IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

曲解の意味や使い方・類語や対義語・曲解された言葉の原因

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「曲解」は「曲がった解釈」を意味する言葉ですが、あまり一般的に使用されてはいません。しかしながら、世の中には「壁ドン」のように「曲解」されている言葉がたくさんあります。「曲解」の意味・使い方・類語に加え、曲解された言葉などについてご紹介しています。

「曲解」ってどういう意味?使い方は?

「曲解」という言葉を聞いたことがありますか。一般的には日常の中であまり用いられない言葉ですが、「曲解」の意味で表すことができる事柄は少なくありません。では、「曲解」にはどんな意味があるのでしょうか。読み方を踏まえて、意味をお伝えしていきます。

読み方

「曲解」の読み方は「きょくかい」ではなく、「きょっかい」です。「曲」を「きょっ」と読むことができるという定義はありませんが、「きょく」ではなく「きょっ」の読み方になる言葉は「曲解」以外にも存在します。「きょっ」=「きょく」だと考えれば問題はありません。 そこまで気にすることでもないのですが、気になる方はいるでしょう。「曲」の読み方としては「きょくかい」と言っても良いとされますが、辞書に記載される読みとしても「きょっかい」ですので、「曲解」という言葉を口頭上で使用する時には「きょっかい」という読み方をしておけば間違いはないと言えます。

定義

「曲解」の定義は「物事・言動などを素直に受け取らず、ねじ曲げた解釈をすること」とされています。「ねじ曲げた解釈」というのは「そのままの意味で捉えない」ことであり、「裏がないのに裏を読む」=「表されたことではない解釈をする」感じです。その物事、あるいは人の言動などを、そのまま素直に受け取らず、ねじ曲げて解釈することを「曲解」と言います。 「定義」は「コミュニケーションを円滑に行う」ために、「正確な言葉の意味・用法」を「共通認識」させるためのものです。1つの意味に定義は1つであり、矛盾が生じないようにしています。「曲解」の定義は「物事・言動などを素直に受け取らず、ねじ曲げた解釈をすること」であり、他の定義は存在しません。

使い方

「曲解」の使い方は、定義に基づきます。定義は「物事・言動などを素直に受け取らず、ねじ曲げた解釈をすること」ですので、そういったことを表したい時に使用します。多くは自分以外の存在が「ねじ曲げた解釈」をしてしまった時に、それを表す目的で「曲解」が用いられますが、自分が「曲解」することも表せます。

「曲解」の類語は?

「曲解」の意味は「物事・言動を素直に受け取らず、ねじ曲げて解釈すること」でしたが、この意味の類語は何でしょうか。日本語は同じとも言える状況で用いられる言葉が複数存在する場合も珍しくなく、似た意味・ほぼ同じ意味を持つが意味合いが異なるといったこともあります。「曲解」の類語にも、ほぼ同じだが使用場面や普及度が違うものもあります。 類語は知っておくことで、その状況に適した言葉を選べるようになります。「曲解」と表現しても良いのですが、別の言葉を用いたほうがより適切と言えることもあります。「曲解」の類語を学んでおき、そういった状況に対応できるようにしておくと良いでしょう。それでは、「曲解」の類語についてをご紹介していきます。

取違(とりちがい)

「取違」は、漢字だけのまとまりにすると「とりちがえ」とも読めますので、「取違い」あるいは「取り違い」と表記した方が良いです。ここでは「取違」=「とりちがい」としますが、この「取違」の意味は「取り違えること」です。「取り違えること」は「話の内容・意味などを誤って捉えること」であり、簡単に言えば「内容や意味を誤解する」ことを言います。 「曲解」の意味にあるような「ねじ曲げた解釈」という表現はありませんが、「誤って捉える」といった部分が類語になるとされています。「曲解」=「ねじ曲げて捉える(都合良いように解釈を変えることも含む)」であり「取違」=「誤って捉える(単に間違って解釈する)」ですので意味合いは異なりますが、類語としては扱えます。

誤解(ごかい)

「取違」で登場した「誤解」ですが、意味は「事実を間違って解釈・理解すること」です。別の言い方をすると「取り違える」または「思い違い」で、「自分の思考によって事実とは違った解釈・理解がされてしまった」ことを言います。「誤解」は「ねじ曲げた解釈」をするわけではないため、「曲解」よりは素直な間違いと言えます。

勘違(かんちがい)

初回公開日:2017年12月14日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング