IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

他社で内定を得ている場合は、伝え方が大変重要になります。ですが場合によっては大きなアピールとなります。面接の質問されて他社で内定を得ていると伝えるときに、決して「第二志望以下」であると勘違いされないような配慮が必要です。面接で質問した面接官は、その人物の他社での評価も気にしています。 「他社で内定を得ている」と言う事は、少なくとも他社では採用に値する人物と判断されていて、無条件に採用意欲が少しだけ高まります。なので簡単に不採用とせず、できるだけ見極めようと面接官も慎重に判断をしながら面接で質問をして反応を見ていますので失敗しないように面接の質問に答えましょう。

あなたにとって仕事は何かという質問

面接で「あなたにとって仕事とはなんですか」という質問をされたときは、どう答えればいいのでしょうか。ただなんとなくという気持ちで就活をしないために、企業選択を慎重におこなう必要があります。自分にとって働くとは何かが分かっていれば、明確な理由を持って企業を選択できるようになります。就活は、働く場所を選ぶための活動です。 自分なりの考えがないと、採用担当者に「周囲に流されているだけ」とみられてしまいます。仕事を始めるとつまづいたり、やりがいを見出せなくなるのはよくあります。働くとは何かについて答えを持っておくことで、心の支えになるでしょうから、働くとは何かという答えをみつけておく必要があります。

最近仕事以外で関心のあるニュースの質問

面接で「最近、仕事以外で気になるニュースを教えてください」と質問される面接があります。この場合はどうすればいいのでしょうか。面接官は、最近気になるニュースの質問から、相手の情報感度や価値観を知るために質問しています。つまり、世の中や業界の動きに関心があり情報収集や物事に対する考え方が自社に合うかという点を面接官は知りたいから質問しています。 そのため、日々のニュースをただ知っているという状態では不十分になるので、ニュースの背景や今後の見通しを把握ししながら、それに対する自分の考えも持っておく必要があります。特に情報収集が仕事上不可欠な職種は、特に質問される傾向が強いですので注意が必要です。

質問の回答例

この質問を面接でされたら、どう回答すればいいのか考えてしまいます。特にニュースをあまり見ない方はつらい質問になります。回答例は、最近気になっているニュースは、「先日の夏の時期に、外国人の訪日客が大幅に増え、東京の小売業では売上が昨期比8倍になった会社もある」というニュースです。 観光業に携わる人間として、日本に訪れる外国人観光客にいかに満足してもらって、また来ていただくか、ということをこれまでも意識していたので、夏のニュースは特に気になりました。と質問されたら回答しましょう。オリンピックが日本で開催するので外国人観光客は非常に重要になります。

転職での面接での質問一覧

新卒者の方は、就職活動経験があり学校でも指導を行なっている事から、身だしなみで不採用になるようなケースはあまりありません。しかし、社会人経験のある転職者の場合は注意が必要です。理由は、転職者の場合に前職がスーツ勤務だと、どうしても通常仕事に出かけるような格好で面接に行ってしまいます。ボーナスをもらえるようになるとオシャレなスーツを購入します。 しかし、こういった服装は面接向きではありません。中途採用の面接を行なっていると5人に1人は、マイナス評価をされる方がいます。特徴としては入室時の挨拶が無い、服装がラフ過ぎるなどです。服装以外でも髪型もあります。良くない格好をしてくるのは、ダメです。

どんな服装がいいの?

基本的にスーツはブラックがベターですが、ストライプの柄が極端に太いものや、明るすぎる色味は避けるようが良いです。男性はネクタイを付けますが、ネクタイの色はやや暗めのものを着用し、柄が目立ち過ぎるものは控えてください。ベルトや靴は黒いものを選び、靴は面接前にしっかりと磨いて汚れを落としておきます。面接官は意外と靴を見る事が多いです。 なので底がする減っているものや、履きつぶした折り目がついているものは避けて下さい。面接時のバックも黒を選択するようにしたり、派手な柄のものは避けて、ネックレスやピアスは付けない方が無難です。アパレル関係会社の面接の場合は私服での面接を実施している企業もあります。

男女共通

男性女性共に腕時計を付けて面接に望む方が、マイナス印象を与えずに済むケースがあります。特に、年配の面接官の場合は時計をつけるのがビジネスマンのマナーです。なので腕時計を付けていない人は、時間にルーズと考えている人もいますので気をつけましょう。

職務経歴の質問

面接では職務経歴が有利にはたらくような説明の仕方、話し方をしなくてはいけません。なので、転職を繰り返している人は、「一つのことに長続きしない」や「すぐに辞めてしまう」などにならないように、話し方を工夫しましょう。マイナスイメージを与える職歴の話し方はだめです。 基本的に一社の経験の人も何社か経験がある人も、経験した会社やその会社内での仕事について、なるべく1分以内で簡潔に話しましょう。頭でイメージしやすいように、具体的な数字なども織り交ぜながら話すのがです。

次のページ:面接での質問で答え方のポイント
初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング