IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスのお礼メールの書き方と例文|返信・件名/締め・社内

メール

皆さん、ビジネス上の「お礼メール」を送ったことがありますか。ビジネス上のお礼メールは、面接やインターンシップ、打ち合わせやお食事会などの後に送るメールです。このお礼メールとはどのように書けば良いのでしょうか。お礼メールの書き方や文例をご紹介します。

更新日時:

ビジネスでのお礼メールの書き方と例文

ビジネスでのお礼メールの書き方と例文

ビジネスにおいて、お礼メールの良し悪しは仕事ができるか否かに結び付くほど重要です。失礼のない内容であることはもちろんですが、相手への良い印象を与えることができるメールを書けるかがビジネスの成功につながっていく可能性があるからです。 ビジネスシーンにおいて、相手との円滑な関係を作る際に欠かせないのがお礼メールです。ここでは、ビジネスでのお礼メールの書き方と例文をご紹介します。

ビジネスでのお礼メール;件名・タイトル

ビジネス上のお礼メールでは、件名にも気を配りましょう。件名だけでどんな要件のメールなのかがすぐに相手に伝わるようにします。また、件名内に(○○株式会社 ○○部 名前)など自分の名前を書くようにすると一目見ただけで誰からのメールか判断できるためおすすめです。 また、件名はできるだけ簡潔にしましょう。短めにしないと題名のみの受信メール一覧で上記の内容が判断できないからです。ビジネス上のお礼メールの件名は、内容を簡潔に、また自分の名前も入れることが基本です。

ビジネスでのお礼メール;締め・結び

ビジネスメールでのお礼の結び方は、例えば以下のようになります。 ・「まずはお礼かたがたご挨拶まで」 ・「まずは受け取りの確認とお礼まで」 ・「取り急ぎお礼まで」 ビジネス上のお礼メールでは、締めや結びの言葉でもしっかりとお礼の言葉で締めましょう。ただし、本文中に幾度もお礼を連発している場合は、クドイと思われるので、その場合はほどほどにしておきましょう。

ビジネスでのお礼メール;連盟

ビジネスメールでお礼をする場合に、相手先が複数人だった場合は連名で送るのではなく、一人一人全員の名前を書きます。会社名が同じ場合は、会社名は一つでかまいませんが、担当者が複数人いる場合などは、全ての人の名前を書きます。また、その場合は、役職順に並べなければなりません。 (例)株式会社○○○○ 佐藤様、菊池様、後藤様

ビジネスでのお礼メール;テンプレート

実際にお礼メールを書く場合に便利なテンプレートをご紹介します。さまざまなシーン毎にありますので、用途別に使ってみてはいかがでしょうか。

お礼の目的別の書き方と注意点

ビジネス上のお礼メールは、飲み会や食事会、商談後などに送りますが、送るタイミングとしては、できるだけ早く送ることがベストです。 例えば、午前中の商談や打ち合わせであれば、当日夕方までには送るべきですし、午後の打ち合わせ、お昼の食事会などの場合は、翌日午前中までには送ると良いでしょう。ここでは、シーン別のお礼メールの書き方や注意点、例文をご紹介します。

お礼メールの注意点

ビジネス上のお食事会や商談、飲み会、研修などの後にお礼メールを書く場合の注意点をご紹介します。 1.お礼メールはできるだけ早く書く 2.まずは、件名とお礼を書く 3.取引相手先の会社を「貴社」と表記する(話言葉では「御社」) 4.自身の連絡先を必ず表記する

お礼の目的別書き方と例文;食事

会食の御礼では、会食に招いていただいたことの御礼と一緒の時間を過ごせることができたことの御礼を入れます。 (例文)「いつもお世話になっております。株式会社○○の●●です。昨日は、お食事会にお招きいただき誠にありがとうございました。美味しいお食事と共に△△様と貴重なお時間を過ごすことができたこと、心から御礼申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。」

お礼の目的別書き方と文例;訪問

会社訪問の後の御礼には、訪問に対するお礼を最初に入れます。例文を以下にご紹介します。 (例文)「いつもお世話になっております。株式会社××の○○です。さて、この度、貴社訪問の際には、大変お世話になり、誠に有難うございました。おかげ様で、十分なリサーチができ目的を達成できました。心より感謝申し上げます。これを機会にいままで以上のお引き立てとご指導のほど、よろしくお願いいたします。」

お礼の目的別書き方と文例;面接

メールの場合は、できるだけ早く送ることが大切です。できるだけ当日中に、遅くとも面接翌日までには送るようにしましょう。 (例文)「株式会社○○ 人事部●●様 △△と申します。本日はご多忙の中、面接の機会を賜り、まことに有難うございました。●●様のお話を伺い、貴社の経営方針を深く理解し、より強く貴社で仕事がしたいという意欲が強くなりました。末筆ながら、面接の御礼を申し上げますとともに、貴社の益々のご発展をお祈りいたします。」

お礼の目的別書き方と文例;飲み会

社内での飲み会でも、上司から誘われて参加した場合には、そのお礼メールを送りましょう。 (例文) 「件名:昨日の食事会_●●  △△部〇〇部長 ○○部長、お疲れ様です。●●です。昨日は、お食事会に誘っていただき、ありがとうございました。初めていただく馬肉料理に感動いたしました。また、ごちそうになってしまい恐縮です。本当にありがとうございました。 また、○○部長からのお話を伺うことができ大変参考になりました。まだまだ未熟な自分ですが、一日も早く仕事でお役に立てるように努力いたします。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。」

お礼の目的別書き方と文例;打ち合せ

打ち合わせ後のお礼メールでは、打ち合わせ内容についての感想やお礼を入れたり、何か質問等あったら連絡して欲しい旨を書き、連絡先を必ず書くようにします。 (例文) 「件名:××の打ち合わせの御礼  ○○株式会社 △△様 いつもお世話になっております。□□株式会社の●●です。本日はお忙しい中、貴重なお時間をとっていただき、ありがとうございました。弊社が提案させていただいた○○の件につきましてのご意見をいただき、大変参考になりました。 もし、追加のご要望等ございましたら、●●までお知らせください。メールにて恐縮ですが、まずは取り急ぎお礼かたがたご報告まで。どうぞ、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。」

お礼の目的別書き方と文例;研修

研修の御礼メールについても、飽くまでビジネスとしての御礼ですので、研修後できるだけ早めに書くようにしましょう。 (例文)「〇〇株式会社 御中 前略、本日は△△セミナーに参加させていただき誠にありがとうございました。講師の方の解説もわかりやすく、実践的でとても勉強になりました。今後、この講義を生かしていきたいと考えています。 また、次回のセミナーにも参加させていただきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。まずは書中をもちまして、御礼かたがた申し上げます。 草々」

お礼の相手別の注意点

お礼メールと一口に言っても、送る相手によって注意する点が異なります。ここでは、メールを送る先によって、どんな点に注意すべきかをご説明します。

お礼の相手別の注意点;社内

社内メールでお礼メールを書く場合には、最初に「お疲れ様です」という挨拶を入れます。時効の挨拶や改まったものは省きます。

お礼の相手別の注意点;上司

上司へのお礼メールでは、最も気を付けるべき点は言葉遣いです。例えば、以下のような文があるとします。「部長が作成した資料の着眼点が素晴らしく、感心いたしました。」これは、敬語を使っているようで、上から目線の良くない文章です。 目下の者が着眼点が素晴らしいと言っているのもよくないですし、感心するという言い方もダメです。上司へお礼メールする場合は、以下のように書きます。「部長の作成した資料は大変勉強になりました。お手本にします。」

お礼の相手別注意点;社外

社外の人宛へのメールの場合は、誰宛のメールかをしっかりと書くようにし、また、どんな内容についてのお礼なのかをはっきりと書きましょう。また、今後の課題や次の機会につながるような文を書くようにします。

お礼の相手別注意点;友達

友達へのお礼メールでは、時候の挨拶なども入れつつ、カジュアルな内容で、ちょっと親近感の湧くような内容にすると良いでしょう。

お礼の相手別注意点;先生

先生に対するお礼メールでも、しっかりとしたお礼をしましょう。時候の挨拶も入れつつ、相手を気遣う箇所もしっかりと入れて書きます。

お礼メールが遅れたときの注意点

前述にありますように、お礼メールはできるだけ早く送るべきものですが、もしお礼メールを送るのに遅れてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。もし、お礼メールを送るのが遅れてしまったという場合でも、言い訳をダラダラと入れたりはしない方が良いです。 ただし、そんなときにはお礼メールに使うフレーズに工夫が必要です。そんな場合には、最初の挨拶の後に、以下の一文を入れましょう。 ・「ご連絡が遅くなってしまい、誠に申し訳ございません。」 その他の文章は、通常のお礼メールと同じになります。

お礼メールを使いこなして、デキる社会人になりましょう

いかがでしたか。ビジネスマンにとって、お礼メールは、面接やインターンシップのときはもちろん、会社訪問や打ち合わせ、飲み会などでも必要なマナーです。 ちょっとした気遣いのように考えられがちですが、お礼メールをきちんと送ることで、取引先や周囲からも信頼を得やすくなる可能性があります。お礼メールを送る場合の注意点やマナーをしっかりと覚えて、デキる社会人となっていただきたいです。

関連タグ

アクセスランキング