IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

就活の悩み・不安

緊張しやすい性格の人は、特に面接が怖いと感じてしまう人も多いでしょう。しかし、どんなに肝が据わって見える人でも、面接は誰でも緊張するものです。なぜ面接が怖いと感じてしまうのか、また緊張を和らげる対処法についてご紹介しています。面接の前に参考にしてください。

更新日時:

働きたいけど面説が怖い人の対処法

働きたいけど面説が怖い人の対処法

新卒

新卒者の面接として大切なポイントは「この会社でさまざまなことを学びたい」という気持ちを強く伝えることです。面接者も新卒者に対しては、実力というよりはやる気があることを重視する傾向があります。 そのため、今、何ができるかということは重要ではなく、今まで学んできたことや、これからどんなことをしていきたいかという強い意思を伝えることが大切です。「学ばせてほしい」、「吸収させてほしい」という姿勢を見せられるように努力してみましょう。

中途

中途者の場合、即戦力が求められます。しかし、必ずしも似たような経験が必要というわけではありません。例えば、事務経験はなかったとしても、接客業などでお店に勤めていた場合でも、電話の応対や売上などをまとめるために、エクセルなどの操作をしていたという人もいるでしょう。このようなことも、事務で必要な経験をしていることになります。 今まで経験してきた内容のどの部分が、面接先の会社で活かせるかどうかという判断をするのは自分だけではありません。自分で自分の可能性を否定してしまうのは、もったいないことです。自分の持つ技術・資格・経験などをそこの会社でどのように活かせるか、という視点で今までの経験を振り返ってみましょう。 そのうえで、取得した資格や今までの経験に対し、なぜそれらを取得・経験したのかという理由と説明を準備をして、自信を持って面接に臨みましょう。

転職

転職の場合、同業の仕事ではない仕事を希望している時は、社会人としての経験はあっても新しい仕事が未経験の場合は、すぐに仕事に慣れるか怖いと感じる人もいるでしょう。面接の時にその会社で働いている人の姿などを見ると、自分だけ何もできないと感じてしまうことがあるため、さらに怖いと感じてしまうことがあります。 他の会社での職務経験が生かせる場合もありますが、会社ごとにやり方は異なります。最初から今までいた人と同じように仕事をすることはできません。しかし、別の会社での社会経験がどこかで役に立つことはあります。 最初から何でもできる人はいないということを思い出してから、落ち着いて面接に臨むようにすると良いでしょう。

再就職

再就職とは転職と違い、現在職がない状態で、仕事を探すことを指します。そのため、なぜ今仕事をしていないのかという点が、「なにか前の会社で問題があったのだろうか」と考えられてしまうことも少なくありません。 例えば、介護や体調不良などで前の職場を退職した場合は、また同じような状態になってすぐに辞めてしまわないだろうかという懸念を抱かれてしまう可能性もあります。このようなことが理由の場合は、今はこのような理由で問題がなくなったということをはっきりと伝えるようにしましょう。 即戦力になってもらえる人材は、会社としては採用したい存在です。どんな部署でどんな仕事の募集が行われているのかをしっかりリサーチして、自分がどんな点で貢献できるかということを具体的にアピールできるように、準備しておきましょう。

ハローワーク

ハローワークでは、無料で模擬面接の練習を行っています。面接の練習する機会がない、面接が苦手、怖いと感じる人は、本番前に参加してみるのも良いでしょう。

派遣

派遣で働く場合、派遣元の方と一緒に派遣先の責任者の方と面接することがあります。仕事は派遣会社から紹介されていますが、派遣先の会社の方との面接を通過しなければ働くことができないため、緊張してしまうこともあるでしょう。 派遣先との面接の場合は、1人で面接することはないですし、派遣会社の担当者さんが事前にあなたの情報を教えてくれています。派遣会社の担当者さんも、自分の会社に登録してもらっている方のお仕事が決まることを望んでいますし、面接の席にも同席してその場で必要なフォローもしてくれます。 1人ではないと言い聞かせて、自信を持って面接に臨むと良いでしょう。

バイト

バイトの場合は、今までの経験や実力といったものよりも、働いてもらいたい曜日や時間帯に働いてもらえるかどうかという点が重要視される傾向があります。 採用が決まったあとで、働くことができると伝えた曜日や時間帯の勤務が不可能になってしまいますと、相手のお店などに迷惑をかけてしまうので、採用されるためにできないことをできるということは避けるようにしましょう。 面接では、志望動機・時間帯・曜日などの質問が多いため、事前に自分のスケジュールを把握し、必要最低限の回答の準備をして、服装・マナーに心がけて面接に臨みましょう。

パート

パートは、アルバイトと同様に専門的技術や経験などを求められることは多くありません。最低限のマナーと服装に心がけて面接に参加しましょう。

面接が怖いと感じる理由と対処法

面接が怖いと感じる理由と対処法

落ちるのが怖い

面接で落ちるのが怖いと感じるのは、誰でも感じる正常な感情です。この会社で働きたい、このお店で働きたいと思って応募したのですから、落ちるのが怖いと感じてしまうのは当然のことです。 もちろん、採用してもらえればうれしいことですが、もし不採用になってしまった場合は、自分が悪かったわけではなく、他にもっと自分に合う職場があるから、不採用になっただけなんだと考えてみましょう。 そう考えると、採用されるということは、この会社が自分が働くべき場所なんだと考えることができますし、不採用になっても、他に自分が働くのにふさわしい会社があるから縁がなかっただけと考えることができるようになります。 自分の気持ちを変えるだけで力を抜いて面接に臨むことができます。面接が怖いと感じたときは、試してみてください。

結果が怖い

面接の結果は、誰でも怖いと感じます。しかし、はじめから結果を恐れていては何も挑戦することはできません。誰でも失敗は怖いです。失敗や結果をまず重視するのでなく、挑戦するための準備段階に重点を置きましょう。 自分で納得いくまで準備をすることで自信を持つことができます。自信があれば、面接のときにも良い影響を与えることができます。そして、たとえ不採用になったとしても、やるべきことを自分が納得するまでやった結果であれば、結果を受け入れることができます。 結果が怖い人は、特に準備を大切にしましょう。

面接官の顔が怖い

静まり返った面接室で、目の前に着席している面接官は比較的クールな印象を与えることが多いです。緊張している時だとなおさら面接官の顔が怖いと感じてしまうことがあります。 質問に対しても上手く答えられなかったり緊張して言葉がうわずってしまい、せっかく練習を重ねたのに、面接官の顔が怖くて上手くいかなかったという経験がある人もいるでしょう。 面接官の顔が怖いと感じたときのおすすめの対処法は、自分から笑顔で接することです。笑顔の人を見ると、自分も自然に笑顔になった経験はありませんか。人の笑顔は相手も笑顔にすることができます。 面接官の顔が怖いと感じたら、まずは笑顔を作りましょう。うまくできないときは、口角を上げてみましょう。口角を上げるだけでも脳は笑顔だと認識するので、自分に対してのリラックス効果も期待できます。

社長が怖い

面接官が怖いというように、社長が怖いと感じてしまう人もいるでしょう。しかし、面接の段階では、社長がどんな人なのか判断することはできません。面接官が社長ではない場合は、面接中に社長のことを考えることを止めてみましょう。

質問が怖い

実際の面接に出題される質問はあらかじめ知ることはできません。しかし、現在はさまざまなウェブサイトや雑誌また本などで、頻出傾向の高い面接質問内容などが記載されているものが多くあります。 応募する会社のホームページなどで会社の情報を収集したり、面接に関する本やインターネットなどで情報を収集して準備をし、面接に臨んでみましょう。

緊張する

ある程度の緊張感を持つことは大切です。緊張してる自分をまずは受け入れてみましょう。面接で、まったく緊張しなかったという人はいません。みんな緊張しているんだと考えるだけでも、気持ちが楽になるでしょう。

面接が怖い人の業界別対処法と面接攻略のカギ

面接が怖い人の業界別対処法と面接攻略のカギ

公務員

公務員面接ではなぜ公務員を選んだのか、なぜ公務員でなければならないのか、具体的に答えられる状態で面接に臨みましょう。面接練習の段階で「自分」をしっかりと把握し、言葉に出して練習をしておくことが大切です。 また、なぜその自治を選んだのかも大きなポイントです。質問の内容としては一般的な内容が多い傾向があります。怖い気持ちに変わりがなくても、しっかりと準備をして、自分の熱意を伝えるようにしてみましょう。

警察官

警察官

警察官の採用面接では警察官にふさわしい人物像を確かめるような面接になります。そのため、一つの問いかけに対し、より深く理解を求めるために、自分の述べた内容から疑問に思ったことなど、何度も問いかけられることがあることがあります。 何度も何度も自分の主張に対し、問いかけを行われると怖いと考えてしまう人もいるでしょう。そのため、事前の準備にかける時間は必須となります。しっかりと自己分析をし、なぜ警察官をめざしたのかというはっきりとした理由を答えられるように準備しておきましょう。

コンビニ

コンビニのバイトは比較的単純作業となるので、募集で求められることは即戦力です。質問内容も勤務可能時間や曜日、バイト先までの移動手段や移動時間といった内容が重要視されます。 事前に自分のスケジュールを把握しておくと、面接で悩まずに答えることができるので、面接が怖いという気持ちを和らげることにつなげることができるのではないでしょうか。

歯科助手

歯科助手

歯科助手の面接として大切なポイントは笑顔、明るさです。それは患者さんと直接関わる機会があるためです。普段の自分が、笑顔で明るい性格なのであれば、面接でそれをアピールしないのは、もったいないことです。 未経験のうちは、専門用語や知識がないのは当然です。これから学びたいという姿勢と、持ち前の明るさを十分発揮できるよう、明るい笑顔で面接に臨みましょう。

面接が怖くなくなる効果的な方法

面接が怖くなくなる効果的な方法

面接が怖いと感じてしまう主な原因は合否判定があるからではないでしょうか。「もしも不合格になってしまったら」と最初からあれこれとネガティブに考えてしまうため、不安を抱き、怖いと感じてしまいます。 それを取り除くために、まずは自信をつけましょう。面接の当日、自信を持って面接に臨むために、言葉に出して何度も練習を繰り返し行いましょう。また、なぜその会社やお店に応募したのかという明確な理由を答えられるようにしておきましょう。 言葉に出して繰り返し練習をしておくと、緊張をしていても言葉がスムーズに出てくるので、緊張しやすい性格の人には特におすすめです。

本番直前に緊張感に駆られてしまったら

本番直前に緊張感に駆られてしまったら

本番直前になって緊張感が襲ってきた場合は、まずはゆっくり深呼吸をしてみましょう。そして、これまでの自分のしてきた努力を思い出し、「怖いけど、これだけ練習をしてきたんだから絶対大丈夫」と自分自身を励ましてあげてください。

関連タグ

アクセスランキング