IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接までの流れ

面接の際に面接が始まってなくて、質問もされていないのにマイナス印象になってしまうことがあります。よくあるのが面接会場に到着する時間です。面接時間ギリギリに着くともちろん「この人は時間が守れないんだな」と面接の質問前に落とされ候補になってしまいます。かといって10分前や5分前は友人の待ち合わせなら大丈夫です。ですが就職のための面接は違います。 面接に来てるのに、時間に間に合わず遅刻などしたら社会人として失格になります。交通が不便で面接開始時間に間に合わない例がありますが、その場合は面接会場に連絡をしてください。しかし早く来すぎても面接の用意がされていないので30分前に面接会場につきましょう。

自己紹介

ほとんどの面接試験は質問の前にまず、自己紹介から始めることがあります。自己紹介の時に言ってはいけない言葉があります。協調性があるや社交的とかいう抽象的な言葉がありますが、自己紹介を聞いた面接官が面接時に感じた感想を書く言葉であって、自己紹介をする側から言ってはいけない言葉です。協調性があってすぐに会社で協力できる能力はありますがngです。  よくあるのが自己紹介をしているつもりで、自分のコンプレックスを述べる人が多いです。友達が少ない人にかぎって面接官に弱みを見せまいと、人脈が広いと言ってしまいます。人脈という言葉は風情で使う言葉ではないです。現役のサラリーマンにしても人脈がと言わないです。

自己紹介でアピールすること

面接でいう自己紹介は「今まで何をしてきたか」ということになります。一番のポイントは自分がどんな人間なのかを面接官にわかってもらうことです。自己紹介にかける時間は長すぎてもマイナスになりますので、60秒ぐらいに上手く自己紹介しましょう。 自己紹介でどんな風にいったらいいかは例ですが、大学生だったら大学名と学部や学科と名前を言って、本日はどうぞよろしくお願いします。と言います。サークルに在籍していたらサークル名をいって何を取り組んだか言います。その中で、なにを力を身に付けて、それを就職したら活かしていけることを話して最後に、どうぞよろしくお願いしますと言って終わります。

志望動機の場合

面接では必ず志望動機を聞かれますので、質問の際に「我が社をお選びになった理由をお聞かせください」と質問される場合が多いです。志望動機を質問する意味は「この会社で働きたい」という意欲を確認する手段です。なので志望動機は、面接の質問で最も重視されています。志望動機さえしっかりしていれば、内定に近づけるということになります。 面接では能力がある人や、本当に働きたいと熱望してくれている人を求めています。志望動機を聞くことで、どの程度入社を望んでいるかを確認します。会社の方向性とマッチする人材かどうかを知りたいのでしょう。面接では、会社の方向性と面接を受ける人の希望が同じか確認が必要なので質問します。

面接で志望動機を伝えるポイント

ありきたりな志望動機を伝えてしまうと、面接官は何度も似たような返答を聞いているので飽きてしまいます。ですから質問された場合志望動機は、できるだけ相手を惹きつけるオリジナリティ溢れるものでなくてはなりません。オリジナリティ溢れる内容で、相手を惹きつけることができる志望動機で、特に相手に伝えるべきポイントは3点あります。 この会社で取り組みたいこと、なぜ希望する企業で取り組みたいのかや会社に入った後の具体的なビジョンになります。入社してこんなことをしたというビジョンが、会社の良いところを挙げるより熱意が伝わります。自分の企業の長所などの特徴を結び付けたり、過去の経験を掘り下げて話すと効果的です。

長所の回答

面接の質問で「長所を教えてください」と聞かれたら、答え方がわからない方がいます。就職活動時の面接は、自分の性格面での特徴を答えるのではなく、転職時の質問では求められる答えが違います。真面目・明るい・責任感があるなどの、単純に長所を答えるだけでは面接官からの評価は上がりません。 面接で質問された場合は「自分が仕事に加わったら生まれるメリット」を伝えます。性格面の長所を話すのと、仕事に活かすことができる長所を答えましょう。真面目なのが長所なら、目標を未達成で終わらせたことがない、納期までに確実に成果物を納品できるなど面接で質問された場合は、仕事ぶりをイメージさせるところまで話すことが重要です。

短所

「面接で短所を教えてください」という質問がありますが、仕事をしていくには克服して成長しなければなりません。面接で質問して見ていますので、仕事をする中で改善して成長していけるかや、その可能性を見たいというのが質問の意図です。質問されて自分の短所を述べるだけの答えは、面接でngになっています。 面接の質問で短所を述べた後に、自分なりのストーリーを組み立てて話さなければいけません。 短所を話した後にそれをどう克服していくかの答え方、短所でもあり長所でもあると置き換えるような答え方も、面接の質問では非常に効果的になっています。面接の質問の短所の答え方は、長所に上手く言い換えましょう。

短所を長所に言い換える

だらしがないは細かい事にこだわらない。よくしゃべるは社交的など短所を長所に言い換えられるように、面接の質問で答えます。じっとできないは行動派力がある、几帳面すぎるのはまじめで細部に気を配る などにします。面接の質問の際に、短所を誠実に認められる人は謙虚な人です。なので謙虚さは若いうちの成長に必要です。傲慢は注意をしても反省しません。 質問をされたら短所を正直に答えて、なぜこのままではいけないかを答えたら「自分で弱点を認識し、自己改善できる人」と面接官に伝わります。克服方法を考えて実施することは良いです。短所を放置することは駄目ですので、改善する努力をしていればプラスの印象になるます。

希望年収を聞かれた

いきなり最初の面接で希望年収を質問された場合に、アピールしてしまうのは間違いです。いつ伝えればいいのでしょうか。年収交渉を始めるタイミングは「最終面接の終了前まで」になっています。面接中に年収に関する質問をして、転職希望先の企業の給与体系や給与水準に関する質問を入れます。企業によっては、希望年収はいくらと質問するところもあります。 いくらもらっているのか、分からなければ答えようがありません。最終面接で入社後の年収の確認が行われますが、基準からずれている年収を希望してしまい、面接が進めなかったり、逆に少なく言って入社後に困ってしまうという危険性があるので、十分にアピールしておくことが大切です。

新卒者のよくある質問と回答例

面接をするとき新卒採用は当然職歴がありません。なので、面接で質問するときは応募者が学生時代に、どんなことをやってきたのかを聞き出す質問がほとんどです。もちろん学生時代にやってきたことが、仕事に役立つわけではないことは、面接官も承知しています。そのため面接官は学生時代の経験や熱中したことから、性格、意欲、将来性など判定して質問していきます。 新卒採用の面接の質問で求められているのは、「うちの会社の社風に合うか」「活躍してくれるか」といった性格や、ポテンシャルが重視されています。面接のときは個人面接だけでなく、集団面接やグループディスカッションなど他とは違う方法で面接の質問を進めていきます。

内定をだしたら?

内定をだしたら?

面接の質問で最後のほうに「内定を出したらご入社していただけますか?」という質問は、あなたの意欲や本気度を聞いている質問になっています。しかし、内定は取り消すのが簡単ではないため、面接の質問の段階で入社意欲や本気度を確認して、本当に入社してもらえそうなら内定を出す場合があります。 よくトラブルになるのが、雰囲気や流れで意欲がそれほどでもないのに、「入社します」と軽く返事をしてしまう例があります。企業側は入社してくれる考えで内定を出した時点で、他の候補者をお見送りしている場合があります。なのに内定を出した人が辞退をすると、採用活動が振り出しに戻ってしまいます。

どうすればいいのか

企業は求人を出すのに再度コストがかかります。これまでの時間や手間が全て無駄になり、大きな損失となってしまいます。なので面接の質問で答えてしまい、内定を軽い気持ちで辞退した応募者との間でトラブルになることがあります。面接で内定の意志の質問をを確認された場合は、軽い返事や適当な返事をすることは避けるようにしましょう。辞退はダメではありません。 入社の意志が固まっている場合は、面接で質問の時に入社の意志を示して大丈夫ですが、好印象はあるけれど他の企業を見たい場合は、印象を悪くしないように伝えなければ他が落ちてしまったら行く場所が無くなって、最初から探さなければなりません。

社交辞令

面接の際に「内定をもらったらうちの会社に就職してくれますか」と質問をされたら、「他の企業もあるので少し考えさせてください」は言わなくても大丈夫です。このような質問を面接で質問されたら社交辞令でかまいません。面接官が、この質問をしたときはこの質問をどう反応するのかを見ています。逆に「現時点では御社が第一希望です」と答えても嘘っぽくなります。 おすすめできない理由は、余計なところに話が飛び火する可能性があります。第一希望と答えた場合は、面接官に「第一希望ではなくなったらどうするのか」と逆に質問されてしまいます。「まずは内定通知をいただいてからしっかり考えます」と面接で質問されたら答えましょう。

他に受けている企業があるのか

他に受けている企業があるのか

面接でよく聞かれる質問に、「当社以外にも受けている会社はあるか」や「現在の就職活動の状況」と言った内容の質問を聞かれます。その質問をされたときに「他は受けていません」は、目の前の会社に対する熱意のつもりでも、残念ながら質問に対して良い回答ではありません。現職中だったり、前の職場を離れて間もない状況であれば問題ありません。 しかし、離職中の期間がある程度続いているのに、どこの会社も受けていないと言う事は決してその人のプラスの評価にはなりません。なので「就職活動や転職活動をしていなかった理由」が必要となります。長く離職期間を作る事自体がおすすめできないです。

どう答えればいいのか

他社で内定を得ている場合は、伝え方が大変重要になります。ですが場合によっては大きなアピールとなります。面接の質問されて他社で内定を得ていると伝えるときに、決して「第二志望以下」であると勘違いされないような配慮が必要です。面接で質問した面接官は、その人物の他社での評価も気にしています。 「他社で内定を得ている」と言う事は、少なくとも他社では採用に値する人物と判断されていて、無条件に採用意欲が少しだけ高まります。なので簡単に不採用とせず、できるだけ見極めようと面接官も慎重に判断をしながら面接で質問をして反応を見ていますので失敗しないように面接の質問に答えましょう。

あなたにとって仕事は何かという質問

あなたにとって仕事は何かという質問

面接で「あなたにとって仕事とはなんですか」という質問をされたときは、どう答えればいいのでしょうか。ただなんとなくという気持ちで就活をしないために、企業選択を慎重におこなう必要があります。自分にとって働くとは何かが分かっていれば、明確な理由を持って企業を選択できるようになります。就活は、働く場所を選ぶための活動です。 自分なりの考えがないと、採用担当者に「周囲に流されているだけ」とみられてしまいます。仕事を始めるとつまづいたり、やりがいを見出せなくなるのはよくあります。働くとは何かについて答えを持っておくことで、心の支えになるでしょうから、働くとは何かという答えをみつけておく必要があります。

最近仕事以外で関心のあるニュースの質問

面接で「最近、仕事以外で気になるニュースを教えてください」と質問される面接があります。この場合はどうすればいいのでしょうか。面接官は、最近気になるニュースの質問から、相手の情報感度や価値観を知るために質問しています。つまり、世の中や業界の動きに関心があり情報収集や物事に対する考え方が自社に合うかという点を面接官は知りたいから質問しています。 そのため、日々のニュースをただ知っているという状態では不十分になるので、ニュースの背景や今後の見通しを把握ししながら、それに対する自分の考えも持っておく必要があります。特に情報収集が仕事上不可欠な職種は、特に質問される傾向が強いですので注意が必要です。

質問の回答例

この質問を面接でされたら、どう回答すればいいのか考えてしまいます。特にニュースをあまり見ない方はつらい質問になります。回答例は、最近気になっているニュースは、「先日の夏の時期に、外国人の訪日客が大幅に増え、東京の小売業では売上が昨期比8倍になった会社もある」というニュースです。 観光業に携わる人間として、日本に訪れる外国人観光客にいかに満足してもらって、また来ていただくか、ということをこれまでも意識していたので、夏のニュースは特に気になりました。と質問されたら回答しましょう。オリンピックが日本で開催するので外国人観光客は非常に重要になります。

転職での面接での質問一覧

新卒者の方は、就職活動経験があり学校でも指導を行なっている事から、身だしなみで不採用になるようなケースはあまりありません。しかし、社会人経験のある転職者の場合は注意が必要です。理由は、転職者の場合に前職がスーツ勤務だと、どうしても通常仕事に出かけるような格好で面接に行ってしまいます。ボーナスをもらえるようになるとオシャレなスーツを購入します。 しかし、こういった服装は面接向きではありません。中途採用の面接を行なっていると5人に1人は、マイナス評価をされる方がいます。特徴としては入室時の挨拶が無い、服装がラフ過ぎるなどです。服装以外でも髪型もあります。良くない格好をしてくるのは、ダメです。

どんな服装がいいの?

どんな服装がいいの?

基本的にスーツはブラックがベターですが、ストライプの柄が極端に太いものや、明るすぎる色味は避けるようが良いです。男性はネクタイを付けますが、ネクタイの色はやや暗めのものを着用し、柄が目立ち過ぎるものは控えてください。ベルトや靴は黒いものを選び、靴は面接前にしっかりと磨いて汚れを落としておきます。面接官は意外と靴を見る事が多いです。 なので底がする減っているものや、履きつぶした折り目がついているものは避けて下さい。面接時のバックも黒を選択するようにしたり、派手な柄のものは避けて、ネックレスやピアスは付けない方が無難です。アパレル関係会社の面接の場合は私服での面接を実施している企業もあります。

男女共通

男性女性共に腕時計を付けて面接に望む方が、マイナス印象を与えずに済むケースがあります。特に、年配の面接官の場合は時計をつけるのがビジネスマンのマナーです。なので腕時計を付けていない人は、時間にルーズと考えている人もいますので気をつけましょう。

職務経歴の質問

職務経歴の質問

面接では職務経歴が有利にはたらくような説明の仕方、話し方をしなくてはいけません。なので、転職を繰り返している人は、「一つのことに長続きしない」や「すぐに辞めてしまう」などにならないように、話し方を工夫しましょう。マイナスイメージを与える職歴の話し方はだめです。 基本的に一社の経験の人も何社か経験がある人も、経験した会社やその会社内での仕事について、なるべく1分以内で簡潔に話しましょう。頭でイメージしやすいように、具体的な数字なども織り交ぜながら話すのがおすすめです。

面接対策として面接官は、転職で有利になる職務経歴の話し方をみています。職務経歴がある人では、何が違うのかや一番のアピール材料かというと「即戦力」です。面接で有利に職務経歴を説明するための話し方は、今までの経験がどのように今後、会社で活かすことができるか、そのポイントをはずさないようにアピール内容を考えましょう。 転職で有利になる職務経歴の話し方は、同じ事柄でも面接では話し方によって、面接官への印象やアピール度も違ってきます。職務経歴を話すときは、話し方を工夫をしてください。そうしたら話し方の工夫次第で、自分の職歴をより有利に面接でアピールできます。

面接で聞かれる転職理由の質問

面接で聞かれる転職理由の質問

転職しようと考えているなら、一番時間をかけて考えるべきなのが「転職理由」です。実際転職した人の中で一番多い「人間関係」という転職理由になっています。仕事ができない上司で将来が見えない、理不尽なことで怒られ続け精神的に参っているなどがあります。ストレスがたまるそんな状態であれば、いち早く職場を変えた方が自分のためにも無難でしょう。 しかし転職先にももちろん、気の合わない人間も仲良くなれる人間もいるのが当たり前ですが、意外とそれは自分自身の対応が原因なんてことはほとんどの方に当てはまります。嫌々応対しているとそんな気持ちは相手にも伝わりやすく、つい相手も距離を置いてしまいます。

面接での回答法

さすがに面接で「前の上司のやり方が気に入らなかったから」と言ってしまっては、面接官も苦笑いしてしまいます。印象が良くないので、「やり方が気に入らない」や「あいつが気に食わない」と言うだけでは通じません。子どもがすねているのと同じだからです。人間関係が嫌で飛び出して来た人が、新しい会社でうまくいくのか不安を感じてしまうことでしょう。   そんな時は「どういう点」が「どういう風に」自分と合わないのかは例えば、不満で転職したいのであれば、「もっと責任感のある仕事で頑張っていきたい」などがあります。前職でできていない事を人のせいにして言うのではなく、これからしていきたいことに重点をおきましょう。

実績を面接で言われたら

実績を面接で言われたら

面接で質問された場合に、結果から伝えるのもいいのですが、説得力やリアリティも追求しないといけません。なので結果と過程を一緒に紹介することで、リアリティを出しましょう。特に、面接官は過去の実績で、独自性や器の大きさを参考にします。 一言で分かりやすい実績を持っている方はいいですが、実績のない職種の方は、結果よりも過程の面で多くの技術を備えている事を印象付けましょう。もちろん実績のある方も過程をしっかり説明する事で、実績が大きく伝わり効果的になります。質問はちゃんとキャリアの棚卸しができているのか、自己分析ができるかを確認したくて、質問をしています。

成功経験の回答

成功の要因を明確に述べることは重要のなっていて、どんなに魅力的な実績を持っていても、述べることができなければ評価アップにはつながりません。職務経歴書に実績が書かれていれば、面接官は目にとまります。万が一その質問に対して、しっかりと回答できなければ「しっかりと説明できないから、実績は偶然」と評価されてしまいます。 最終的には「再現性がないから、同じ成果を出すことはできない」と面接官は結論付けられます。しかし、成功の要因が本当に偶然の場合、「偶然だった可能性が高いです」と正直に話せば、面接官は他の成果の話題にしてくれるでしょう。そして、偶然であることを自覚していることも、ある程度評価します。

失敗経験をどう話すか

成功経験を話したら今度は、失敗経験を質問されることが多いです。その場合は、面接官が引いてしまうような大きな失敗やモラルを問われる失敗、単なるミスなどの言葉は話さないでください。印象が悪くなります。例えば「情報をネットに公開してしまった」や「経費を不正に申請した」などがあります。法律違反やモラルを問われるような失敗です。 このような失敗談は人間性を疑われてしまう可能性があります。「単なるミス」は、「お客様からかかってきた電話で、自分の上司に間違えた情報を話してしまったことがあります」や遅刻など、うっかりミスです。このような失敗談を述べても評価されることはありません。ので注意してください。

現在の年収の回答法

面接で現在の年収を尋ねられた場合ですが、正直に回答することが鉄則です。それには明確な理由があり、嘘をつくと突っ込まれた場合につじつまが合わなくなります。おそれが生じるといった面接対応上の問題もあります。それ以上に重大なことがあり、もし入社が決まった場合には源泉徴収に関する手続きを行う必要があります。現在の年収の正確な額は知ることになります。 なので、現在の年収を尋ねられたら事実に基づいて正確に、正直に回答することが鉄則であると覚えておいてください。正確に答えるために、年収という言葉について解しておくことが大切です。年収は手取りの収入ではなく、「額面給与」のことを言います。

面接での質問で答え方のポイント

面接での質問で答え方のポイント

面接でよくある最後に、「何か質問はありますか」と聞かれます。そのときに優秀な人といえば、質問が適切で的確だと感じます。面接で、適切な質問をするのは難しいです。事前に質問を10個は必ず考えてください。10個の質問はメモをとってもっていきます。メモをみて質問したとしても、別にマイナスにはならないです。志望動機をメモをみながら話すのはだめです。 質問の答え方のポイントは声のトーンです。明るくて前向きな声か、暗くて後ろ向きな声かで印象が違います。大切なのは明るくはきはきした声で質問に答えて、相手の目をしっかり見て無表情ではなく少し笑いながら答えましょう。

面接で質問が少ない場合

質問が少ない場合も、次の面接に面接に影響すると考えて落ち込んでしまいます。しかし、質問の多い少ないが、その面接の合否に100%影響するとは限りません。第一印象や挨拶と少し質問の受け答えで、好印象になる可能性がある場合「この人は合格。」と面接官が考えます。 なので、その後質問されないで他の人に質問にいくことがあります。心配はいらないです。

面接の質問は自前準備

面接の質問は自前準備

面接での質問は聞かれることがたくさんあって、大変ですがきちんと自前準備していればうまくいきます。短所も裏を返せば長所になるような改善方法を考えましょう。最初に第一印象は自己紹介と笑顔です。無表情ではなく少し笑ってはきはきとした声で質問に答えます。すると印象が良くなり、内定をもらい苦しくも楽しい社会人生活が待っていますので、頑張りましょう。

関連タグ

アクセスランキング