IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご都合の意味/敬語表現・ビジネスシーンにおけるご都合の使い方

敬語

「ご都合」という言葉は、ビジネスシーンにといてどのように使えば良いのでしょうか。このページでは、「ご都合」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方、ビジネスシーンで使用する際の例文などをご紹介しています。参考にしてみて下さい。

更新日時:

意外と知らない!?「ご都合」の正しい意味・使い方

意外と知らない!?「ご都合」の正しい意味・使い方

「ご都合」という言葉は、日常生活でもビジネスシーンでも頻繁に聞いたり見たりする、大変便利な言葉です。一方で、多くの人がさまざまなシーンで使う言葉のため、「何となく使っている」「実は意味などが何となくしかわからない」という方も少なくないと予想できます。 今回は、そんな「ご都合」という言葉をピックアップし、「ご都合」の意味や使い方、敬語表現や例文などをご紹介していきます。ぜひこの機会に、「ご都合」という言葉と向き合ってみて下さい。

「ご都合」の意味

「ご都合」の意味

冒頭でも触れたように、「ご都合」という言葉は、さまざまなシーンで使用される言葉だからこそ、意味や使い方の理解が曖昧なままになっているという方も、少なくないと考えられます。そこでまずは、「ご都合」という言葉の基本的な意味について考えていきましょう。 そもそも、「都合」という言葉には、以下のような意味があると言われています。

何かをするときにほかの物事に影響を及ぼす事情。わけ。/ぐあいがよいか悪いかということ。/やりくりをすること。繰りあわせること。(副詞的に用いて)すべて合わせて。合計。

上記の解説から、「都合」という言葉には、さまざまな意味が存在すると読み取ることができます。その中でも、「ご都合」という言葉として使われる場合は、「ぐあいがよいか悪いかということ。」「やりくりをすること。繰りあわせること。」などの意味で使われるケースが多いと考えられます。

「ご都合」の「ご」について

上記では、「ご都合」の意味について、「都合」の意味を参考にして考察しました。しかし、今回のテーマは「ご都合」という言葉です。「都合」に「ご」を付け加えることで、意味やニュアンスがどのように異なるのか、考察していきましょう。 「ご都合」の意味について、以下のような解説が存在します。

名詞「都合」に、接頭辞「ご」がついたもの。

上記の解説によると、「ご都合」とは「都合」という言葉に、丁寧な表現である「ご」という接頭辞が付け加えられた言葉であると読み取れます。ですから、「ご都合」とは、「都合」という言葉をより丁寧な表現にした言葉だと言えるでしょう。

「ご都合」の敬語表現

「ご都合」の敬語表現

上記では、「ご都合」の基本的な意味について考察しました。続いては、ビジネスシーンなどで使用するなどの目的で敬語表現にしたい場合、どのように言い換えれば良いのか考察していきます。 上記でもご紹介したように、「ご都合」という言葉は、「都合」という言葉に丁寧な意味を持っている「ご」を付け加えた言葉だとされています。そのため、敬語表現に言い換えなくとも、「ご都合」の時点で丁寧な表現になっていると言えそうです。 しかし、大抵の場合は、「ご都合」という言葉を使う際は、その前後に何らかの文章があるものです。そのため、「ご都合」の前後の文章の言い回しによっても、「ご都合」が敬語になるかどうかは変わると言えるでしょう。ですから、「ご都合」を敬語として使いたい場合は、前後の文章を正しい敬語にするよう、意識することが大切です。

ご都合の英語表現

ご都合の英語表現

続いて、「ご都合」という言葉の英語表現についても考察していきます。近年は、社会全体のグローバル化が急速に進んでいるので、英語表現について覚えておくと、何かと便利でしょう。 「ご都合」の英語表現の1つとして、以下のような英訳が挙げられます。

「ご都合」という単語を英語で表現すると、上記でご紹介されている「convenience」という表現になると言われています。文章の内容や状況によっては、その他の英訳や英単語へと言い換えた方が良いケースもある可能性が考えられますが、一般的な「ご都合」の英訳の1つとして、「convenience」が挙げられると覚えておきましょう。

ビジネスシーンにおける「ご都合」の使い方

ビジネスシーンにおける「ご都合」の使い方

ここまで、「ご都合」という言葉の意味や敬語表現などを中心にご紹介してきましたが、ビジネスシーンではどのように使えば良いのかも、知っておきたいところです。 「ご都合」という言葉は、「都合」を丁寧な表現にしたものです。一般的に、自分の言動や自分のことに対しては、「お」や「ご」などの丁寧さを表現する言葉を付けることは少なく、むしろ謙譲語という謙った表現を使うケースが多いと言われています。そのため、「ご都合」は、自分の都合を述べる場合ではなく、相手の都合を述べる場合に使う言葉だと言えるでしょう。 具体的な使用例としては、相手の都合を尋ねる場合などが考えられます。「ご都合いかがでしょうか」といった言い回しをするケースも多く、仕事の日程などを決定する際に使われることが多い言い回しとなっています。

「ご都合」を伺うときの言い方

「ご都合」を伺うときの言い方

上記では、ビジネスシーンにおける「ご都合」という言葉の主な使い方についてご紹介しました。「ご都合」という言葉は、特に相手のスケジュールや予定、都合に対して使われることが多い言葉となっており、相手の日程や予定を尋ねる際に使用することが多い言葉でもあります。そこで続いては、「ご都合」を使った、相手の日程や予定を伺う際の言い回しをご紹介していきます。 ・○日のご都合はいかがでしょうか? ・面接は○日○時の日程を検討しておりますが、ご都合はよろしいでしょうか? ・ご都合のよろしい日時をお聞かせください。

「ご都合」の使い方・例文

「ご都合」の使い方・例文

続いては、「ご都合」という言葉の使い方を、例文を通してご紹介していきます。「ご都合」の使い方や言い回しのバリエーションを、例文をとおして見ていくことで、使い方を理解するヒントとなる可能性もあるでしょう。

「ご都合」の使い方・例文【1】:いかがでしょうか

「ご都合」を使った言い回しの中でも、特に頻繁に使われる言い回しが、「ご都合はいかがでしょうか」という言い回しです。ビジネスシーンでは、電話などの連絡を入れる時間帯やミーティングの日時、商談の予定など、さまざまな予定やスケジュールについて考えなくてはなりません。それらの予定やスケジュールは、場合によっては自分1人では決定できず、相手の都合や予定を考慮しなければならないこともあります。相手の都合や予定を尋ねる場合に、「ご都合はいかがでしょうか」という言い回しが使えると、何かと便利です。 ・○月○日のご都合はいかがでしょうか? ・会議は〇時開始を予定しておりますが、ご都合はいかがでしょうか? ・○日○時より、採用面接を予定しておりますが、ご都合はいかがでしょうか?

「ご都合」の使い方・例文【2】:ご都合のよろしい

相手の都合やスケジュールを尋ねる言い回しは、「ご都合はいかがでしょうか」以外にも存在します。その1つとして挙げられるのが、「ご都合のよろしい~」という言い回しです。「ご都合のよろしい~」という言い回しを使用した例文を何パターンかご紹介していくので、例文を参考に使い方について考えてみて下さい。 ・ご都合のよろしい日時が判明しましたら、ご連絡いただけますでしょうか? ・ご都合のよろしいお時間をお聞かせください。 ・ご都合のよろしい日時はございますでしょうか?

「ご都合」の類語

「ご都合」の類語

続いて、「ご都合」と同じ意味やニュアンスを持っている、類語や同義語をご紹介していきます。類語や同義語を覚えておくと、文章の内容や会話の流れに合わせて、「ご都合」から言い換えて使うことも可能になるので、いざという時に役立つ可能性があります。 ・ご予定 ・スケジュール ・お時間 ・お暇

「ご都合」を上手く使って相手の予定を尋ねよう

「ご都合」を上手く使って相手の予定を尋ねよう

いかがでしたでしょうか。今回は、「ご都合」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方、ビジネスシーンでの使用方法や例文などをご紹介しました。 「ご都合」という言葉は、日常生活やビジネスシーンで頻繁に耳にする言葉です。だからこそ、意味や使い方の理解が曖昧なままでいるという方もいらっしゃるでしょう。 しかし、「ご都合」という言葉を正しく理解できれば、ビジネスシーンで相手に予定や日程を尋ねたり、スケジュールを確認したりする際の言い回しのバリエーションが大幅に増え、会話がスムーズに進む可能性があります。ですから、ぜひこの機会に、「ご都合」という言葉と向き合い、自分の言葉として使えるようにしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング