IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「いたしました」の使い方や注意点|履歴書/メール・違い

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

ビジネスシーンでよく聞く「いたしました」という表現ですが、なんとなく語尾を変えればいいと思っている人も多いのではないでしょうか。実は「いたしました」を使わないほうがいいシーンや注意すべきポイントがあります。そんな「いたしました」についてご紹介します。

「いたしました」正しく使えていますか?

ビジネスシーンでは日常的において、「しました」「~しました」という意味で「いたしました」という言葉を頻繁に耳にします。新入社員時の研修などでは、必ずと言ってよいほど敬語の勉強の時間が設けられていますし、周りの人が使っているのでなんとなくの敬語を使ってしまってはいませんか。 「いたしました」は単体だけではなく、「お願いたします」のように動詞に付属して「○○いたしました」と補助動詞としても使われ大変使用頻度の語句です。ぜひ基本としてしっかりとマスターしておきたい言い回しです。 今回は「いたしました」の使い方や使い分け、例文や「致しました」と「いたしました」違いなどの注意点も含めご紹介します。正しく理解し「いたしました」を使いこなして、ワンランク上のビジネスパーソンを目指しましょう。

「いたしました」の使い方や注意点

「いたしました」の意味

敬語には相手を持ち上げる「尊敬語」、自分の行動をへりくだって言う「謙譲語」、ただ丁寧に言う「丁寧語」があり、「いたします」「いたす」は「する」の謙譲語にあたります。自分や自分側の人間(社内の人間や家族など)の行動を言う時の言葉です。 また、「する」の尊敬語は「なさる」もしくは「される」で、これら尊敬語で質問や投げかけをされた場合は謙譲語である「いたす」「いたします」に変換して返答することが規則です。

「いたしました」の使い方

メール

「いたします」の使い方としては基本的なルールに則って行えばメールであっても問題ありませんが数点気を付けていただきたい点がございます。 まずメールでは当然ながら文字上のやりとりとなりますため、のちにご説明します「いたします」と「致します」の使い分けを意識的に行ってください。 また日本語の文章マナーでは、同じ表現の語句や語尾を重ねて何度も使うことは美しくなく、文章としても非常に読みにくくなるため避けるのが作法とされています。相手との立場やシチュエーションなどに合わせてうまく組み合わせて、違う表現をバランスよく用いるようにしてください。 【例】 ・「資料をご用意いたしましたので、ご連絡いたしました」 →「資料のご用意が整いましたので、ご連絡いたしました」 ・「先日の件○○で手配いたしましたので、よろしくお願いいたします。」 →「先日の件○○で手配いたしましたので、よろしくお願い申し上げます」

電話

電話においても基本ルールは変わりません。文章とは違って「いたしました」を多用してもビジネスシーンでの電話であればなんら違和感もありませんし、ビジネスパーソンとして相手にしっかりとした印象を与えることもできますので積極的に使用してよいでしょう。 通常目上の相手や取引先などの社外の人、上司に対しては「いたします」を使用するのが好ましいですが、相手が近しい存在である場合(懇意にしている年の近い取引先、直属の上司など普段の距離が近くフランクな関係の相手)は、「いたしました」ですと少々堅苦しい印象を与えるため相手と内容によっては「~しました」や「~しておきました」なども混ぜても良いでしょう。

履歴書

履歴書の志望動機の欄で、最後の締めの文に悩む人も少なくないでしょう。企業研究や業界分析が完璧でも、敬語を間違うとそれだけで「残念な志望動機」になってしまいかねません。「志望いたしました」「志望しました」「志望させていただきました」の3つが多く使われています。 「志望いたしました」「志望しました」は言い方の問題ですのでどちらを選んでも間違いではありません。「いたしました」で締めくくったほうがより丁寧に聞こえますが、前の文によっては「○○いたしましたので○○いたしました」のように連続にならないように「しました」を選ぶなどしましょう。 「志望させていただきました」の「~させていただきました」はよく間違った敬語として話題になりますが、「させていただきました」自体は間違った言い回しではありません。しかし志望や応募では「それによって恩恵を受ける」とは言い切れないため、あまり適切とはいえません。

「いたしました」と類似表現の違いや使い分け

「いたしました」と「致しました」の違い

「~いたしました」「~致しました」どちらもビジネスシーンでよく見かける表現です。しかし一部では「致しました」は間違った表現であると考える人もいて、実際のところは人によって判断が異なっている言い回しです。 「致」という字は、常用漢字ですので「致しました」としても間違いではないのですが、漢字かひらがなかは、その意味やシチュエーションによって好ましいものとそうでないものがあります。

「いたしました」

主に「謙譲」の意味を表す場合にはひらがなで表記するのが正しいとされています。補助動詞として用いる場合はすべてひらがなとなります。 【例】 ・「よろしくお願いいたします」 ・「こちらからご連絡いたします」 ・「先日ご依頼いただきました件、資料をお送りいたします」

初回公開日:2017年12月12日

記載されている内容は2017年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング