IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「重複」の意味と例文|専門用語としての3つの使い方

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

重複という言葉をあなたは何と読みますか。一度は読み方に疑問を感じたことがあるでしょう。重複の読み方や、意味、そして場面ごとの使い方を紹介しています。重複の言い回しを避けるもよし、重複を知的に使いこなすもよしです。参考にしてください。

重複の意味

「重複」の意味は、漢字があらわしているように、複数の物が重なっていることです。頻繁に使われる意味合いとしては、一つあればいいものが複数あって無駄な状況です。ネガティブな言葉のイメージの人もいるでしょう。

重複の読み方

「重複」という単語、皆さんはどうやって読んでいるでしょうか。「重複」という単語には「ちょうふく」と「じゅうふく」という2つの読み方があります。日本語には、漢字で表したときに読み方が一つではないことがあります。余談ですが、パソコンなどで入力する場合はどちらでも変換できることがほとんどです。試してみてください。

本来はちょうふくが正解

「重複」は、基本的には「ちょうふく」と「じゅうふく」のどちらで読んでもいいことになっています。しかし、元々は「ちょうふく」という読み方だったので、本来は「ちょうふく」と読むのが正解です。目上の人や周りの読み方に合わせるという人も多いです。どちらで読むか決まっていない、いつも迷うという人は、「ちょうふく」がいいでしょう。

間違える人があまりに多かったので定着した

そもそも「ちょうふく」が正解なのに、どうして二通りも読み方があるのでしょう。本来は「ちょうふく」という読み方を、「じゅうふく」と間違えて読む人が多かったため、いつの間にかこちらの読み方も定着していきました。「重複」のように、誤読されていたものが時代の変化によって認められるようになった読み方を「慣用読み」と言います。

重複の例文・専門用語としての重複

「重複」の意味は「複数の物が重なっていること」ですが、具体的にどのような場面で使われている言葉でしょうか。「重複」を使った例文と、専門用語としての「重複」を3つをご紹介します。

例文:「効果が重複しています」

ゲームや薬などを対象にして、二つ以上の物を使う時に「効果が重複しています」といったように使用することがあります。薬であれば重複による成分の過剰摂取での副作用が予測されます。ゲームの場合は、重ねて使用しても無駄という場合と、薬のように、重複分も効果が表れる場合とがあります。効果の場合は、重複しているとどうなるのかに注意するといいでしょう。

専門用語1:重複障害

「重複障害」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。「重複障害」とは、2つ以上重複して障害を有していることを指す言葉です。例えば、「肢体不自由」と「知的障害」などの2つ以上の障害をあわせもっていることを指します。使用例としては、「重複障害を有している」などでしょう。

複数の障害を持つこと

2つ以上の障害をあわせもっていることを指す言葉ですが、厚生労働省の示す重複障害と文部科学省の示す重複障害では意味が変わってきます。厚生労働省や、文部科学省では障害一つ一つのカテゴリーの分け方が違います。これは、厚生労働省が身体障害者手帳の発行に使用するのに対して、文部科学省では教育支援に使っているからです。

専門用語2:重複立候補

選挙で「重複」という言葉を聞くことがあります。選挙での「重複立候補」とは、小選挙区の立候補者が比例代表名簿にも載っていることです。あくまで一人の人が重複して立候補をしていることを指す言葉です。複数の当選者が出たことに対しては使いません。

初回公開日:2017年12月06日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング