IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

靴下猫の種類・性格・縁起が良いのか・飼う方法|黒/白/茶トラ

初回公開日:2017年11月30日

更新日:2017年11月30日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

足先だけが白くなっていて、まるで靴下を履いているように見える靴下猫は可愛らしい存在ですよね。靴下猫にはどんな種類や特徴があるのでしょうか?ここでは靴下猫の毛色の種類や性格、縁起が良いのか、靴下猫のキャラクター、飼う方法をご紹介していきます。

靴下猫の種類は?

靴下猫とは、まるで靴下を履いているかのように足先だけ色が違う猫のことです。足袋猫、ソックス猫とも呼ばれ、海外ではSocks Catと呼ばれています。靴下を片方だけ履いている、つま先に穴が開いている、長さがショートソックスやニーハイソックスになっているなど、履き方にもバリエーションがあります。ここでは靴下猫の色の種類についてご紹介します。

最も多く見かける靴下猫は、黒い毛色に白い靴下を履いた猫です。元の色が黒いため白い靴下の部分が際立って見えます。黒い毛色のブチ猫は靴下猫になる確率が高くなります。

元の毛色が白の場合は、白地に黒い靴下とはならず、靴下猫にはなることはありません。これは猫の色は上から付いていく仕組みになっていて、その際足だけ色が付かずに残ってしまった猫が靴下猫となるためです。元から白地の場合は足先が白くても分からないため、靴下猫としては認識されません。

茶トラ

茶トラ
※画像はイメージです
出典: NanaCola | Pixabay

茶トラの毛色に白い靴下、という靴下猫も多く見られます。茶トラの色が淡い場合は認識されにくく、毛色が黒の場合よりは印象が薄くなります。

キジ

キジ色の毛色に白い靴下模様の靴下猫も多く見られます。日本猫はもちろん海外の品種にも多く、イエネコのルーツとされるリビア山猫はキジトラと同じような毛色をしています。

靴下猫の性格は?

靴下猫の性格は?
※画像はイメージです
出典: Hide - Free pictures on Pixabay

猫は毛色や品種によって性格が違います。靴下猫の中で最も多い黒色の毛色の靴下猫は、友好的な性格で、人懐っこくて甘えん坊です。頭が良く、感情が豊かな性格をしています。茶トラの毛色の靴下猫は、誰にでも甘え、おっとりしたところがあり、怖がりで少々おっちょこちょい、陽気で愛情深い性格をしています。キジの毛色の靴下猫は、警戒感が強く野性味があり、賢くて強く、ハンター気質があります。

靴下猫の肉球は?

関連タグ

アクセスランキング