IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

「面接で短所を教えてください」という質問がありますが、仕事をしていくには克服して成長しなければなりません。面接で質問して見ていますので、仕事をする中で改善して成長していけるかや、その可能性を見たいというのが質問の意図です。質問されて自分の短所を述べるだけの答えは、面接でngになっています。 面接の質問で短所を述べた後に、自分なりのストーリーを組み立てて話さなければいけません。 短所を話した後にそれをどう克服していくかの答え方、短所でもあり長所でもあると置き換えるような答え方も、面接の質問では非常に効果的になっています。面接の質問の短所の答え方は、長所に上手く言い換えましょう。

短所を長所に言い換える

だらしがないは細かい事にこだわらない。よくしゃべるは社交的など短所を長所に言い換えられるように、面接の質問で答えます。じっとできないは行動派力がある、几帳面すぎるのはまじめで細部に気を配る などにします。面接の質問の際に、短所を誠実に認められる人は謙虚な人です。なので謙虚さは若いうちの成長に必要です。傲慢は注意をしても反省しません。 質問をされたら短所を正直に答えて、なぜこのままではいけないかを答えたら「自分で弱点を認識し、自己改善できる人」と面接官に伝わります。克服方法を考えて実施することは良いです。短所を放置することは駄目ですので、改善する努力をしていればプラスの印象になるます。

希望年収を聞かれた

いきなり最初の面接で希望年収を質問された場合に、アピールしてしまうのは間違いです。いつ伝えればいいのでしょうか。年収交渉を始めるタイミングは「最終面接の終了前まで」になっています。面接中に年収に関する質問をして、転職希望先の企業の給与体系や給与水準に関する質問を入れます。企業によっては、希望年収はいくらと質問するところもあります。 いくらもらっているのか、分からなければ答えようがありません。最終面接で入社後の年収の確認が行われますが、基準からずれている年収を希望してしまい、面接が進めなかったり、逆に少なく言って入社後に困ってしまうという危険性があるので、十分にアピールしておくことが大切です。

新卒者のよくある質問と回答例

面接をするとき新卒採用は当然職歴がありません。なので、面接で質問するときは応募者が学生時代に、どんなことをやってきたのかを聞き出す質問がほとんどです。もちろん学生時代にやってきたことが、仕事に役立つわけではないことは、面接官も承知しています。そのため面接官は学生時代の経験や熱中したことから、性格、意欲、将来性など判定して質問していきます。 新卒採用の面接の質問で求められているのは、「うちの会社の社風に合うか」「活躍してくれるか」といった性格や、ポテンシャルが重視されています。面接のときは個人面接だけでなく、集団面接やグループディスカッションなど他とは違う方法で面接の質問を進めていきます。

内定をだしたら?

どうすればいいのか

企業は求人を出すのに再度コストがかかります。これまでの時間や手間が全て無駄になり、大きな損失となってしまいます。なので面接の質問で答えてしまい、内定を軽い気持ちで辞退した応募者との間でトラブルになることがあります。面接で内定の意志の質問をを確認された場合は、軽い返事や適当な返事をすることは避けるようにしましょう。辞退はダメではありません。 入社の意志が固まっている場合は、面接で質問の時に入社の意志を示して大丈夫ですが、好印象はあるけれど他の企業を見たい場合は、印象を悪くしないように伝えなければ他が落ちてしまったら行く場所が無くなって、最初から探さなければなりません。

社交辞令

他に受けている企業があるのか

面接でよく聞かれる質問に、「当社以外にも受けている会社はあるか」や「現在の就職活動の状況」と言った内容の質問を聞かれます。その質問をされたときに「他は受けていません」は、目の前の会社に対する熱意のつもりでも、残念ながら質問に対して良い回答ではありません。現職中だったり、前の職場を離れて間もない状況であれば問題ありません。 しかし、離職中の期間がある程度続いているのに、どこの会社も受けていないと言う事は決してその人のプラスの評価にはなりません。なので「就職活動や転職活動をしていなかった理由」が必要となります。長く離職期間を作る事自体ができないです。

どう答えればいいのか

次のページ:転職での面接での質問一覧
初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング