IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の免許/資格欄の書き方と正式名称一覧・何級から書けるか

更新日:2020年08月14日

書類選考

履歴書の資格欄は、採用担当者があなたのスキルなどをチェックする目安になります。しかし、持っている資格を全部書いていませんか?履歴書に書くべき資格はどんなものか?資格を持っていない場合はどうするか?書き方のポイントを抑えて採用担当者へ有効なアピールをしましょう。

企業側は履歴書の免許・資格欄をどう見る?

履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書の免許・資格欄には決められた枠組みがあり、取得年月、免許・資格の名称を書きます。例えば、「昭和○(年)○(月)普通自動車第一種運転免許 取得」「平成○(年)○(月)秘書技能検定2級 取得」などと書きます。 ここでは、履歴書の免許・資格欄を書くにあたって注意すべき点を紹介します。ポイントをおさえて、企業や採用担当者に好印象を与えられるような書き方をしましょう。

資格欄を書く前に注意することは?

年・月の書き方は?

正式名称で書こう

履歴書の免許・資格は正式名称で書きましょう。例えば「英検」「漢検」「簿記」などの普段使っている言葉は略語の場合があります。「実用英語技能検定」「日本漢字能力検定」「日本商工会議所簿記検定」など、正式な名称で書くのが一般的です。自分が持っている免許や資格の正式な名称はなにかを確認しておくと良いでしょう。 また、持っている資格が国家資格の場合は資格の名称だけで良いですが、民間資格や公的資格の場合はその資格の実施団体も記載すると良いでしょう。例えば「簿記」に関しては公的資格ですが、「日本商工会議所主催」と「全国商業高等学校協会主催」があります。どちらの資格かを明記するために主催する団体名をつけましょう。

仕事と関係ある資格を書こう

取得・合格・認定の違いは?

状況別履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書の免許・資格欄の書き方について基本的なことを説明してきました。しかし、いざ書こうとしても、書ける資格が思い浮かばない人もいるでしょう。また、たくさんの免許・資格を持っていて書ききれない、取得中の資格がある場合など、状況はさまざまでしょう。 そこで、さまざまな状況別の履歴書の免許・資格欄の書き方について説明していきます。就職に有利になるよう、活かしてください。

履歴書に書ける資格がない場合は?

自動車の免許もなく、企業に有用な資格が一つもない場合は、「特になし」とだけ書きましょう。ただし、もし勉強中の資格がある場合やパソコンスクールの通学、セミナー受講などの専門教育を受けた履歴があれば記載しても構いません。 免許・資格欄を空欄のまま提出することは避けたほうが良いですが、企業と全く関係のない免許・資格は避けましょう。また、欄を埋めたいからといって嘘の記載は絶対にやめましょう。

資格欄に書ききれない場合は?

上記とは反対に、免許や資格をたくさん持っていて履歴書に書ききれない場合も考えられるでしょう。その場合は応募する企業に有益な免許・資格を取捨選択し、優先順位や重要度を見極めることが大切です。 それでも書ききれない場合には「取得資格一覧」などと題した別紙を用意しても良いでしょう。応募先の企業で働くにあたって実用的な免許・資格であれば採用担当者にとって悪い印象にはならないでしょう。

勉強中・取得中の資格を書いてもOK?

先にも少し触れたように、勉強中・取得中の資格があれば、向上心のアピールのためにも書いておくと良いでしょう。書き方は「○○取得に向けて勉強中」もしくは、試験日が決まっていて合格の見込みがあれば「○月に取得予定」などとするのが良いでしょう。 その際、「現在 TOEIC公開テスト800点を目標に勉強中」「日本商工会議所簿記検定2級取得に向けて勉強中。6月に取得の見込み」など具体的な級や得点、見込まれる日付を記しておくと意欲や積極性、具体性をアピールできます。 もし取得できる自信が大きくなければ「○○資格を6月に取得の予定」という、控えめの書き方でも良いでしょう。ただし、応募する企業に関係のない免許・資格について勉強中ということはあえて書く必要はありません。評価される見込みのある資格についてを記載するのが原則的なルールと心得ましょう。

免許・資格別の履歴書への書き方とその正式名称一覧

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング