IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学の選び方|文系/理系・サークル・わからないとき・学部/科目

更新日:2020年11月14日

社会人常識

大学の選び方で迷っている人はいませんか。数多くの大学と学部が存在するため、選び方がわからない人も多いのではないでしょうか。この記事では、大学の選び方などについて、文系や理系といった視点に分けて紹介しています。大学選びで困っている方は、ぜひ読んでみてください。

大学の選び方

少子化の影響や大学へ進路を希望する人が増加した背景などもあり、大学全入時代という言葉が登場するようになりました。実際の大学進学率は、5割を超える程度ですが、それでも以前に比べれば大学進学者が増えています。 大学へ行く人が増えたことで、より大学の選び方が重要になると考えられますが、具体的にどのように選べば良いのでしょうか。まずはじめに、文系・理系からの視点と、需要が伸びている看護大学に注目して、大学の選び方について紹介していきます。

文系

文系の学生が大学選びをする場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。大学の数が多く、学部や学科も非常に種類があるため、理系よりも迷いやすいと言えるでしょう。選び方の基準として、まずどの科目が得意かということが挙げられます。 国語や英語、社会科系の科目に加えて、数学や理科系科目もそれなりにできるのであれば、難関の国立大学を選択肢に入れることが可能です。一方、文系科目以外は壊滅的といった場合は、受験科目数の少ない私大のほうが受けやすいでしょう。 文系で受験すること以外が決まっていない場合は、なるべく学部数や学生数の多い大学にするというのも選び方の一つです。大学の規模が大きいほうが、入学後に受けられる講義の数が多く、転部などもしやすい傾向にあるため、選択肢が広がりやすくなるでしょう。

理系

理系の学生の場合は、大学の選び方にどのような基準があるのでしょうか。偏差値は非常に分かりやすい基準の一つですが、特に理系の場合は偏差値にこだわりすぎないことも大切です。理由は、理系の仕事に就職することを前提とした場合、大学の偏差値よりも、その大学の研究実績などのほうが評価の対象になりやすいためです。 世間的な評価については、働く業界にもよりますが、偏差値が高い総合大学の理系よりも、偏差値はそれほど高くない単科系の理系の方が、就職や就職後が有利なケースもあります。単科系の大学の方が、卒業生との繋がりが強かったり、少人数で質の高い教育が受けられたりといった傾向も見られます。 総合大学を選ばない方が良いというわけではありませんが、偏差値や学校名だけはなく、研究内容や教員数に対する学生の割合などにも注目することが重要です。

看護大学

看護大学への進学を考えている場合は、大学の選び方にどのような注意点があるのでしょうか。地方の場合は、そもそも看護大学の数が少ないため、選択肢がないこともありますが、大都市圏では新設の看護学部もあり、選び方がわからないケースもあるでしょう。 看護師になることを前提するのであれば、国家試験の合格率が高い大学を選ぶと良いでしょう。また、看護大学はその性質上、実習の機会が多いです。大学や実習先と自宅までの距離も参考にして決めると、入学後の通学時間などを少なくすることができます。 働きたい病院が具体的に決まっているのであれば、その病院の附属している大学に行くのも選び方の一つです。看護師の待遇は就職先によって格差があるので、その点にも注意して選ぶと良いでしょう。

大学のサークルの選び方

大学生活を大きく左右することの一つが、サークル活動です。入学後サークルに入る場合は、選び方に気を付けたほうが良いでしょう。 サークルには色々な種類があります。ある学部や学科に関連した事柄をさらに学ぶためのサークルや、高校の部活動のようなことをメインにするサークル、ひたすら飲み会を開いているサークルなど、その種類は多種多様です。 基本的には、自分自身が興味のある分野で、雰囲気の合うところを選ぶことが大切です。サークルの中には、学生運動に無理やり引き入れようとする団体や危険な活動をしているところもあるので、安易に勧誘に乗らないことも重要です。

大学の選び方がわからないときの対処法

どうしても大学の選び方がわからない場合は、どうすれば良いのでしょうか。対処法として、興味のあることが一つでもあるのであれば、それに関連した学科を探すことから始めることをします。 例として、経営に興味があれば、経営学部や経済学部などが選択肢になるでしょう。入りたい学部が決まれば、その学部に関連した設備や教授、ゼミの有無、偏差値などを調べていくことで、おのずと大学が決まっていくことでしょう。 興味のあることが何もない場合は、オープンキャンパスへ行ったり、講義を見学したりすることをします。大学へ行く必要があるのかなども踏まえて考えてみると、選び方がわかってくるでしょう。

大学の学部の選び方

大学の選び方について紹介していきましたが、学部についてはどのように選べば良いのでしょうか。同じ大学でも、学部によって偏差値や教育の内容は大きく異なっていることがあります。ここでは、文系と理系に分けて、学部の選び方について紹介していきます。

文系

初回公開日:2017年12月03日

記載されている内容は2017年12月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング