IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

面接対策として面接官は、転職で有利になる職務経歴の話し方をみています。職務経歴がある人では、何が違うのかや一番のアピール材料かというと「即戦力」です。面接で有利に職務経歴を説明するための話し方は、今までの経験がどのように今後、会社で活かすことができるか、そのポイントをはずさないようにアピール内容を考えましょう。 転職で有利になる職務経歴の話し方は、同じ事柄でも面接では話し方によって、面接官への印象やアピール度も違ってきます。職務経歴を話すときは、話し方を工夫をしてください。そうしたら話し方の工夫次第で、自分の職歴をより有利に面接でアピールできます。

面接で聞かれる転職理由の質問

転職しようと考えているなら、一番時間をかけて考えるべきなのが「転職理由」です。実際転職した人の中で一番多い「人間関係」という転職理由になっています。仕事ができない上司で将来が見えない、理不尽なことで怒られ続け精神的に参っているなどがあります。ストレスがたまるそんな状態であれば、いち早く職場を変えた方が自分のためにも無難でしょう。 しかし転職先にももちろん、気の合わない人間も仲良くなれる人間もいるのが当たり前ですが、意外とそれは自分自身の対応が原因なんてことはほとんどの方に当てはまります。嫌々応対しているとそんな気持ちは相手にも伝わりやすく、つい相手も距離を置いてしまいます。

面接での回答法

さすがに面接で「前の上司のやり方が気に入らなかったから」と言ってしまっては、面接官も苦笑いしてしまいます。印象が良くないので、「やり方が気に入らない」や「あいつが気に食わない」と言うだけでは通じません。子どもがすねているのと同じだからです。人間関係が嫌で飛び出して来た人が、新しい会社でうまくいくのか不安を感じてしまうことでしょう。   そんな時は「どういう点」が「どういう風に」自分と合わないのかは例えば、不満で転職したいのであれば、「もっと責任感のある仕事で頑張っていきたい」などがあります。前職でできていない事を人のせいにして言うのではなく、これからしていきたいことに重点をおきましょう。

実績を面接で言われたら

面接で質問された場合に、結果から伝えるのもいいのですが、説得力やリアリティも追求しないといけません。なので結果と過程を一緒に紹介することで、リアリティを出しましょう。特に、面接官は過去の実績で、独自性や器の大きさを参考にします。 一言で分かりやすい実績を持っている方はいいですが、実績のない職種の方は、結果よりも過程の面で多くの技術を備えている事を印象付けましょう。もちろん実績のある方も過程をしっかり説明する事で、実績が大きく伝わり効果的になります。質問はちゃんとキャリアの棚卸しができているのか、自己分析ができるかを確認したくて、質問をしています。

成功経験の回答

成功の要因を明確に述べることは重要のなっていて、どんなに魅力的な実績を持っていても、述べることができなければ評価アップにはつながりません。職務経歴書に実績が書かれていれば、面接官は目にとまります。万が一その質問に対して、しっかりと回答できなければ「しっかりと説明できないから、実績は偶然」と評価されてしまいます。 最終的には「再現性がないから、同じ成果を出すことはできない」と面接官は結論付けられます。しかし、成功の要因が本当に偶然の場合、「偶然だった可能性が高いです」と正直に話せば、面接官は他の成果の話題にしてくれるでしょう。そして、偶然であることを自覚していることも、ある程度評価します。

失敗経験をどう話すか

成功経験を話したら今度は、失敗経験を質問されることが多いです。その場合は、面接官が引いてしまうような大きな失敗やモラルを問われる失敗、単なるミスなどの言葉は話さないでください。印象が悪くなります。例えば「情報をネットに公開してしまった」や「経費を不正に申請した」などがあります。法律違反やモラルを問われるような失敗です。 このような失敗談は人間性を疑われてしまう可能性があります。「単なるミス」は、「お客様からかかってきた電話で、自分の上司に間違えた情報を話してしまったことがあります」や遅刻など、うっかりミスです。このような失敗談を述べても評価されることはありません。ので注意してください。

現在の年収の回答法

面接で現在の年収を尋ねられた場合ですが、正直に回答することが鉄則です。それには明確な理由があり、嘘をつくと突っ込まれた場合につじつまが合わなくなります。おそれが生じるといった面接対応上の問題もあります。それ以上に重大なことがあり、もし入社が決まった場合には源泉徴収に関する手続きを行う必要があります。現在の年収の正確な額は知ることになります。 なので、現在の年収を尋ねられたら事実に基づいて正確に、正直に回答することが鉄則であると覚えておいてください。正確に答えるために、年収という言葉について解しておくことが大切です。年収は手取りの収入ではなく、「額面給与」のことを言います。

面接での質問で答え方のポイント

次のページ:面接で質問が少ない場合
初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング