IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

緊張しやすい性格の人は、特に面接が怖いと感じてしまう人も多いでしょう。しかし、どんなに肝が据わって見える人でも、面接は誰でも緊張するものです。なぜ面接が怖いと感じてしまうのか、また緊張を和らげる対処法についてご紹介しています。面接の前に参考にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

働きたいけど面説が怖い人の対処法

新卒

新卒者の面接として大切なポイントは「この会社でさまざまなことを学びたい」という気持ちを強く伝えることです。面接者も新卒者に対しては、実力というよりはやる気があることを重視する傾向があります。 そのため、今、何ができるかということは重要ではなく、今まで学んできたことや、これからどんなことをしていきたいかという強い意思を伝えることが大切です。「学ばせてほしい」、「吸収させてほしい」という姿勢を見せられるように努力してみましょう。

中途

中途者の場合、即戦力が求められます。しかし、必ずしも似たような経験が必要というわけではありません。例えば、事務経験はなかったとしても、接客業などでお店に勤めていた場合でも、電話の応対や売上などをまとめるために、エクセルなどの操作をしていたという人もいるでしょう。このようなことも、事務で必要な経験をしていることになります。 今まで経験してきた内容のどの部分が、面接先の会社で活かせるかどうかという判断をするのは自分だけではありません。自分で自分の可能性を否定してしまうのは、もったいないことです。自分の持つ技術・資格・経験などをそこの会社でどのように活かせるか、という視点で今までの経験を振り返ってみましょう。 そのうえで、取得した資格や今までの経験に対し、なぜそれらを取得・経験したのかという理由と説明を準備をして、自信を持って面接に臨みましょう。

転職

転職の場合、同業の仕事ではない仕事を希望している時は、社会人としての経験はあっても新しい仕事が未経験の場合は、すぐに仕事に慣れるか怖いと感じる人もいるでしょう。面接の時にその会社で働いている人の姿などを見ると、自分だけ何もできないと感じてしまうことがあるため、さらに怖いと感じてしまうことがあります。 他の会社での職務経験が生かせる場合もありますが、会社ごとにやり方は異なります。最初から今までいた人と同じように仕事をすることはできません。しかし、別の会社での社会経験がどこかで役に立つことはあります。 最初から何でもできる人はいないということを思い出してから、落ち着いて面接に臨むようにすると良いでしょう。

再就職

再就職とは転職と違い、現在職がない状態で、仕事を探すことを指します。そのため、なぜ今仕事をしていないのかという点が、「なにか前の会社で問題があったのだろうか」と考えられてしまうことも少なくありません。 例えば、介護や体調不良などで前の職場を退職した場合は、また同じような状態になってすぐに辞めてしまわないだろうかという懸念を抱かれてしまう可能性もあります。このようなことが理由の場合は、今はこのような理由で問題がなくなったということをはっきりと伝えるようにしましょう。 即戦力になってもらえる人材は、会社としては採用したい存在です。どんな部署でどんな仕事の募集が行われているのかをしっかりリサーチして、自分がどんな点で貢献できるかということを具体的にアピールできるように、準備しておきましょう。

ハローワーク

ハローワークでは、無料で模擬面接の練習を行っています。面接の練習する機会がない、面接が苦手、怖いと感じる人は、本番前に参加してみるのも良いでしょう。

派遣

派遣で働く場合、派遣元の方と一緒に派遣先の責任者の方と面接することがあります。仕事は派遣会社から紹介されていますが、派遣先の会社の方との面接を通過しなければ働くことができないため、緊張してしまうこともあるでしょう。 派遣先との面接の場合は、1人で面接することはないですし、派遣会社の担当者さんが事前にあなたの情報を教えてくれています。派遣会社の担当者さんも、自分の会社に登録してもらっている方のお仕事が決まることを望んでいますし、面接の席にも同席してその場で必要なフォローもしてくれます。 1人ではないと言い聞かせて、自信を持って面接に臨むと良いでしょう。

バイト

バイトの場合は、今までの経験や実力といったものよりも、働いてもらいたい曜日や時間帯に働いてもらえるかどうかという点が重要視される傾向があります。 採用が決まったあとで、働くことができると伝えた曜日や時間帯の勤務が不可能になってしまいますと、相手のお店などに迷惑をかけてしまうので、採用されるためにできないことをできるということは避けるようにしましょう。 面接では、志望動機・時間帯・曜日などの質問が多いため、事前に自分のスケジュールを把握し、必要最低限の回答の準備をして、服装・マナーに心がけて面接に臨みましょう。

初回公開日:2018年02月09日

記載されている内容は2018年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング