IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご都合の意味/敬語表現・ビジネスシーンにおけるご都合の使い方

初回公開日:2017年12月06日

更新日:2020年11月19日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「ご都合」という言葉は、ビジネスシーンにといてどのように使えば良いのでしょうか。このページでは、「ご都合」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方、ビジネスシーンで使用する際の例文などをご紹介しています。参考にしてみて下さい。

意外と知らない!?「ご都合」の正しい意味・使い方

意外と知らない!?「ご都合」の正しい意味・使い方
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

「ご都合」という言葉は、日常生活でもビジネスシーンでも頻繁に聞いたり見たりする、大変便利な言葉です。一方で、多くの人がさまざまなシーンで使う言葉のため、「何となく使っている」「実は意味などが何となくしかわからない」という方も少なくないと予想できます。 今回は、そんな「ご都合」という言葉をピックアップし、「ご都合」の意味や使い方、敬語表現や例文などをご紹介していきます。ぜひこの機会に、「ご都合」という言葉と向き合ってみて下さい。

「ご都合」の意味

「ご都合」の意味
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

冒頭でも触れたように、「ご都合」という言葉は、さまざまなシーンで使用される言葉だからこそ、意味や使い方の理解が曖昧なままになっているという方も、少なくないと考えられます。そこでまずは、「ご都合」という言葉の基本的な意味について考えていきましょう。 そもそも、「都合」という言葉には、以下のような意味があると言われています。

何かをするときにほかの物事に影響を及ぼす事情。わけ。/ぐあいがよいか悪いかということ。/やりくりをすること。繰りあわせること。(副詞的に用いて)すべて合わせて。合計。

上記の解説から、「都合」という言葉には、さまざまな意味が存在すると読み取ることができます。その中でも、「ご都合」という言葉として使われる場合は、「ぐあいがよいか悪いかということ。」「やりくりをすること。繰りあわせること。」などの意味で使われるケースが多いと考えられます。

「ご都合」の「ご」について

上記では、「ご都合」の意味について、「都合」の意味を参考にして考察しました。しかし、今回のテーマは「ご都合」という言葉です。「都合」に「ご」を付け加えることで、意味やニュアンスがどのように異なるのか、考察していきましょう。 「ご都合」の意味について、以下のような解説が存在します。

名詞「都合」に、接頭辞「ご」がついたもの。

上記の解説によると、「ご都合」とは「都合」という言葉に、丁寧な表現である「ご」という接頭辞が付け加えられた言葉であると読み取れます。ですから、「ご都合」とは、「都合」という言葉をより丁寧な表現にした言葉だと言えるでしょう。

「ご都合」の敬語表現

「ご都合」の敬語表現
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

上記では、「ご都合」の基本的な意味について考察しました。続いては、ビジネスシーンなどで使用するなどの目的で敬語表現にしたい場合、どのように言い換えれば良いのか考察していきます。 上記でもご紹介したように、「ご都合」という言葉は、「都合」という言葉に丁寧な意味を持っている「ご」を付け加えた言葉だとされています。そのため、敬語表現に言い換えなくとも、「ご都合」の時点で丁寧な表現になっていると言えそうです。 しかし、大抵の場合は、「ご都合」という言葉を使う際は、その前後に何らかの文章があるものです。そのため、「ご都合」の前後の文章の言い回しによっても、「ご都合」が敬語になるかどうかは変わると言えるでしょう。ですから、「ご都合」を敬語として使いたい場合は、前後の文章を正しい敬語にするよう、意識することが大切です。

ご都合の英語表現

ご都合の英語表現
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

続いて、「ご都合」という言葉の英語表現についても考察していきます。近年は、社会全体のグローバル化が急速に進んでいるので、英語表現について覚えておくと、何かと便利でしょう。 「ご都合」の英語表現の1つとして、以下のような英訳が挙げられます。

関連タグ

アクセスランキング