IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディベートの反駁/最終弁論/立論などのコツ・おすすめ本

ビジネススキル

ディベートのコツを学び、ディベートを楽しみましょう。ディベートの流れをつかむことで、今自分が何をするべきかがわかります。ディベートのコツをマスターすると、日常生活や仕事でも活かせるスキルになるでしょう。ディベートで自分を成長させましょう。

更新日時:

ディベートとは

ディベートのコツを紹介する前に、ディベートとは何かを改めて認識ください。ディベートの意味を知るだけでも、次に行うディベートで役立ちます。 ディベートとは、1つの主題に対して2つの立場、すなわち賛成派か反対派に分かれ、論理的に話し合うゲームのことです。どちらの主張が論理的で優れているかは、第三者が決めることになります。 ディベートを行う上で注意してほしいことがあります。これは、ディベートのコツにもあたります。ディベートは、論理的に意見を言い合うことです。そのため、感情的に物事を言うことは避けましょう。 相手を説得するために感情的にならず、順序立てて論理的に相手を納得させる発言を心がけると、ディベートが喧嘩にならなくなります。

ディベートのやり方のコツ

ディベートのコツとして流れを心がけるようにしましょう。流れを意識することで、ディベートが楽しくなります。そして、反対側の意見を聞くことも大切です。 ディベートの流れは大きく分けて4つです。立論、尋問、反駁、最終弁論があります。これを細かく分けると、尋問や反論、質疑応答などが行われます。今あなたがどこにいるのかを確認し、的確な答えを論理的に相手側に述べることで、説得力のある意見になるでしょう。これからディベートの流れを一つずつ紹介します。ディベートのコツとして参考にしてみてください。

立論のコツ

ディベートのコツとして立論があります。ディベートの最初には、お互いの意見を主張し合う必要があります。それを立論で行います。 立論は、賛成派なら賛成の意見と、それに賛成している理由をセットに主張しましょう。相手がどのように感じるかが大切です。さらに、事例を付け加えると相手に説得力を与えることができます。 そして、わかりやすいことが大切です。反対側と賛成側に分かれているので、賛成側が意見する場合は、反対側にもその主張がわかるように話し方や、言葉の選び方を選ぶ必要があります。同じ立場の理解も必要ですが、反対の立場にわかるような主張を目指すといいでしょう。

質疑応答のコツ

お互いの立論が終わると質疑応答があります。ディベートで優位に立つコツは、質疑応答を大切にしましょう。質疑応答のコツを身に着けることで、ディベートに勝ちやすくなります。質疑のコツは、相手側の主張でわからない点を確認することです。質疑では、立論を自分の中で明確にする必要があります。相手の立論を理解することがコツです。 自分の意見は自分で理解しています。しかし、相手の意見を受け入れることがディベートでのコツです。相手の意見を理解することで、相手が何を大切にしているかがわかります。相手の立論を理解すると、相手が大切にしていることを反論で突くことができます。反論の際にも役立つので、質疑では必ず相手の立論を明確しましょう。これが質疑のコツとなります。

反論のコツ

反対側、賛成側の立論が終わりその立論に対して質疑が交わされ、それぞれの立論を理解し終わると、次は反論が始まります。反論のコツを紹介します。反論には2つのコツがあります。この2つのコツを身に着けることで、質疑のクオリティーも上昇します。そして、人の話を聞く力が上がるでしょう。 反論の1つ目のコツは、相手の立論を崩すことです。相手が論理的に主張と理由、そして事例を話した時にかみ合わない点が出てきます。かみ合わない点を探すことで、相手の立論を崩すことができます。 反論の2つ目のコツは、相手が立てた事例と真逆の事例出すことです。真逆の事例に相手が反論できないと、相手の立論が崩れることになります。 相手の立論を的確に崩すコツは質疑にあります。質疑で相手の立論を理解することが反論で、的確に立論を崩すコツにも繋がります。

反駁のコツ

反論が終われば次は反駁です。これは、反論と似ているのですが違います。反駁というのは、反論に対して論理的に反論を否定することです。反駁のコツとして、反論を論理的に相手が納得する答えを出すことです。もう1つコツとして、反駁は相手の反論なので、ディベートをする時に、あらかじめどのような反論が来るのかを予想すると反駁がスムーズにできます。 反駁は論理的な意見が重要視されるので、感情的にならないことがいいでしょう。冷静になることで見えてくるものが変わるでしょう。

最終弁論のコツ

最終弁論のコツは、自分の立場の方がより優れていることを伝えることです。ディベートで勝敗が決まるのは、第三者がいいと感じることです。論理的に立論を唱え、質疑や反論、反駁を上手く行っていても最終的に何を言いたいのかわからないと第三者に伝わりません。第三者に響く一言が最終弁論で勝つためのコツになります。 相手よりも優れているか、相手よりも魅力的であるかを主張すると、第三者が共感してくれるでしょう。自分の方が利益があるということを伝えるようにしましょう。

ディベートの司会者のコツ

ディベートをスムーズに進めるためには、司会者が必要です。反対側と賛成側がわかれたとしても、それを仕切る人がいないとディベートが成立しません。ディベートを進行するためにも司会者が必要になります。 ディベートでの司会者のコツはまず、自分が司会をすることを全員に伝えることです。司会者が誰なのかということを改めて伝えることで、司会者の発言力が強くなります。ディベートを円滑に回すためにも、司会者の発言力は強い方が成功します。 そして、時間管理がコツです。ディベートは、いつまでも行うわけにはいきません。司会者が時間管理をしっかりすることで、メリハリがつくようになります。

ディベートに役立つおすすめの本

ディベートの基本が面白いほど身につく本

ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)
ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)

ディベートでおすすめの本は「ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる) 」です。ディベートを始める前に心がけることが学べます。 ディベートをする時に、ある程度の知識を身に着けておくことで、ディベートに参加しやすくなります。ディベートを楽しむためにも、この本を一度読んでみてはいかがでしょう。 ディベートは、論理的に物事をとらえ発言する能力が必要です。それを身に着けるためにも、ディベートをすることがいいでしょう。

基本が面白いほど身につく本とありますが、当然これを読んだだけでは身につくことはできません。 内容を実践してこそ、はじめて身につくものです。

伝える技術を上げるおすすめの本

まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割
まんがでわかる 伝え方が9割

ディベートでは、相手に自分の主張を伝える必要があります。伝え方を学ぶ上でも、この「伝え方が9割」の本がおすすめです。 この画像の本は、漫画と文章になっているバージョンのため、活字が苦手な方にも面白く読んでもらうことができます。活字本もあるので、活字のみが好きな人は活字本をお楽しみください。 マンガ形式でわかりやすいので、実際に使うイメージがわきやすいです。本を読んでも実践しないと意味がないので、イメージのつきやすいマンガ本は、スタートする人にとってはおすすめの本です。

マンガのキャラクターが よりいっそう先を読みたくさせるし 伝えたいメッセージも良く分かりました。相手が喜ぶ事を 含ませるお願い事 メッセージ方法を研究したいと思いました。

ディベートコツを身に着けるといいことが

ディベートとは、論理的に物事を判断し発言する能力が身に着きます。そして、相手に伝える技術が上がります。これは、日常生活だけではなく仕事でも力を発揮します。 日常生活では、好きな人を食事に誘いたい時に、相手に自分と食事をしたいと感じさせる話し方や伝え方が役に立つでしょう。 仕事の面では上司にお願いをする時や取引先との交渉の時に、このディベートの力が役立つでしょう。相手の機嫌を取りながら上手く交渉する能力が身に着くので、昇進が早くなる可能性があります。

ディベート力をつけましょう!

ディベート力をつけましょう!

ディベートでの基礎知識やコツはわかりましたか。ディベートの能力は、ゲームの中だけでなく自分の生活の全てに役立つことができます。ディベートを深く掘り下げることで、新しい成長が可能です。 自分の意見を強引に通すよりも、論理的に相手に伝わるように発言や提案をすることで、相手が納得のいく答えを見つけてあげることができます。 自分の意見を通したい時に、このディベートの技術を身に着けていると、人生が楽しくなることでしょう。相手のことを考えることでディベート力は成長します。

関連タグ

アクセスランキング