IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プレゼンツの意味/英語表記(スペル)・プレゼンツの使い方例文

初回公開日:2018年02月04日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

社会人になると多くのビジネス用語に囲まれることになりますが、今回はその中から「プレゼンツ」という言葉についてみていきましょう。ビジネスの世界でつかわれrうプレゼンツとは、なんなのでしょうか。プレゼンツの意味や、スペル、語源そして例文を使ってご紹介します。

「プレゼンツ」ってどういう意味?

ニュースを見ている時、ネットで検索をしている時に「プレゼンツ」という言葉を耳にした経験があるでしょう。「プレゼンツ」とは一体どのような意味で使われているのでしょうか。ビジネスの世界あるいは日常でも耳にするこの「プレゼンツ」という言葉について今回は詳しく見ていきましょう。

プレゼンツの意味

日本語で「プレゼンツ」と聞いたとき、どんな意味で使われているでしょうか。テレビやラジオで~プレゼンツというのを何度か耳にしているのではないでしょうか。この場合のプレゼンツは「贈呈する、提供する」という意味です。 この言葉「プレゼンツ」ですが、もとは何語なのでしょう。日本語の「プレゼンツ」は、英語の「presents」です。では、英語の「プレゼンツ」にはどんな意味があるのでしょう。

名詞?あるいは動詞?

英語の「プレゼンツ」は、日本語の意味の「プレゼンツ」ほど簡単ではありません。まず英語のpresentsは、presentという単語に”s”がついた形です。 このpresentという言葉ですが、名詞と動詞があり、それぞれで意味が若干異なってきます。 現在を意味する名詞のpresentのほかに、私たちにもなじみがあるギフト、プレゼント、贈り物の意味であるpresentがあります。この名詞の複数形がpresentsです。 もうひとつは、動詞の場合です。動詞のpresentにsが付くのは、主語が三人称単数の場合です。いわゆる三単現のSと呼ばれています。この場合のpresentのSが、日本語で~提供、スポンサーという意味のプレゼンツに転じています。 会社名、人などは三単現であるため、「プレゼンツ」という形になっているのでしょう。

プレゼンツの略語

「プレゼンツ」という言葉は、プレゼントを意味している場合と、「~の提供する」あるいは、「スポンサーになって何かを行う」場合の二つの意味があることが分かりました。 それでは、この言葉は略することができるのでしょうか。日本人は言葉を略するのがとても得意です。プレゼンツは一体どんな風に略されるのでしょう。 英語ではpresentという単語を略すとなるとPRSNTのように、母音を抜かして子音での味覚方法があります。そのほかに、pr.あるいはpresと略することが可能です。

ではプレゼンって?

では日本語できく「プレゼン」という言葉は、「プレゼンツ」の略ではないのでしょうか。 よく「~のプレゼン」を行うので、企画書を用意しておくなどと使いますが、このプレゼンは、「プレゼンツ」の略ではなく、プレゼンテーションの略となります。

近い言葉プレゼンテーションの意味は?

プレゼンテーションとは、英語でpresentationと書きます。スペルを見るだけだと、「プレゼンツ」という単語にとても近い言葉に見えます。プレゼンテーションの略語のプレゼンにいたっては、「プレゼンツ」と一体何が違うのかと感じる人もいることでしょう。 プレゼンテーションとは、企画などを提案していく宣伝的な要素をもつ行為です。プレゼンを行う人を「プレゼンター」と呼びます。これはテレビなどを見ているとよく出てくる言葉なので、知っている方も多いでしょう。 プレゼンターは、テレビ番組の司会をを行っている方や、解説などをしている人をさします。 通常は、オーディエンスがいて、その前にでて説明などをする人をプレゼンターと呼び、その行為自体をプレゼンテーションといいます。

プレゼンテーションの起源とは?

プレゼンテーションの起源は、1350年から1400年の中期英語です。オリジナルの言葉は、後期ラテン語から来ています。ラテン語では、人々が宗教に、身を献身的にささげるという意味がありました。 ラテン語では「プレゼンツ」ととても近い言葉で使われていました。「プレゼンツ」の語源はのちほど詳しくご紹介いたします。

プレゼンテーションの反対語は

プレゼンテーションは人前で何かを見せて発表するという行為です。その言葉の反対語は、隠ぺいするという意味のconcealment(コンシールメント)や、hiding(ハイディング)という単語になります。 プレゼンテーションと同じような意味で使うことができる単語には、giving(ギビング), offering(オファリング), proposal(プロポーザル)などとがあります。これらの単語はすべて、相手に与えたり、紹介するなどの行為を表す意味の言葉になります。 そのため、プレゼンテーションの代わりに用いることができる言葉です。

関連タグ

アクセスランキング