IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスのお礼メールの書き方と例文|返信・件名/締め・社内

初回公開日:2017年12月05日

更新日:2017年12月05日

記載されている内容は2017年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

皆さん、ビジネス上の「お礼メール」を送ったことがありますか。ビジネス上のお礼メールは、面接やインターンシップ、打ち合わせやお食事会などの後に送るメールです。このお礼メールとはどのように書けば良いのでしょうか。お礼メールの書き方や文例をご紹介します。

上司へのお礼メールでは、最も気を付けるべき点は言葉遣いです。例えば、以下のような文があるとします。「部長が作成した資料の着眼点が素晴らしく、感心いたしました。」これは、敬語を使っているようで、上から目線の良くない文章です。 目下の者が着眼点が素晴らしいと言っているのもよくないですし、感心するという言い方もダメです。上司へお礼メールする場合は、以下のように書きます。「部長の作成した資料は大変勉強になりました。お手本にします。」

お礼の相手別注意点;社外

社外の人宛へのメールの場合は、誰宛のメールかをしっかりと書くようにし、また、どんな内容についてのお礼なのかをはっきりと書きましょう。また、今後の課題や次の機会につながるような文を書くようにします。

お礼の相手別注意点;友達

友達へのお礼メールでは、時候の挨拶なども入れつつ、カジュアルな内容で、ちょっと親近感の湧くような内容にすると良いでしょう。

お礼の相手別注意点;先生

先生に対するお礼メールでも、しっかりとしたお礼をしましょう。時候の挨拶も入れつつ、相手を気遣う箇所もしっかりと入れて書きます。

お礼メールが遅れたときの注意点

前述にありますように、お礼メールはできるだけ早く送るべきものですが、もしお礼メールを送るのに遅れてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。もし、お礼メールを送るのが遅れてしまったという場合でも、言い訳をダラダラと入れたりはしない方が良いです。 ただし、そんなときにはお礼メールに使うフレーズに工夫が必要です。そんな場合には、最初の挨拶の後に、以下の一文を入れましょう。 ・「ご連絡が遅くなってしまい、誠に申し訳ございません。」 その他の文章は、通常のお礼メールと同じになります。

お礼メールを使いこなして、デキる社会人になりましょう

いかがでしたか。ビジネスマンにとって、お礼メールは、面接やインターンシップのときはもちろん、会社訪問や打ち合わせ、飲み会などでも必要なマナーです。 ちょっとした気遣いのように考えられがちですが、お礼メールをきちんと送ることで、取引先や周囲からも信頼を得やすくなる可能性があります。お礼メールを送る場合の注意点やマナーをしっかりと覚えて、デキる社会人となっていただきたいです。

関連タグ

アクセスランキング