇用契約書を交わすタイミングで一度目を通することが良いので、雇用トラブル防止のためにも、雇用契約書と就業規則を確認することが良いです。

雇用契約書はもらえない?

パートでの雇用契約書は、労使トラブルを回避するためにも、もらうようにして下さい。双方納得した条件で働くためにも、原本もしくはコピーをもらえない場合は、労働基準法施工規則第5条第3項に反することとなり、会社はパートさんから雇用契約書の交付を求められたら、交付しなければなりませんので、どうしても雇用契約書をもらえない場合は、労働基準監督署に相談して下さい。

雇用契約を更新しない場合

パートの雇用契約を更新しないことが労使トラブルに発展するがありますが、雇用契約書に期間を定めての雇用の場合、雇用契約期間が満了したら雇用契約は終了します。雇用契約書にパートの雇用契約更新の有無を明示しなければなりませんので、契約更新の有無が明示されていなかったり、雇用契約書に記載されていることと相違している場合に、トラブルになることが多いです。 雇用契約書に雇用条件が明示されていることが原則ですので、雇用契約書に明示されていることを相違することが発生した場合に、トラブルに発展することが多く、特に、雇用契約書に明示されていることと相違しているのに会社が認めない場合は、労働基準監督署に相談して是正勧告を請求することができます。

トラブルになった場合の対処法

相談窓口

パートの雇用契約において会社とトラブルが発生した場合は、公的な相談窓口として、労働基準監督署に相談することができます。労働基準監督署内に労働相談コーナーが設置されていますので、雇用契約に関するトラブルの相談窓口として、労働者が利用することができます。 労働相談コーナーは各都道府県の労働基準監督署内にありますので、どこに相談していいか分からない場合は、雇用されている管内の労働基準監督署に相談するのが良いです。厚生労働省のオフィシャルサイトにも相談窓口が紹介されていますので、ぜひ参考にして下さい。

パートの雇用契約書に関するまとめ

パートで働く場合に雇用契約書は、原本もしくはコピーを会社から交付してもらうようにして下さい。雇用条件を決めるにあたり、会社と従業員が雇用契約書に記載されている条件を双方一つ一つ確認しながら、決めていく会社が多いです。 万が一、雇用契約書をもらえない、雇用契約書で交わした条件と違いトラブルに発展した場合は、労働基準監督署内にある労働相談コーナーへ相談することをおすすめします。ニュースで取り上げられているブラック企業といわれる会社は、こういった労使トラブルが絶えないため、企業価値を落とし、従業員がのモチベーションが落ちる一方になり、働くメリットが全くない状況となります。 こういった、労使トラブルを回避させるためにも、雇用契約書は会社とパートさんが雇用条件を一つ一つ確認しながら決めていくことで、双方納得した上で雇用契約を締結し、契約書は双方とも保管することが一番です。雇用契約書は交付請求ができますので、交付していない場合、もらっていない場合は、会社へ交付請求して下さい。

アクセスランキング