IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリア別スマホの選び方|ドコモ/au・格安スマホの選び方

更新日:2020年08月28日

ガジェット

スマホは種類も豊富で迷ってしまうでしょう。スマホ初心者さんにはどんなスマホが向いているかチェックしてみましょう。後悔しないスマホを選ぶ方法、格安スマホの選び方、スペック別スマホ、2013@年から2017年発売スマホ、各オプションと詳しく紹介します。

初心者向けスマホの選び方

最近だとスマホを持っている人がかなり多くなっており、普段の生活の中でももはや無ければならない物の一つに含まれています。その理由としてはスマホがあるだけでほとんどの事を手軽に検索する事ができて、ちゃんとした答えを簡単に探し出せるからです。だから現代の人にとってはスマホは本当に大事な物で、そう簡単には手放せなくなっています。 そうは言っても、携帯電話に関する知識が全く無い初心者からすると、スマホの事は全く分からず実際に購入する時の選び方も迷ってきます。それはやはり何も予備知識が無い状態でスマホを見たとしても、適当な選び方をできないからです。 そこで今回は初心者向けのスマホの選び方を見ていきたいです。

アンドロイド

初心者向けスマホの選び方の1つ目はアンドロイドにする事です。なぜならアンドロイドは初心者でも簡単に扱う事ができる上に、画面が大きくて非常に見やすいからです。 他のスマホを見ると割と画面が小さい物が多いけれど、アンドロイドの場合は他に比べれば大きいため画像や動画も閲覧しやすい利点があります。特にアンドロイドは初心者にとって良い物になり得るから、少しでも興味や関心があるならば手に取ってみると良いです。

価格

初心者向けスマホの選び方の2つ目は価格を参考にする事です。 スマホを契約する時にはかなりのお金が必要になってきて、普段の生活の中でも負担が大きくなる可能性もあるからスマホの価格はどれぐらいかをしっかりと見ておく必要性があります。実際に最初の内は価格を基準にしてどのスマホにするかを考えても良いため、できる限り自分自身にとって適切なスマホを選ぶべきです。

キャリア別スマホの選び方

スマホにもさまざまなキャリアが存在しているから、その事もちゃんと考慮に入れなければいけないです。それはやはりそれぞれのキャリアで特徴が違っていて、使い方にも幅が出ているためです。 だから自分に合っているスマホもあれば、全く合っていないスマホもあるから安易に決めない方が良いです。その際にキャリア別の特徴を参考にするようにして、どれが最も活用する事ができるかを判断すると適当です。

ドコモ

キャリア別スマホの選び方の1つ目はドコモです。ドコモはできる限りの安い価格を提供していて、非常に経済面に優しいです。実際に多くの人がどういう特徴があるかを見る事の他に価格を参考にする部分が多いから、特に判断基準の一つに成り得ます。 しかもドコモのスマホではドコデモFMと言う物があり、手軽にラジオ番組を聴く事ができる機能があります。これはラジオを普段から聴いている人にとってはとても嬉しい物で、機能としては面白いです。

au

キャリア別スマホの選び方の2つ目はauです。特にauはそれぞれの人に合ったプランを提供していて、月々の負担もかなり小さいです。しかも負担が小さい割にはちゃんと使用する事ができるから、とても多くの人に喜ばれています。他のキャリアに比べるとよりスマホが使いやすくなるから、スマホをもっと手軽に活用したい人がいればauにすると良いです。

simフリー

キャリア別スマホの選び方の3つ目はsimフリーです。 simフリーは他のキャリアと比較するととてつもなく安いです。実際に高い通信料金を払わなくても済む上に、非常に安いデータの通信プランを選べるようになるから月々にかかる金額もあまり高くならないです。 普通のスマホであれば契約するだけでもかなりのお金が必要になってくるけれど、simフリーの場合はお金に関する心配は全くいらないです。

ソフトバンク

キャリア別スマホの選び方の4つ目はソフトバンクです。 ソフトバンクは国内でもクラスのシェアを取っていて、非常に高いがあります。その理由としてはスマホのデザイン性が非常にかっこよい上に、使いやすさが抜群だからです。 普通のスマホであれば普段の生活をしている中では支障をきたさないぐらいだけれど、ソフトバンクの場合はより楽しませてくれるツールがたくさん含まれています。よって生活を今まで以上に楽しくさせたいならば、ソフトバンクのスマホを選んでみると良いです。

格安スマホの選び方

初回公開日:2017年12月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング