IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「斬新」の意味とは?使い方と例文|類語/対義語/英語

初回公開日:2017年12月09日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

ときどき目にする「斬新」という言葉。読み方や正しい意味を知っていますか?よく似た漢字と思い違いをして読み間違えてしまったり、違う状況で使ってしまったりすることのないように、「斬新」という語の正しい読み方や意味を身につけましょう。

「斬新」の読み方は?

雑誌の記事やキャッチコピーの文中などで「斬新」という語を目にすることがあります。 「斬新」という言葉の成り立ちや意味、似た表現を持つ語にはどんなものがあるのかといったことから語の正確な意味を紹介します。

「斬新」の読み方は「ザンシン」

「斬」と言う漢字の常用音訓は「ザン(サン)/きる」という読み方なので、「斬新」は「ザンシン」と読むのが正解となります。

「斬新」とはどういう意味か

「斬新」とはどういう意味になるのでしょうか。「斬」という漢字自体の持つ語義から見てみましょう。 「斬」という漢字の語義は、訓読みの読み方からもわかるように「刃物で切る」「刃が食い込み切れ目をつける」という意味が第一義です。 一方、「斬」の語義には「はなはだしい」という意味もあります。 歴史的に古い唐時代の方言に由来すると言われていますが、そこから「ぬきんでる/きわめて」という副詞的な意味も表すようになりました。

「斬新」の意味①際立って新しいさま

辞書をいくつか紐解いてみるとそれぞれに若干のニュアンスの違いはありますが、いずれの場合もまず挙げられているのは「際立って新しいさま」という意味です。 趣向や発想などが目立って新しく、優れた才能を表す場合に「斬新」という語が用いられると言えます。 また「斬」という字自体が「切る」という字義を持つことに関し、物の切られたあとが新鮮だったことから転じて「際立って新しく鮮やかなさま」を表すようになったとも言われています。

「斬新」の意味②今までにない独自の発想

一方「物の考え方や趣向が旧来のものとは違い非常に新しく、ありきたりではない」ということから、今まで誰も考えつかなかったような独自の発想を表す場合もあります。 この場合の「斬新」は、普通とは一味違う独特な感性という意味合いで用いられています。

「斬新」の使い方・例文

「斬新」の使い方・例文
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

「斬新」という語が文中でどのように使われるのかということを、実際の例文で見てみましょう。

「斬新」の使い方・例文①「斬新さに欠けて物足りない」

この場合は、「特に際立って優れたところもなくありふれている」もしくは「使い古された表現や昔からある考え方なので面白みがなくつまらない」という意味になります。

「斬新」の使い方・例文②「彼の始めた斬新なビジネスは成功するに違いない」

この例文の場合は「独自で新しい着想や趣向をこらした優れた手法のビジネス」という意味合いとなり、「斬新」という語の持つ「独創的で新鮮」という意味が生きた使い方となっています。

関連タグ

アクセスランキング