IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスにおける頂くと戴くの使い方例文|公用文/ビジネス文書

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

いただく、という言葉には、頭の上に載せる、またへりくだって相手を立てる時に使う謙譲語としての意味、行動を丁寧にいう場合の他に、動詞と組み合わせて使う補助動詞の役割など様々な使い方があります。そこで今回は「いただく」の使い分けについてご紹介します。

賞は会社や学校など、所属しているところ、つまり上の立場の人から受けるものです。そのため、この場合の「いただく」は「戴く」がふさわしいといえます。「頂く」はもらうといった印象が強いためです。 「戴く」という漢字には、固い印象、丁寧で品位品格があるイメージが含まれていますので、賞の他に景品などをもらった場合にも「戴く」とするのが通例です。

物をもらった時には、「頂く」が通例ですが、高級な物や、なかなか手に入らない物などをもらった時には、「戴く」としたほうがより丁寧です。ただし大げさな表現とも取られますので、通常は「頂く」として問題ありません。 相手に合わせ、感謝の気持ちをより強く伝えるために、「戴く」としても問題ありませんが、一般的には物のやり取りの場合には「頂く」としましょう。

いただくを上手に使い分けて印象をアップしよう

いただくという言葉には、色々な意味があり、丁寧な言葉の表現ですが間違った使い方をしている人も少なくありません。またひらがなで書くか、漢字で書くかについても、迷ってしまうことも多くある表現です。 「戴く」という漢字は、常用漢字ではありませんので、ニュースや新聞などでは見かけることの少ない表現ですが、相手への敬意を示す言葉として、また丁寧な言葉として使っても問題ありません。 ただし補助動詞として使う際には、ひらがなで書くというルールがありますので、これらの表現を使う場合には、声に出して読み、またそれぞれの立場に立った時に不自然でないかをよく考えて、使い分けるようにしましょう。

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング