IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ノウハウの意味や使い方・例文・違いや使い分け|スキル/ナレッジ

初回公開日:2017年12月09日

更新日:2020年06月30日

記載されている内容は2017年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

ノウハウの使い方や使い方そして、ノウハウに似た言葉の意味を紹介しています。ノウハウを使った例文も紹介し間違った使い方をしないようにしています。ノウハウを使った仕事を紹介しているので自分のノウハウを使いたいという人にも参考になるでしょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ノウハウの意味や使い方

ノウハウという言葉をよく耳にする機会が増えています。ノウハウは知的財産という意味にあたります。ノウハウの意味を簡単にすると、知識や技術です。 ノウハウを教えてくれるセミナーや情報商材など、インターネットの普及に伴いどんどんノウハウという言葉が使われるようになりました。 ノウハウは、あなたの中にある知識でもノウハウということができます。自分の知識と経験を合わせればあなたにもノウハウが作れるでしょう。 ノウハウは知識や技術という意味を持っている言葉のため、困っている人に「私の知識を教えましょう。」というときに「私のノウハウを教えましょう。」というようなスマートな言い方にすることができます。

ノウハウを使った例文

ノウハウの使い方で例文をいくつか紹介します。ノウハウの意味が知識や経験ということを理解してもらうことで話がわかりやすくなるでしょう。 ノウハウを間違った使い方をしないために、例文を参考にしてください。ノウハウという言葉はこれから広く使われることになるので、今のうちに習得することがいいでしょう。 ノウハウという言葉を使うと、知識というよりもすごい物があるという印象を相手に与えることができます。そして、今使われている言葉なので親近感もわくでしょう。

仕事編

仕事でノウハウという言葉を多く聞く機会があるので、ここでは仕事のときに使う例文を紹介します。例として、仕事で部下に教える場面を挙げます。 部下が「先輩が培ってきた営業のノウハウを教えてください。」と言われたときに、上司が「何年もかけて培ったノウハウは、そう簡単に教えられない。」という場面です。 ノウハウは知識や経験という意味を持っているため、このような使い方ができます。知識や経験を知りたいときにノウハウという言葉を使うことで、周りからできる人だと認識されることでしょう。 講演のときには、なおさら使うことでしょう。特に、自己管理技術や時間管理術といった情報を教える、自己啓発の場面では使う頻度が増加しています。

ノウハウとの意味の違いや使い分け

ノウハウという言葉と似たような意味の言葉がいくつかあります。その言葉を間違って使わないよう、これからノウハウと比較して紹介していきます。 ノウハウと比較するのは、スキル・テクニック・ナレッジ・ハウツー・マニュアルです。比較することで、状況に応じてどの言葉を使えばよいのかを見極められるようになりましょう。 今後はノウハウということばをより多く使う場面が増えるため、正しい使い方を身に着けることが重要になってきます。ノウハウを使いこなせる人になりましょう。

スキルの意味

スキルとノウハウにはどのような違いがあるのでしょう。スキルの意味は技術です。そしてノウハウの意味は知識です。 この2つの意味が理解できますか。スキルの意味が技術ということは、あなた自身が持っている物です。例えば、車を運転することも技術です。小学生の頃には自転車に乗るという技術を身に着けたのではないでしょうか。 しかし、ノウハウだけでは車を運転することができません。ましてや自転車に乗ることもできません。ノウハウの意味は、車の運転の仕方や自転車の乗り方を知っているということになるのです。

テクニックの意味

テクニックの意味もスキルと同じように技術です。テクニックは経験と技術が合わさったものです。テクニックは、スキルを上手く使う方法で経験を積むとテクニックがつきます。 ノウハウは知識なので勉強をすれば身に着きます。しかし、テクニックは実際に行うことで身に着きます。 時間をかけて訓練することでテクニックを身に着けることができます。ノウハウでテクニックを学び、今以上のテクニックを身に着けるようにしましょう。

ナレッジの意味

ナレッジの意味は知識ですが、ノウハウと違う意味の知識です。この違いは分かりにくいのですが、これから説明していきます。 ナレッジの意味とは、机の上で学べる知識のことです。資格試験がこの例にあたります。資格試験を通ったとしても実際に使えるかはわかりません。 ノウハウとは実際に使える知識のことをいいます。自分でも使えるようになっている知識をいいます。今ある知識や経験を活かして、より良いものへと改良することでできたものがノウハウです。

ハウツーの意味

ハウツーの意味とノウハウの意味の違いについて紹介します。ハウツーの意味は誰でも同じ結果がでる知識のことです。 誰でも同じような結果が出る知識なので秀でたことはないということです。成功を求めるのであればハウツーでは難しいということになるでしょう。 一方でノウハウは、誰でも同じ結果を出すことはできません。ノウハウを使用しても、誰でも結果が出せるわけではなく、成功を手に入れるために学ぶべき知識です。成功をするときはハウツーからノウハウへと変換することが大切です。

マニュアルの意味

ノウハウの意味とマニュアルの意味の違いについて紹介します。マニュアルというのは、仕事や機械の使い方などの手順書です。マニュアルの意味とノウハウの意味は似ています。しかし、マニュアルはノウハウと違います。 マニュアルの意味は手順です。手順通りに進めることで、正しい方法で作業をこなすことができます。マニュアルは誰もが作業をできるようにしたものです。 ノウハウは誰もができる情報を載せてありますが、ノウハウを持っている人からの指導が必要になります。ノウハウを使いこなすためには、ノウハウを教えてくれる人の力がとても重要になるでしょう。

ノウハウを使った仕事

ノウハウという言葉の意味と使い方を学んだところで、それを使ってみませんか。ノウハウという言葉をよく使う仕事を紹介します。 例として挙げられるのは、講演会で話をしているスピーカーです。スピーカーはゲストに話す内容について学び、実践をしています。 もちろん、講演会に参加する側もノウハウを学びに行きます。ノウハウを学ぶ人も、ノウハウを使う人といえるでしょう。

スピーカー

スピーカーという仕事はご存知ですか。講演で話す人のことを言います。講演で話してくれる人をスピーカーと言います。 スピーカーの簡単な意味は、「話す人」です。スピーカーは自分のノウハウを相手に伝え、相手の悩みを解決し幸せにするためにしています。 スピーカーはノウハウの内容にも追及していますが、話し方も追及しています。相手にどのように話せば伝わるのかを意識して話しています。ノウハウを大勢の人に、伝えることがスピーカーの仕事です。

ネットビジネス

ネットビジネスは、情報商材を紹介するビジネスです。情報商材とはノウハウが詰まった教材のことです。そのため、情報商材には当たり外れがあるため見極めることが大切です。 ネットビジネスはほとんど初期費用が必要ないので、簡単に始められます。ネットビジネスはやり方がいろいろあるので、誰に教えてもらうかが重要になるでしょう。 住宅でできるので、ネットビジネスをするときはパソコンがあれば始めることができます。興味のある人は、ぜひ調べてみてください。

あなたなりのノウハウを構築しよう!

ノウハウの使い方はわかりましたか。ノウハウの使い方がわかった人は、今日から早速使ってみましょう。ノウハウという言葉を使うことで自然とノウハウを使えることができ、違和感を感じないようになります。 ノウハウをよく使う仕事も紹介しました。ノウハウを仕事にする場合は、勉強が必要です。相手に伝える技術も相手に伝わる技術も、勉強することで身に着けることができるでしょう。 学校でする勉強は決められたことをこなす勉強でしたが、あなたがこれから勉強することはあなたが選んだ勉強なので、辞めるのも続けるのもあなた次第です。前向きに取り組むことで、あなたなりのノウハウができることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング