IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

メール

ご尽力いただきはお礼の手紙などで見かけます。この言葉、間違って使ってませんか。言葉にはルールがあります。意味や用法をきちんと把握して使わなければ、不要な赤っ恥をかくはめになるでしょう。ここでは「ご尽力いただき」の意味や使い方を例文を混じえてご紹介します。

更新日時:

「ご尽力いただき」の意味

「ご尽力いただき」の意味

尽力とは、自分自身が使う場合には「努力」と同じ意味を示し、相手方に使う場合には「手助け、力添え」に相当する意味となります。「ご尽力いただき」は尽力の敬語表現として使っているため、目上の方や取引先などに力添えをしてもらった際に使うことがわかります。 尽力は書いて字のごとく「力を尽くす」という意味で「できる限りの精一杯の努力をする」ということを示しています。ご尽力いただきは、それに尊敬の意味を付け加え、「力を尽くしてもらい(手助けしてもらい)ありがとうございます」と言った目上の方にお礼の気持ちを表す際に使用するのが一般的です。

「ご尽力いただき」の類語

「ご尽力いただき」の類語には「お力添えをいただき」があります。目上の方に対しての使い方はほぼ同じですが、尽力は「力を尽くすこと」、力添えは「手を貸すこと」を意味するため、「ご尽力いただき」を「お願い」の文章で使うのは間違いになります。 何か力を貸して欲しい旨の依頼がある場合には、「尽力いただきたい」ではなく「お力添えをいただきたく」とするのが正しい依頼文です。「お願い」をする相手に対して「力を尽くせ」と依頼するのは厚顔も甚だしい行為です。 そのほかには「ご助力いただき」「ご支援いただき」などもありますが、こちらは「ご尽力いただき」や「お力添えいただき」よりはフランクな表現となるため、立場の近い相手などに使うのがふさわしい言葉です。 また「いただき」の代わりに「賜り」と言い換えることもできます。「賜る」は「貰う」の謙譲語です。ご尽力賜り、と使います。

「ご尽力いただきまして」と結びつくフレーズ例

「ご尽力いただきまして」は、「お礼の気持ちを込めたフレーズ」に使用します。そのため、その後には感謝の言葉が来るが一般的です。また、目上の方や取引先の方への使用がほとんどなので、その後に続く言葉、敬語表現になります。

ご尽力いただきまして

このフレーズの後に続くのは「感謝を表す言葉」が一般的です。 例)ご尽力いただきまして、ありがとうございます。 さらに丁寧にする場合には「いただきまして」の部分を「賜りまして」にします。 例)ご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。

ご尽力いただきましたが

残念な結果になってしまった時に使う表現です。感謝の気持ちを表しつつ、残念な結果になった報告と、謝罪をつなげます。 例)ご尽力いただきましたが、このような結果となってしまいました。申し訳ございません。 同じようなフレーズに、「ご尽力を頂いたのにも関わらず」などがあります。またさらに丁寧にする場合には「ご尽力を賜りましたが」という表現にします。

ご尽力いただきたく

ご尽力いただくを「依頼」に使うのはNGです。尽力の意味を見てみると、その誤用は明らかです。尽力は「力を尽くす」こと、依頼する相手に「力を尽くしてください」というのは失礼この上ないことですので、ご尽力いただきを依頼の文章で使うのは絶対にやめましょう。 依頼文やお願い文で使用するのは「お力添え」という言葉です。ほぼ同じ意味で使われる言葉の意味は、その字のとおり「力を添える」「力を貸す、手伝う」という意味なのでこちらの方が、「依頼」や「お願い」にふさわしいことがわかります。

ご尽力いただき誠に

「ご尽力いただきまして」よりさらに丁寧なお礼の仕方です。「誠」は誠意のことを意味しているため、「心より」「本当に」「本心から」などという意味になります。この後に繋がるフレーズは「感謝」や「深謝」となります。 ご尽力いただき誠に感謝申し上げます。 ご尽力いただき誠にありがとうございます。

「ご尽力いただき」を使ったケース別ビジネスメールの例文

お礼状を書く際に使用する頻度の高い「ご尽力いただき」ですが、ここでは、送り先別に、ビジネスで使うメールの例文をあげて見ましょう。

上司

件名:ご報告 ◇課長 お疲れ様です。出資係の△です。 さて、かねてよりご相談しておりました、○産業への出資の件につきまして、役員会にて承認されたことをご報告します。梶課長には、承認されるまでに多方向にてご尽力いただき、誠に感謝しております。これからもご指導をお願い申し上げます。

人によっては嫌味と取られることも

上司に対して使ってもご尽力いただきは問題ない言葉ですが、人によっては嫌味と捉えられることもあるため、状況や相手によっては「お力添えをいただき」の方がすんなりと受け入れられるますので、その状況によって使い分けます。

取引先

取引先

件名:出資決定のお礼につきまして ◇産業株式会社 △部 小西係長 平素はお世話になっております。株式会社○産業の丸井です。 このたびは弊社への出資について、大変なご尽力賜り深く感謝しております。おかげをもちまして、新規事業である○への準備は万全と整い、あとは稼働を待つばかりです。 これからも事業に尽力していく所存ですので、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

「尽力」は自分に使用する

「尽力」が二つ出てきていますが、最初に出てきている「ご尽力」は相手に使う敬語表現です。後から出てきた「尽力」は自分に対して使っているので、謙譲の「ご」はつきません。「いただきまして」も同様です。 また自分に対して使う尽力の後には「力を尽くす」の「尽くす」をつけたくなるところですが、「尽力を尽くす」は同じ意味の言葉が二重になっている、重複表現となるため誤用となります。「尽力」ですでに「力を尽くす」という意味があるため、「尽力する」が正しい使用方法になります。

感謝

件名:Pプロジェクトに関するお礼 ◇産業株式会社  △様 お世話になっております。○企画のAです。 このたび、弊社で企画いたしましたPプロジェクトに、尽力いただき厚く御礼申し上げます。おかげさまで、プロジェクトも無事終了し、多くのお客様に喜んでもらえる、素晴らしい結果となりました。 △様には、鋭い考察や助言、機材の調達など、幅広いお力添えをいただき、心から感謝申し上げます。 これからも、ご指導ご協力をよろしくお願い申し上げます。

「ご尽力いただきまして」の後には感謝の言葉が綴られます

「ご尽力いただきまして」の後には、感謝の言葉が綴られます。感謝を表す言葉はたくさんあります。いくつか例をあげますと、 ・ご尽力いただき感謝しております。 ・ご尽力賜り厚く御礼申し上げます。 ・ご尽力を賜り深く感謝しております。 ・ご尽力を賜り深謝しております。 などがあります。

依頼

件名:Gに関するアンケートのお願い AA株式会社 P部 S様 平素はご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。 さてこのたび、ご使用いただいております弊社のシステム「G」につきまして、さらなる利便性や性能の強化を図るため、アンケートを実施いたします。回答いただきました内容は、今後の性能UPに役立てて参ります。 ご多忙中とは存じますが、「G」の性能強化のため、お力添えをお願いいたします。

依頼の際には「尽力」は使いません

依頼文には、「ご尽力いただきたい」は使いません。相手に対しての尽力は、お礼をする際に使います。依頼をする場合には「お力添え」を使います。「お力添え」は力を貸して欲しいという際に使う表現です。 「お力添え」は依頼文のほか、尽力と同じようにお礼の文章でも使用できますが、自分が相手に「お力添え」するときには使いません。「ご尽力いただき」が自分に対して使わないように「お力添」も敬語表現のため、自分に対しては使いません。

「ご尽力いただき」は状況によって使い分けます

「ご尽力いただき」は状況によって使い分けます

感謝の言葉を伝える「ご尽力いただき」は、使い方さえ間違えなければ、ビジネスにおいても最強に武器になります。ただし、ほんのちょっとしか手伝っていないのに「ご尽力いただき」などと言われたら、「これってあまり手伝っていないことへの嫌味かな」などととられる危険性もありますので注意が必要です。 言葉は適材適所です。状況や使う相手などを考えて、「ご尽力いただき」や「お力添えをいただき」を活用してください。

もっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ

ビジネスメールを送る前に一度目を通しておくと良いでしょう。

仕事の基本 正しいビジネスメールの書き方
仕事の基本 正しいビジネスメールの書き方

内容紹介 宛名、件名、本文、署名の書き方から、返信の順番、メールと電話の使い分け方、英文メールの基本まで、なかなか教えてもらえないビジネスメールのマナー、書き方、ルールをOK・NG例、豊富なQ&Aで徹底解説。 今すぐ使える例文、用語、フレーズ、敬語早見表付き。 「誰に送っても恥ずかしくないメール」「心のこもったメール」を書きたい人にとって必読の一冊です。

関連タグ

アクセスランキング