IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

似顔絵を上手に描くコツと手順・似顔絵が似ない理由3つ

初回公開日:2017年12月15日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

似顔絵は、いくつかポイントを押さえて上手にデフォルメすると、だれでもうまく描けるようになります。似顔絵の対象者によって、デフォルメのポイントや強調するコツがあります。ここでは、似顔絵のコツとデフォルメのやり方について、わかりやすくお伝えします。

似顔絵の種類

似顔絵には、愛らしくて可愛らしいデフォルメのタッチと写真のようなリアルなタッチの似顔絵の2種類があります。描いてもらう場合は、好みによってデフォルメされた似顔絵かリアルな似顔絵を選ぶようにしましょう。 デフォルメされた似顔絵とリアルな似顔絵は、それぞれどのような描き方をすれば良いのでしょうか。好みのタイプの似顔絵のコツについてご紹介します。

種類1「デフォルメされた似顔絵」

デフォルメされた似顔絵のコツは、思い切りバランスを崩すことです。たとえば、顔のパーツで目だけ思い切り大きく描くと、子どもっぽい雰囲気の絵になります。 似顔絵を描く相手の顔で特徴あるパーツがあれば、そのパーツを誇張して描きます。デフォルメで可愛らしい似顔絵にしたい場合は、目を大きくして顔の中央に持ってきます。つまり、子どもの顔のような配置にすることがポイントです。

種類2「リアルな似顔絵」

リアルな似顔絵のコツは、まず描きたい顔の写真をプリントしてからトレーシングペーパーを重ねて、顔の輪郭やパーツに沿って丁寧に線をなぞってみることです。 しかし、写真をなぞるだけでは似顔絵になりません。写し取った線画の上に薄い紙を重ね、その人の個性を象徴しているパーツを少し誇張して描くようにしましょう。 例えば、目が大きい人は線画より一回り目を大きく描くと目力が強くなり、リアルな似顔絵になります。

似顔絵を上手に描くコツと手順

似顔絵のコツとして大事なのは、「その人らしさをつかむ」ことです。顔には、かならずその人らしさが表れているパーツがあるので、それを誇張するようにしましょう。 対象者の個性を描き、特徴を表現した似顔絵にするには、それぞれの特徴を描き分けるテクニックがあります。似顔絵のコツとしては、顔のパーツの特徴を見つけることや輪郭の形を掴むこと、顔のパーツの配置とバランスを探ることがあげられます。

コツ1「顔のパーツの特徴を見つける」

似顔絵のコツとしては、顔の特徴を誇張するのがポイントです。似顔絵を描きたい場合は、似顔絵に描く人の顔の特徴を探すようにしましょう。 目や眉毛、鼻や口、それともアゴや耳など、その特徴あるパーツを誇張して描いてみます。たとえば、目が垂れているなら思い切り垂れ目に描きます。小さな目なら、本当の比率よりかなり小さめに描くのが似顔絵のコツです。

パーツ1「目」

パーツの中でも、目を似せると似顔絵の完成度は高くなります。目を描く時の似顔絵のコツは、目の形と大きさ、瞳と白目の割合と位置関係にあります。 垂れ目、つり目、逆三角形など、目の形をいくつかのパターンに分類すると、特徴をつかみやすくなります。瞳と白目の割合は重要なポイントで、黒目がち白目がちを強調するとかなり似てきます。また、瞳が白目に対してどこに位置しているかも、その人の個性になっています。

パーツ2「口」

口は動きが大きいパーツですので、さまざまな表現方法があります。たとえば、唇の厚さや口角上がっているか下がっているかなども人によって異なりますので、描きわけが必要です。 また、口の形自体は似ていたとしても、口の位置が異なっている場合があります。鼻の下が短い場合は口をぐっと鼻の近くに寄せてみると良いでしょう。個性的な似顔絵にする場合は、思いっきり寄せて描くようにします。

パーツ3「鼻」

正面から描くよりも斜め横や真横から描くと、簡単に似顔絵が描ける場合があります。鼻は、正面から描くと高さや形が表現しにくいパーツで、特徴的な鼻の形なら斜め横や真横から描くと、簡単に似せることができます。 低くて特徴にならないと感じても、横から描くとかわいらしい表現になり、似顔絵としてレベルアップします。ツンと尖った鼻や丸い鼻も、斜め横や真横から描くと、個性を強調してデフォルメする似顔絵のコツになります。

アクセスランキング