IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよく聞かれる質問と回答例|新卒/転職・質問が少ない場合

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

就職活動でたくさん受ける面接の質問はどんな質問があるのか。どんな質問の回答があり、面接での服装は転職活動の時にはどうすればいいのかなどあります。新卒者と転職者の質問内容は一緒なのかなど、面接の質問などが分からない方向けの記事になっています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接までの流れ

面接までの流れ
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

自己紹介

ほとんどの面接試験は質問の前にまず、自己紹介から始めることがあります。自己紹介の時に言ってはいけない言葉があります。協調性があるや社交的とかいう抽象的な言葉がありますが、自己紹介を聞いた面接官が面接時に感じた感想を書く言葉であって、自己紹介をする側から言ってはいけない言葉です。協調性があってすぐに会社で協力できる能力はありますがngです。  よくあるのが自己紹介をしているつもりで、自分のコンプレックスを述べる人が多いです。友達が少ない人にかぎって面接官に弱みを見せまいと、人脈が広いと言ってしまいます。人脈という言葉は風情で使う言葉ではないです。現役のサラリーマンにしても人脈がと言わないです。

自己紹介でアピールすること

志望動機の場合

面接で志望動機を伝えるポイント

ありきたりな志望動機を伝えてしまうと、面接官は何度も似たような返答を聞いているので飽きてしまいます。ですから質問された場合志望動機は、できるだけ相手を惹きつけるオリジナリティ溢れるものでなくてはなりません。オリジナリティ溢れる内容で、相手を惹きつけることができる志望動機で、特に相手に伝えるべきポイントは3点あります。 この会社で取り組みたいこと、なぜ希望する企業で取り組みたいのかや会社に入った後の具体的なビジョンになります。入社してこんなことをしたというビジョンが、会社の良いところを挙げるより熱意が伝わります。自分の企業の長所などの特徴を結び付けたり、過去の経験を掘り下げて話すと効果的です。

長所の回答

面接の質問で「長所を教えてください」と聞かれたら、答え方がわからない方がいます。就職活動時の面接は、自分の性格面での特徴を答えるのではなく、転職時の質問では求められる答えが違います。真面目・明るい・責任感があるなどの、単純に長所を答えるだけでは面接官からの評価は上がりません。 面接で質問された場合は「自分が仕事に加わったら生まれるメリット」を伝えます。性格面の長所を話すのと、仕事に活かすことができる長所を答えましょう。真面目なのが長所なら、目標を未達成で終わらせたことがない、納期までに確実に成果物を納品できるなど面接で質問された場合は、仕事ぶりをイメージさせるところまで話すことが重要です。

短所

関連タグ

アクセスランキング