IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

靴下猫の種類・性格・縁起が良いのか・飼う方法|黒/白/茶トラ

更新日:2017年11月30日

社会人常識

足先だけが白くなっていて、まるで靴下を履いているように見える靴下猫は可愛らしい存在ですよね。靴下猫にはどんな種類や特徴があるのでしょうか?ここでは靴下猫の毛色の種類や性格、縁起が良いのか、靴下猫のキャラクター、飼う方法をご紹介していきます。

準備

靴下猫の子猫は他の猫の子猫と同じように育てることができます。まず子猫を迎え入れる前にベッド、猫用トイレと砂、フードと水用の食器と子猫用キャットフード、ケージ、猫用おもちゃなど必要なものを用意しておきます。子猫の生後の週数によっては子猫用ミルクと哺乳瓶が必要です。

食事

子猫の食事は生後の週数によって変化します。生後4週目までの授乳期の子猫の場合、母猫からの母乳か子猫用ミルクのみ与えます。生後4~8週目までの離乳期には子猫用ミルクから少しずつ子猫用フードとお水へ移行していきます。生後8週目以降は子猫用キャットフードと水を与えます。 子猫は人間の食べ物の中でチョコレート、ネギ類、スパイス類、生のイカやタコ、エビやアワビは有害となるので、与えないように注意しましょう。

トイレ

猫には砂のあるところで排泄しそれを隠すという習性があるので、猫用のトイレトレーと砂が必要になります。トイレトレーに砂を入れて準備し、用を足したらスコップで排泄物を処理します。子猫のトイレのしつけはそれほど大変ではなく、場所さえわかれば自然と覚えてくれるでしょう。 子猫が生後間もない場合は自力で排泄ができないため、母猫が近くにいない場合は濡らしたコットンやティッシュで肛門付近をこすり排泄を促す必要があります。

ワクチンと去勢・避妊手術

子猫の授乳期が終わり生後三ヶ月くらいまでの間に、動物病院へ連れて行き必要なワクチンを接種します。また、子猫を作らせる予定が無い場合は去勢・避妊手術を適切な時期に必ず行います。 オスは発情期にスプレーと呼ばれる強烈なにおいのするおしっこを出したり、メスを探して家出したりしてしまうことがあります。メスは避妊をしておくことで望まない妊娠を避けられるほかに、卵巣や子宮の病気などメス特有の病気から守ることができます。早めに去勢・避妊しておくことで安心して猫との生活を楽しむことができます。

靴下猫の種類と特徴を理解して触れ合おう

靴下猫とはまるで靴下を履いているかのように足先だけ色が違う猫のことで、さまざまな種類の毛色の靴下猫がいます。中でも黒色に白い靴下の靴下猫が最も多く、認識されやすくなっています。 靴下猫は肉球の色が混色か斑点、国によって縁起が良いとされたり悪いとされたりする、などの特徴があり、靴下猫の愛らしさを表現した靴下にゃんこというキャラクターも存在します。 靴下猫を飼うには自分で里親募集の場やペットショップへ行って靴下模様のある猫を見つけるか、靴下猫を飼っている人から譲って貰うことになります。また、靴下猫の子猫は他の子猫と同じように育てることができます。靴下猫の種類と特徴を理解して、靴下猫の愛らしさを楽しみましょう。

初回公開日:2017年11月30日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング