IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

要因の意味や使い方|心理学/統計・違いや使い分け|原因/理由

更新日:2022年07月21日

言葉の意味

要因という言葉とともに似たような意味を持つ原因、理由、因子、理由といった言葉は実は意味がよくわかっているようでいない状態で使っていることがほとんどです。厳密にはそれぞれに意味があり正しい使い方があるのでキチンと使い分けることがビジネスシーンでは重要となります。

要因の意味や使い方

要因とは、問題分析や統計学などでよく使われたり、ビジネスの報告やビジネスの日常会話の中などでよく使われる言葉なのですが、どのように使われたり、どのような意味を持っているかその違いを知っていますか。 要因と似たような言葉には、原因や理由などいくつか同じような意味を持っていて、感覚的には言葉を入れ替えても意味が通じてしまうような言葉もいくつかあります。それらをうまく使い分けられているかといわれると甚だ疑問となります。 そこで、せっかくなので要因を中心として原因や理由といった言葉の意味の違い、そして使い方をしっかり使い分けられるように意味や使い方について解説していきますので参考にしてください。

要因の意味とは?

要因の意味とは、ある事象を起こしたり、またはある事象が起きた事に対して、その元になった事柄のことを言います。いわゆる要となったきっかけの物事という意味になります。そして、基本的には一つには特定されずに複数存在していて、あるそのような結果になるために必要ないくつもの要素を指します。

要因の使い方とは

要因の使い方は、どちらかというと日常会話で使われる事は少なく会社での会議の報告やレポートなどで用いられます。しかし、一番使い方として難しく感じるのもこの要因です。 要因の使い方のイメージとしては原因が主にマイナスイメージに対して使う事が多いのに対して、要因はマイナスにもプラスにも両方使うことが可能な言葉となります。

要因を使った文例

要因を使った文例をみながら使い方を見てみましょう。 例えば交通事故を起こしてしまった時の原因が居眠り運転だったとします。そして、その時に居眠り運転をしてしまうことに繋がったその要因とはどのようなことなのかを考えてみましょう。 そうすると、その要因となるものは、「昨夜深酒をしてしまった」「夜更かしをしてしまった」「残業が続いていて寝不足で疲労がたまっていた」など、いくつかの要因が考えられます。その中でも、今回の原因を作り出した主な要因のことを主要因と表現します。

心理学における要因とは

心理学においても要因という言葉が出てきますが、これはどのような意味を持っているのでしょうか。心理学においての要因の意味とは、心理学的調査におけるデータの変化に与える要素となります。 心理学の実験などを行う時に要因という言葉を使用するのですが、これは質的な独立変数のことを意味し、従属変数に対する要因の効果を検定するような形で分析する時などの言葉として使われます。

統計学における要因とは

統計学における要因の意味とは分散分析の独特の用語として用いられ、一般統計学においては質的説明変数のこと、従属変数に与える影響の種類の事をさします。つまりデーターの値に変化を与える要素の事を意味します。そして、要因に対してその要因内で取られる実際の値のことを水準と言っています。 要因と水準の使い方としては、つぎのような感じとなります。要因となり得るものが性別であればその水準は男と女、同じく要因となり得るものを曜日としたならば、水準は月、火、水、木、金、土、日、そして要因を治療としたならば、水準はあり、なしといったような使い方となります。

要因との意味の違いや使い分け

次のページ:ビジネスの武器
初回公開日:2017年12月10日

記載されている内容は2017年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング