IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

業務日報の書き方や例文|エクセル/ワード/アプリ・注意点|保存期間

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

業務日報の書き方が分からない、上手く作れないで困っていませんか。自由だからこそ難しい業務日報ですが、自分に合った書き方が決まれば、毎日の仕事が充実していきます。今回は、業務日報の基本的な書き方や管理の仕方、上手く書くコツなどをご紹介します。

その4、一言添えて書く

ここまで、ポイントを掴んで簡潔に記すことを述べてきましたが、ここではビジネスマナーとしての業務日報をお話します。特に業務日報は、仕事の中で自分を知ってもらうチャンスでもあり、上司に何かを伝えることもできるツールでもあります。忙しいために、なかなか言えなかった一言添えることもできる重要な書類になります。 また、業務日報を読み、アドバイスを下さる人物にいつでも感謝の気持ちを忘れずに、「お疲れ様です。」「~の際はありがとうございました。」などの一言でもつけることができるだけで、人の印象も違いますし人間関係も変わります。業務日報の最初に、長くならないよう、自分なりの一言添えて報告できる大人でありましょう。

業務日報の”意味”

ここまで業務の日報の基本的な書き方を説明してきましたが、これはあくまでも一般的な書式になります。業種や職種、会社の雰囲気によって書き方は異なっています。そこで、自分の上司は自分の成長をどのように見ているのか、何を求めているのかを感じながら報告書を書いていくと良いでしょう。 しかし、中には、あまり興味を持たない上司や、文句しか言ってこない上司もいるでしょう。そのような場合であっても、PDCAサイクルをつくりやすいような業務日報を作成し、実行していくことで自分の成長のスピードは明らかに変わります。業務日報を単なる記録だと考えずに、より効率的で充実した仕事ができるよう丁寧に仕上げていきましょう。

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング