IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レセプションの意味・使い方や例文|ホテル/美容室/結婚式・違い

初回公開日:2017年12月08日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「レセプション」という言葉を聞いて、なにが思い浮かびますか。思い浮かぶものは、人によって違うでしょう。なぜなら「レセプション」には、さまざま意味があり、色々な場所で使われているからです。そこで「レセプション」の意味を順番にみていきながら、使い方を覚えましょう。

「レセプション」の意味とは?

「レセプション」の意味とは?
※画像はイメージです
出典: Dictionary - Free pictures on Pixabay

「レセプション」には、大きく分けると、(会社やホテルなど)の「受付」という意味と、「宴会」という意味の2つがあります。他にも使い方はありますが、主にこの2つの意味で使われる事が多いです。 ではこれから「受付」「宴会」で使われる「レセプション」の意味と、他の場面で使われる「レセプション」の意味を順番に紹介していきます。

「受付」の意味で使う「レセプション」

「受付」の意味で使われる「レセプション」は、いろいろな場所にあります。1つ例をあげると、大きな会社では、建物に入ってすぐ「レセプション」がある場合が多いです。訪問する人は、まず「レセプション」に立ち寄ります。そして「レセプション」から自分の行きたい場所へと案内されます。 このように、入口を入ってすぐに目かける、要件を聞いてもらう場所を「レセプション」と言います。 では、たくさんある「レセプション」の中から、多くの人が利用する「レセプション」について紹介していきます。

美容院の「レセプション」

多くの人は、美容院で「レセプション」という言葉を聞いたことがあるでしょう。ほとんどの美容院では、入口を入るとすぐにカウンターがあります。そこが美容院の「レセプション」です。 美容院によって呼び方はさまざまで、そのまま「受付」と呼ぶこともあります。また「レセプション」を担当している人を「レセプショニスト」と呼びます。 美容院によっては、見習いの美容師さんが、シャンプーやブローなどの仕事をしながら「レセプション」を担当している場合もあります。しかし最近では、多くの美容院で「レセプション」の仕事を専門に担当する「レセプショニスト」がいます。 では、美容院の「レセプショニスト」の仕事を少し紹介しておきます。 「レセプショニスト」の主な仕事は、電話対応・予約管理・お客さんの出迎えや見送りなどです。また顧客管理やその他の事務的な仕事も、「レセプショニスト」が担当していることが多いそうです。

病院の「レセプション」

病院の「受付」もまた、美容院と同じように「レセプション」と言います。病院では、「レセプション」より「受付」の方が聞き慣れている人が多いでしょう。 しかし最近では、海外からの移住者や観光客も増えているため、「受付」の表記の横に「Reception」と英語で書かれていることも多くあるので、覚えておきましょう。病院の「レセプション」で働く人もまた「レセプショニスト」と呼びます。

ホテルの「レセプション」

ホテルで使われている「レセプション」は、聞き慣れている人が多いでしょう。ほとんどのホテルでは、入口を入ってすぐに宿泊のチェックインなどをするカウンターがあります。そこがホテルの「レセプション」です。 他にも「レセプションデスク」と呼ばれることがあります。美容院や病院と同じで、そこで働く人のことを「レセプショニスト」と言います。 ホテルの「レセプショニスト」の主な仕事は、電話対応・チェックイン・チェックアウトの対応や予約管理・顧客管理などです。

「レセプション」の違う言い方

「受付」の意味で使われる「レセプション」は、他にも「フロント」と呼ばれることがあります。とくにホテルなどでは「レセプション」「レセプションデスク」のことを「フロント」や「フロントデスク」と呼ぶ場合も多いです。どちらも正しいので、両方覚えておきましょう。

「宴会」の意味で使う「レセプション」

「宴会」の意味で使われる「レセプション」は、「何かを目的として人が集まり、それと一緒に食事も楽しむ会」のことです。ではもっと簡単に説明していきます。 代表的な「レセプション」は、結婚披露宴です。結婚披露宴は「新郎新婦が、家族や知人を招待して結婚報告をするため、または招待客が、新郎新婦の結婚を祝うために集まり、それと一緒に食事を楽しむ会」です。 このように催し物に食事がついてくる会を「レセプション」と言うことが多いです。「レセプション」では食事が用意されますが、あくまでも食事はオマケで、催し物が1番の目的だと言って良いでしょう。 結婚披露宴は「ウェディングレセプション」と呼ぶこともあります。

ホテルで使う「レセプション」の意味

関連タグ

アクセスランキング