IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスにおける頂くと戴くの使い方例文|公用文/ビジネス文書

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

いただく、という言葉には、頭の上に載せる、またへりくだって相手を立てる時に使う謙譲語としての意味、行動を丁寧にいう場合の他に、動詞と組み合わせて使う補助動詞の役割など様々な使い方があります。そこで今回は「いただく」の使い分けについてご紹介します。

公用文

公用文では、常用漢字を使うのが決まりとなっているため、基本的に「頂く」もしくは「いただく」を使用します。使い方としては、「お土産を頂く」というように物に対しては漢字を、「来ていただく」のように動詞につける場合はひらがなと使い分けます。

ビジネス文書

ビジネス文書では、「頂く」「戴く」「いただく」をどれも使用します。 ・頂く 先日頂いた書類につきまして ・戴く この度優秀賞を戴きました ・いただく ご足労いただく 物をいただいた場合には、相手の感謝の念を込めて「戴く」を使うと丁寧な表現となります。

メール

メールの場合は、変換の機能で出てしまった漢字をそのまま使用してしまいがちですが、ビジネス文書と同じように使い分けるようにします。 ただし丁寧語として「いただく」を使わないように注意しましょう。例えば「この度はわざわざお越しいただき」という使い方は間違いです。この場合は、「この度はわざわざお越しくださいまして」となります。 ただし「いただく」は間接的に相手を敬う形であり、全くの間違いというわけではありません。それでも直接的に相手を敬う形である「くださいまして」の方を使うようにしましょう。

お金

お金は通常は労働の対価として受け取る物ですから、「頂く」とするのが通例ですが、目上の人などから、会社のイベントや忘年会などで、お金を渡してもらった時には「戴く」もしくは「頂戴する」とすることで、相手を敬う形になります。

休み

休みを取る場合に、「お休みさせていただきます」とするのは、間違った表現となります。「させていただく」というのは、相手から許可を取っている場合や、指示を受けた場合に使う表現となるからです。この場合は会社や学校に許可を頂く意味で、「休みを頂きます」とするのが正しい使い方になります。

連絡

相手から連絡をもらった場合、それを文書で使う場合には、「頂戴する」と言い換えられるかどうかで「頂く」と書くか「いただく」と書くか判断します。 ・ご連絡頂いた件→ご連絡頂戴した件となりおかしいので、ひらがなで書く ・ご連絡して頂く→ご連絡して頂戴するとなりおかしいので、ひらがなで書く ・ご連絡を頂く→ご連絡頂戴する、となるので、この場合のみ漢字で「頂く」と書く

頂くと戴くの使い方例文

言葉にする場合は同じ「いただく」ですが、お礼状などを書く時には、使い分けが必要です。普段の生活でも必要となる書き分けについて、ご紹介します。

食べる

食べるということは行為なので、いただくという言葉を使いますが、「名物をいただく」といった使い方をする人もいます。ただこれは謙譲語ですので、相手がいて、自分がへりくだる場合にしか使いませんので、こういった使い方は正しくありません。 そのため、目上の人からごちそうになっている場合には自分が「いただく」立場になりますが、目上の方に対しては「召し上がる」「お食べになる」といった表現を使います。

食べ物

食べ物を「いただく」という表現は、目上の人からお土産やお裾分けをもらった場合に「頂く」もしくは「戴く」という表現を使います。自分自身の行動で「友達にもらったみかんをいただきます」といった使い方は誤りとなります。

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング