IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

カンファレンスの意味/用例|医療用語/福祉用語/NBA

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

カンファレンスが意味する「会議」という単語は、ビジネスでは欠かせない表現の1つですが、会議を意味する英単語はカンファレンスを含めて8つもあります。具体的な意味の違いを含めて、その使い方もマスターすることがビジネススキルとして重要です。

カンファレンスの意味

カンファレンス(Conference)という言葉は、社会のさまざまな分野で使われています。本来的な意味としては「会議」という日本語訳が適切ですが、「協議会」という意味もあります。 また、conferenceの前に置く動詞によっては「協議する」「相談する」といった意味やニュアンとしても使われますし、アメリカではプロバスケットボールのチーム配置(所在)の意味の場合もカンファレンスという語が使用されます。

会議としてのカンファレンス

会議にはミーティング(Meeting)という英語もありますが、カンファレンスとの一番の違いは「規模の大きさ」です。たとえば、職場の同僚や上司(部下)と決まったテーマについて話し合うとき、相手が一人あるいは数名の場合はミーティングです。航空会社によるフライト直前のブリーフィング、あるいは会社の朝礼などもミーティングの範疇です。 カンファレンスの場合(意味)は、格式(格調)が高く、参加人数も大規模であり、議長、書記をはじめとする役割分担が明確な会議です。学問領域における専門家会議や国際会議などは「学会」と呼ばれることが多いのですが、この場合はカンファレンスという意味合いが一般的です。また、医療業界ではカンファレンスという語が多く用いられる傾向があります。

医療現場でのカンファレンス

医療現場ではカンファレンスがよく行われます。病院内で実施されるカンファレンスによっては患者本人や患者の家族も参加することがありますが、カンファレンスの参加者が病棟看護師だけの場合、あるいは病院によっては、手術前のカンファレンスを含めて院内カンファレンスと総称するなど具体的な意味を含めて、運用面では若干の違いがあります。

術前カンファレンス

テレビドラマでおなじみの場面ですが、白衣を着た医師がレントゲンフィルム・ビューアー(別名:シャーカステン)にレントゲン写真を挟み込んで病巣を確認したり、手術方法を決定したりなどの会議の意味として、「術前カンファレンス」と呼びます。 要するに、「手術をする前のカンファレンス」の総称が術前カンファレンスの意味です。ちなみに、手術後の経過を確認したり、回復具合を判定するという意味としての「術後カンファレンス」も存在しますし、内科医や精神科医も治療方法などを検討するためのカンファレンスを行います。

院内カンファレンス

医師、看護師、コ・メディカルスタッフ(Co-medical staff:医療関連職種)が参加メンバーとなり、患者の容体(容態)や今後の見通しなどについて総合的に検討することを意味する会議を「院内カンファレンス」と呼びます。

福祉現場でのカンファレンス

福祉という領域は非常に幅が広いために、具体的な内容や状況によっては画一的に捉えることが難しいのですが、介護保険によるサービスは最も理解しやすい福祉現場です。 医療現場では患者の生命の危機や健康を守るために「専門家による専門知識に基づく方法」が提供されますが、必ずしも結果は保証されません。命の危機を救うために高度な専門技術の選択肢が示されるだけで、「必ずこのような結果になる」という意味の因果関係は担保されない「准契約」の社会ですので、患者の立場は弱いという特徴があります。 これに対して、介護保険による福祉現場では、自宅での生活を保証するための「絶対的な方法」として各種サービスが提供されるように、利用者(消費者)の立場が圧倒的に強い「完全契約」の社会です。

サービス担当者会議

介護保険による福祉現場でのカンファレンスの代表例として、「サービス担当者会議」があります。介護保険領域は独特な略称が多いという特徴がありますが、サービス担当者会議は「担会(たんかい)」「サー担(さーたん)」と省略されます。 このカンファレンスは、介護支援専門員(ケアマネジャー)が司会進行役となって、サービス利用者とサービス提供者による契約締結の前後に行われたり、サービス提供後の状況確認のために定期的に行われたり、必要に応じて都度行われます。

地域ケア会議

地域ケア会議という意味は、地域支援事業の一環として介護保険サービスを進めるうえで、個別の事例を多職種で検討するカンファレンスのことを指します。 実際には、介護支援専門員(ケアマネジャー)から管轄の地域包括支援センターに対して事例提供を行い、多職種(介護支援専門員、自治体職員、介護サービス事業者、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士など)によって支援内容を検討します。

プレスカンファレンスの意味

プレス(Press)とは、本来的な意味としては「新聞(あるいは新聞社)」ですが、現状としてのニュアンスとしては「報道機関」を意味します。報道機関に対して、さまざまな分野での情報を提供する「場」をプレスカンファレンスと総称しますが、厳密には具体的な方法論の違いがあります。

記者発表会(プレスリリース)

初回公開日:2017年12月03日

記載されている内容は2017年12月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング