IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

面接でよくある最後に、「何か質問はありますか」と聞かれます。そのときに優秀な人といえば、質問が適切で的確だと感じます。面接で、適切な質問をするのは難しいです。事前に質問を10個は必ず考えてください。10個の質問はメモをとってもっていきます。メモをみて質問したとしても、別にマイナスにはならないです。志望動機をメモをみながら話すのはだめです。 質問の答え方のポイントは声のトーンです。明るくて前向きな声か、暗くて後ろ向きな声かで印象が違います。大切なのは明るくはきはきした声で質問に答えて、相手の目をしっかり見て無表情ではなく少し笑いながら答えましょう。

面接で質問が少ない場合

質問が少ない場合も、次の面接に面接に影響すると考えて落ち込んでしまいます。しかし、質問の多い少ないが、その面接の合否に100%影響するとは限りません。第一印象や挨拶と少し質問の受け答えで、好印象になる可能性がある場合「この人は合格。」と面接官が考えます。 なので、その後質問されないで他の人に質問にいくことがあります。心配はいらないです。

面接の質問は自前準備

面接での質問は聞かれることがたくさんあって、大変ですがきちんと自前準備していればうまくいきます。短所も裏を返せば長所になるような改善方法を考えましょう。最初に第一印象は自己紹介と笑顔です。無表情ではなく少し笑ってはきはきとした声で質問に答えます。すると印象が良くなり、内定をもらい苦しくも楽しい社会人生活が待っていますので、頑張りましょう。

初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング