IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プレゼンツの意味/英語表記(スペル)・プレゼンツの使い方例文

言葉の意味

社会人になると多くのビジネス用語に囲まれることになりますが、今回はその中から「プレゼンツ」という言葉についてみていきましょう。ビジネスの世界でつかわれrうプレゼンツとは、なんなのでしょうか。プレゼンツの意味や、スペル、語源そして例文を使ってご紹介します。

更新日時:

「プレゼンツ」ってどういう意味?

「プレゼンツ」ってどういう意味?

ニュースを見ている時、ネットで検索をしている時に「プレゼンツ」という言葉を耳にした経験があるでしょう。「プレゼンツ」とは一体どのような意味で使われているのでしょうか。ビジネスの世界あるいは日常でも耳にするこの「プレゼンツ」という言葉について今回は詳しく見ていきましょう。

プレゼンツの意味

日本語で「プレゼンツ」と聞いたとき、どんな意味で使われているでしょうか。テレビやラジオで~プレゼンツというのを何度か耳にしているのではないでしょうか。この場合のプレゼンツは「贈呈する、提供する」という意味です。 この言葉「プレゼンツ」ですが、もとは何語なのでしょう。日本語の「プレゼンツ」は、英語の「presents」です。では、英語の「プレゼンツ」にはどんな意味があるのでしょう。

名詞?あるいは動詞?

英語の「プレゼンツ」は、日本語の意味の「プレゼンツ」ほど簡単ではありません。まず英語のpresentsは、presentという単語に”s”がついた形です。 このpresentという言葉ですが、名詞と動詞があり、それぞれで意味が若干異なってきます。 現在を意味する名詞のpresentのほかに、私たちにもなじみがあるギフト、プレゼント、贈り物の意味であるpresentがあります。この名詞の複数形がpresentsです。 もうひとつは、動詞の場合です。動詞のpresentにsが付くのは、主語が三人称単数の場合です。いわゆる三単現のSと呼ばれています。この場合のpresentのSが、日本語で~提供、スポンサーという意味のプレゼンツに転じています。 会社名、人などは三単現であるため、「プレゼンツ」という形になっているのでしょう。

プレゼンツの略語

「プレゼンツ」という言葉は、プレゼントを意味している場合と、「~の提供する」あるいは、「スポンサーになって何かを行う」場合の二つの意味があることが分かりました。 それでは、この言葉は略することができるのでしょうか。日本人は言葉を略するのがとても得意です。プレゼンツは一体どんな風に略されるのでしょう。 英語ではpresentという単語を略すとなるとPRSNTのように、母音を抜かして子音での味覚方法があります。そのほかに、pr.あるいはpresと略することが可能です。

ではプレゼンって?

ではプレゼンって?

では日本語できく「プレゼン」という言葉は、「プレゼンツ」の略ではないのでしょうか。 よく「~のプレゼン」を行うので、企画書を用意しておくなどと使いますが、このプレゼンは、「プレゼンツ」の略ではなく、プレゼンテーションの略となります。

近い言葉プレゼンテーションの意味は?

プレゼンテーションとは、英語でpresentationと書きます。スペルを見るだけだと、「プレゼンツ」という単語にとても近い言葉に見えます。プレゼンテーションの略語のプレゼンにいたっては、「プレゼンツ」と一体何が違うのかと感じる人もいることでしょう。 プレゼンテーションとは、企画などを提案していく宣伝的な要素をもつ行為です。プレゼンを行う人を「プレゼンター」と呼びます。これはテレビなどを見ているとよく出てくる言葉なので、知っている方も多いでしょう。 プレゼンターは、テレビ番組の司会をを行っている方や、解説などをしている人をさします。 通常は、オーディエンスがいて、その前にでて説明などをする人をプレゼンターと呼び、その行為自体をプレゼンテーションといいます。

プレゼンテーションの起源とは?

プレゼンテーションの起源とは?

プレゼンテーションの起源は、1350年から1400年の中期英語です。オリジナルの言葉は、後期ラテン語から来ています。ラテン語では、人々が宗教に、身を献身的にささげるという意味がありました。 ラテン語では「プレゼンツ」ととても近い言葉で使われていました。「プレゼンツ」の語源はのちほど詳しくご紹介いたします。

プレゼンテーションの反対語は

プレゼンテーションは人前で何かを見せて発表するという行為です。その言葉の反対語は、隠ぺいするという意味のconcealment(コンシールメント)や、hiding(ハイディング)という単語になります。 プレゼンテーションと同じような意味で使うことができる単語には、giving(ギビング), offering(オファリング), proposal(プロポーザル)などとがあります。これらの単語はすべて、相手に与えたり、紹介するなどの行為を表す意味の言葉になります。 そのため、プレゼンテーションの代わりに用いることができる言葉です。

プレゼンツを英語表記すると?

プレゼンツを英語表記すると?

それでは、「プレゼンツ」に関してもっと見ていくことにしましょう。今回の記事の「プレゼンツ」はカタカナ表記でも英語表記でも目にします。そして、もちろん英単語ですが、どのように変換して北単語なのか歴史もご紹介します。 まずは「プレゼンツ」の英語のスペルからみていきます。

プレゼンツのスペル

プレゼンツのスペル

先ほどお伝えしたように、「プレゼンツ」の英語表記はpresentsです。ここで、英和辞書を引いてみると、presentsは先ほども述べたように、「present」の三人称単数形であることが分かります。 ここできをつけないといけないのは、品詞です。~プレゼンツと日本語で使う場合のスポンサー、提供は、動詞にあたります。

プレゼンツと複数形になった場合は?

プレゼンツと複数形になった場合は?

プレゼンツの英語表記はpresentsですが、この「s」なんでしょうか。スペルの紹介をしたときに、日本語でよく用いる~プレゼンツの「presentsはpresentの三人称単数現在」というのべましたが、それはどういう意味だったのでしょうか。 三人称単数のpresentsは、動詞のpresentです。英語だけをみるとプレゼントについた”s”が何のSなのかわかりません。つまり、複数形のpresentsなのか、三人称単数現在のSなのかは単語だけを見てもわかりません。 そのため、presentsは複数形のSで贈り物という意味の名詞なのか、三単現のSで動詞なのかがわかりかねます。 日本のビジネス用語としてよくでてくる~プレゼンツという言葉のプレゼンツは「提供する、~がスポンサーである」という動詞なので、この場合presentsの”s”は、三人称タ単数形現在のSと考えるべきでしょう。

プレゼンツはプレゼンツという発音で正しいの?

プレゼンツはプレゼンツという発音で正しいの?

日本語では「~~プレゼンツ」というように「presents」という単語が発音されていますが、これは本当にプレゼンツという発音であっているのか気になります。 日本語になっている英語の中には、発音が全く違ったりする場合が多くあったりします。また、英語の単語は、アメリカ英語とイギリス英語で、発音やスペルが全く違う場合もあります。 このプレゼンツという言葉はこのまま日本語の「プレゼンツ」という発音で英語として通じるのでしょうか。 何度か説明したように、この「プレゼンツ」は動詞になります。動詞のpresentはアメリカ英語でもイギリス英語でも同じ発音のpri zentという音になります。  つまり英語の場合は、「プレゼンツ」とは発音せずに、プリゼンツという音になります「プレゼンツ」は、贈り物という意味で、さらに複数形になることを英語を使うときは気を付けましょう。

英語のプレゼンツと日本語のプレゼンツ

英語のプレゼンツと日本語のプレゼンツ

英語の「プレゼンツ」はプレゼントという名詞の複数形の場合と、動詞のプレゼントの主語が三人称のためにつくSの二通りがあるとわかりました。 英語の動詞のプレゼント/プレゼンツの場合は、相手に提案したり、物をあげたりする意味のほかに日本語でよく使う~プレゼンツと同じ意味で、提供するや紹介するという意味になります。

プレゼンツの起源

プレゼンツの起源

present の起源は、1175年から1225年の中期英語の時代から使われています。古いフランス語のpresenterあるいは、中世のラテン語のpraesentarreと語が起源だといわれています。 このフランス語と、ラテン語の意味は、与えるというです。中期英語あるいは中英語と呼ばれる言葉ですが、1100年から1500年ごろに使われていたといわれています。 いわゆる現代英語の先祖様にあたる言葉です。そのころからすでに「プレゼンツ」という単語には、人になにかを与えたり、贈ったりする意味があったということです。 中期英語は三つの時代に大まかに分けることができます。そして、この言葉「プレゼンツ」は、初期中期英語の時代にすでに使われていました。

プレゼンツの類語

プレゼンツの類語

「プレゼンツ」と同じような意味で使われる英語は、offer(オファー)や、give(ギヴ)という単語があります。ほかにも類語はあるのですが、日本語として浸透している言葉となると、この二つが適しているのではないでしょうか。 Offer(オファー)するという言葉は、何かをプレゼントするという意味よりも、条件などを提案するという意味の時によく使われるのではないでしょうか。 Give(ギヴ)は、物をあげる時などに、頻繁に使われます。「ギヴアンドテイク」のような使われ方がよくされます。 いずれにしろ「プレゼンツ」という言葉が、動詞で何かを与えたりするという意味なのでこのような単語が類語となります。

プレゼンツの反対語

それでは「プレゼンツ」の反対語というのは、どのような語があるのでしょうか。先ほど出たギヴアンドテイクのまさにテイクという言葉が与えるの反対の意味なので、「プレゼンツ」と相反する意味になります。

プレゼンツの使い方

プレゼンツの使い方

「提供する」ということをかっこよく、短く言うために使われる単語です。文字で書かれる場合、〇〇プレゼンツ/〇〇presentsというように、カタカナでも英語でも表記されます。ただ、「プレゼンツ」の使い方はなかなか想像がつかない方が多いので、実際の「プレゼンツ」の使い方についてご紹介いたします。

プレゼンツの使い方例文

プレゼンツの使い方例文

・東芝プレゼンツのバラエティ番組 ・キリンビールプレゼンツのイベントが開催される。 ・特別ラジオPresents by サントリー ・アプリケーションby Walter presents このように日本語では使われているのを、何度となく眼にしたことがあるのではないでしょうか。使い方としては、「プレゼンツ」の前に、提供したり、スポンサーになる人、企業などの名詞があるということです。 それでは英語の動詞のプレゼンツはどのように使うとよいのでしょうか。そちらも例文とともに見ていきましょう。

いろんなプレゼンツ

いろんなプレゼンツ

これまで「プレゼンツ」という言葉の説明をしてきました。日本語の~プレゼンツは、発音は違えど、英語の動詞の「プレゼンツ」と同じ意味で、~の提供という意味で使うことができます。 プレゼンツという言葉、ラジオ番組、テレビなどでよく使われます。プレゼンツという言葉を用いる時は、特別な制限はありません。 それでは「プレゼンツ」という言葉が使われているものを見ていきましょう。

presentsという文字が入った本など

テレビドラマにもなった「八日目の蝉」などで知られる角田光代さんが書いた作品です。この「プレゼンツ」は、何かを提供するという動詞ではなく、名詞の贈り物の意味のほうになります。 贈り物は誰から誰への贈り物なのか、気になるところです。作品は、独立した12の物語がはいっていて、素敵なイラストとともに一冊の本となっています。

久々に本を読んで涙が出ました。

イケメントレーナーpresents おとなキレイ養成講座

イケメントレーナーpresents ずぼら女子のためのおとなキレイ養成講座
イケメントレーナーpresents ずぼら女子のためのおとなキレイ養成講座

まさにこの本のタイトルとなっているイケメントレーナーpresents おとなキレイ養成講座の「プレゼンツ」は、動詞のpresentsの使い方の良い例です。 ジムでトレーニングしてもらうには予約が必要なうえに、なかなか予約がとれないイケメントレーナーが、本の中で気になる二の腕や、腰痛の直し方などを教えてくれる自宅トレーニング本です。 2017年12月にでたばかりの比較的新しい単行本です。冬におせちやお雑煮で食べすぎたと感じている人は、春になる前からすこしずつ、イケメンプレゼンツの方法を試してみるのはいかがでしょう。

presents 大黒摩季

90年代に人気を博した日本のシンガー大黒摩季さんが出した九枚目のアルバムのタイトルは、presentsでした。 このプレゼンツは、大黒摩季というアーティストからリスナー、ファンへのプレゼント/贈り物という意味です。大黒摩季プレゼンツも兼ねているのではないかと考えた人はアルバムをきいてみてはいかがでしょう。 収録されている曲のなかに、豊田スタジアムのテーマソングや、NTTドコモ北海道のCMソングがはいってるところをみると「プレゼンツ」は動詞の意味合いでも使われている考えてもよいでしょう。 いずれにしろ、極上の大黒摩季サウンドをたのしむことができるアルバムです。どのアルバムもファンいとってみればすべてがプレゼントではないでしょうか。

現在恋をしている人、付き合ってる人、引きずっている人、恋がしたい人・・・ 摩季さんからすべての人に贈る「最高のプレゼント」です。

イベントによく使われるプレゼンツ

L’ala padoTOKYO presentsひなまつり Party2018 開催決定!

フリーマガジンのlalapadoがプレゼンツする女の子のためのお祭り、ひな祭りを、ホテルローズガーデン新宿で行います。 ひなまつりParty 2018と題されたおまつりでは、女子が好きなファッション、グルメなどがたくさん集まります。ただ見るだけでなく、自分がいろいろなことが体験できる参加型のイベントになります。 アンケートに答えると全員プレゼントもあるそうなので、ぜひお土産をもらって帰りましょう。 フリーマガジン・プレゼンツの2018年のホテルで開催されるひな祭りは一体どんな感じなのか、気になる方はぜひのぞきに行きましょう。

アポロビル・ルシアスビル・あべのアポロシネマプレゼンツ

映画の試写会でもスポンサーがついて大々的に行う場合は、プレゼンツという言葉がよくつかわれます。 2018年2月15日に舞台挨拶がつく吉永小百合さんの映画「北の桜守」は、アポロビル・ルシアスビル・あべのアポロシネマプレゼンツの試写会となっています。 大阪にあるあべのアポロシネマは、シネコンスタイルの映画館です。その映画館で、3月10日より全国劇場公開が予定されている映画「北の桜守」の本試写会を行われます。そのため、プレゼンツという言葉を使っています。

あちこちに見つけることができるプレゼンツ

とにもかくにも、本の上での提案にまで~プレゼンツと単語を使うことができます。意外な場所に言葉をあてはめてみるのが、カタカナ英語の面白さであり、よさではないでしょうか。 実際の英語の動詞のpresent/presentsを使うときは使い方を間違えないようにしたほうが良いでしょう。用法、文法などはしっかりチェックしましょう。一番よいのは、英英辞典を見ることです。 英英辞典には、用例がのっていますので、その例文を上手に活用していきましょう。

これで間違い回避!

これから先、英語表記でもカタカナ表記でも、プレゼンツ(presents)という言葉を目にしても戸惑うことはありません。英語の場合だととくに発音からして動詞と名詞がちがうということもわかったので、間違いようがないでしょう。 日本語の場合はプレゼンツのままなので、動詞として~提供、あるいは自分がイベントやちょっとしたサプライズパーティーをするときなど、この言葉を使ってみてもいいでしょう。 ぜひ、使えるチャンスが来たときは、さりげなく会話の中に混ぜてみましょう。また、英語の意味を知らなかった人や、”s”が一体どうしてついてるのか、わからなかった人には、実は名詞と動詞の違いであることを伝えてあげるとよいでしょう。 蘊蓄を垂れるようにいうのではなく、あくまでもさりげなくがポイントです。

関連タグ

アクセスランキング