IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

風景画を描くコツ|デッサン/構図/模写・風景画で木を描くコツ

初回公開日:2017年12月19日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

風景画を描くを描くことを趣味とされている方が増えています。風景画を上手に描くコツはさまざまあります。構図を考える、画材の特性を生かしながらなどのコツがありますが、一番大切なのは楽しんで描くことです。上手く描こうとせずに楽しんで描くうちに自然とコツもつかめます。

風景画を描くコツ

風景画を描くことが趣味の方は多いといわれています。眼の前の風景を上手く描きたいのになかなか描けないという方、風景画のコツをつかんで素敵な風景画を描きましょう。

構図を考えよう

構図とは、絵の構成物が画面全体の中でどのように配置されているかをいいます。構図を考える時は、構成物の置き方が大切になります。構成物を左右対称に配置したり、画面の真ん中に配置するのが特にバランスのよい構図に思えますが、「もの」は中央に置かれると動きがなくなり生気が感じられなくなります。風景画でいえば、真ん中に樹木を描いてしまうと絵そのものが生気のない絵になります。 人の感じ方として画面下から、3分の1のところに描くと調和を感じやすく、紙の端に描くと緊張感や力強さを感じやすくなります。風景画を描くコツとしては、大きさと、濃淡に注意します。近景、中景、遠景にどの程度のスケールを与えるのかを考えましょう。3景とも同じ水平スケールで描くことは避けましょう。3:2:1の割合を基本で描くことがコツです。

見る人の視線を動かす

風景画を描くコツは、絵を見る人が近景から遠景に視線が動くようにします。構成物の大きさを変えてみる、木や茂みを前後に移動させることもよくあります。また、必要がないと感じた場合、除外することもコツの1つです。

デッサンについて

デッサンの方法としてさまざまな方法があります。「遠近法」のコツは3つです。 1.物体は遠ざかるほど小さく見える 2.2本の平行線は遠い部分ほど間隔が狭く見えます。2つの線は物体が視界から消える点に向かっていく 3.物体の形や2線の角度は見る位置によって見え方が異なってくる 風景画を描くコツは水平線を描き、眼の高さにすることからデッサンを始めましょう。水平な線のうち、自分と平行な線と自分と平行する線以外は斜めに見えることを頭に入れましょう。消失点の位置を正確に決め、平行線はそこに集まるように描きます。また、物体は遠くなるほど色が薄く見える現象を利用します。

名画を模写

名画を模写することはデッサンの勉強になります。自分の尊敬するアーティストがなぜこの視点を選んだのか、この部分になぜこの色を塗ったのかなどを考えながら模写してみましょう。描き始めはどこからで、そこからどう発展させていったか、など考えてみることも大切です。 構成物の間に存在する空間注意するようにして正確に模写するようにします。本やはがきなどの名画を模写する場合は、コピーしてマス目を描きそれをもとに模写することがコツです。

画材別風景画の色塗りのコツ

画材別風景画の色塗りのコツ
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

絵の具で風景画を描くコツ

水彩

絵の具の代名詞、水彩絵の具はチューブ入りと固形タイプがあります。透明色の水彩絵の具は、暗い色の上に明るい色を重ねることはできません。必ず、明るい色から塗っていくようににしなければなりません。水なしで筆につけて描けばボロボロとした線が描け、水を混ぜて描けば薄く広がった塗面が描けます。ぼかして塗る、複数の色を混ぜて色を作り塗るなどが可能です。

アクセスランキング